2017/05/16ヨーロピアンツアー公式

2人のマスターズ王者が初開催のロッコフォルテ出場へ

「ライダーカップ」出場経験選手たちと競い合う。 ウィアは2003年にレンマティースとのプレーオフを制してグリーンジャケットを手に入れ、カナダ人初のメジャー王者となったことで知られる。 シチリアで初めてプレーする
2003/09/11

レン・マティースがゴルフマラソンに挑戦!?

9日(火)にTPCアット・ソウグラスでレンマティースが「ファーストティー」というチャリティ団体のための寄付金集めを目的にゴルフマラソンに挑戦。 レンマティース(スタート前) 「僕は1日に36
2002/07/02フェデックス セントジュードクラシック

今季最大幅逆転優勝:レン・マティース

本来は来週の「アドヴィル・ウエスタン・オープン」参戦を考えていたレンマティースは今週の「フェデックス セントジュードクラシック」には参戦するつもりはなかった。しかし今週の土曜日に娘さんが5歳の誕生
2003/04/14マスターズ

マスターズ2位L.マティースのコメント

レンマティース 「素晴らしい1日だった。ゴルフはクレイジーなゲームだ。ベストを尽くしたが、必ずしも結果に反映されるものではない。1988年にアマチュアとしてマスターズに出場して以来のオーガスタで
2003/10/17HSBCワールドマッチプレーチャンピオンシップ

V.シンが8アンド7の大勝で1回戦を順当に突破!!

プレーオフの末2位になったレンマティースと全英オープンで終盤にスコアを崩し優勝を逃したトーマス・ビヨーンの戦いも接戦。7、8、9番ホールを3連続で奪ったマティースが3アップとリードし前半を終えたが、後半
2003/10/14HSBCワールドマッチプレーチャンピオンシップ

メジャーチャンプ3人も出場!12人のマッチが始まる!!

ツアー参戦のため4人が揃うことは無かったが、話題性としては申し分ない。 97年にこの大会で優勝したフィジーのビジェイ・シンの優勝候補に1人だ。そして米ツアーからレンマティースとチャド・キャンベルも
2003/06/12全米オープン

メジャーとなればトップ講師も大集合

デビッド・レッドベターがベルンハルト・ランガーを指導する真横でジム・マクレーンがレンマティースを教え、ブッチ・ハーモンがダレン・クラークに助言をしている。こんな豪華な講師陣の顔ぶれが勢ぞろいするの
2003/10/16HSBCワールドマッチプレーチャンピオンシップ

欧州PGAツアー「HSBC世界マッチプレー選手権」プレビュー

。「マスターズ」のプレーオフでマイク・ウィアに負けたレンマティースは1回戦でトーマス・ビヨーンに打ち勝てれば、2回戦でウィアとのリベンジ戦が可能となる。「全米オープン」2位のスティーブン・リーニーと
2003/04/18ザ・ヘリテージ

D.ラブIIIが5アンダーの好スタート!R.マティースも元気な姿を見せた

、61人も数えるほどだ。そして、3アンダーグループに、先週あと一歩のところでグリーンジャケットで逃したレンマティースが入っている。 先週は、試合後の会見で悔し涙を見せたマティースだが、すでに吹っ切れたようで、笑顔が戻っていた。5バーディ、2ボギーの無難な立ち上がりで、今週も活躍が期待される。
2003/06/24FedEx セントジュードクラシック

バーディラッシュ必至の見ごたえある試合!

・プライス、グレッグ・ノーマンらがいる。 昨年は最終日に64の猛追を見せたレンマティースがティム・ペトロビックを1打差でかわし優勝。マティースは今年マスターズでプレーオフまで残る健闘を見せたが、その後の6
2003/04/14マスターズ

「マスターズ」上位陣インタビュー

残念ながら優勝には届かなかった。成功の評価は勝ち負けだけではない。他の選手のスコアはどうすることもできないし、レンマティースとマイク・ウイアは素晴らしいプレーをしたので仕方がない」 アーニー・エルス
2003/04/17

世界で活躍する日本選手たち

、マスターズトーナメント、勝者に渡される グリーンジャケットは カナダのマイク・ウィアが獲得した。 72ホールを終えた時点で通算7アンダー、ウィアと 最終日に65を記録したレンマティースが並び、勝負は
2003/02/20

世界で活躍する日本選手たち

71、単独5位で終了。 優勝はレンマティース15アンダー。 参加する日本人/丸山茂樹、田中秀道、久保谷健一、貞方章男、横尾要、今野康晴、伊沢利光 コメント/前週サンディエゴで優勝を飾った タイガー
2002/07/03

スポルディング社の新ボール発売直前に朗報!

今年2月にレンマティースが初優勝を飾った際に使用したのが、まだ名前もついていないパイロット版のスポルディングのボール。そして今回の「フェデックス・セント・ジュード・クラシック」に使用したのも同じ
2003/04/19ザ・ヘリテージ

2002年ライダーカップ組みの上位争い!

日は初日の上位陣はことごとくスコアを落とす展開になった。6アンダー単独首位に立っていたクレイグ・バーロウは、5ストローク落とし1アンダー49位。先週惜しくもグリーンジャケットを逃したレンマティースも2オーバーと奮わず14位から49位に後退してしまった。