2017/09/15KLMオープン

第1Rはサスペンデッド ヴィースベルガーら2人が暫定首位

はサスペンデッドとなった。 午前組でスタートしたベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)とリチャードフィンチ(イングランド)がともに「66」でプレーして、5アンダー暫定首位でスタートした。 1打差
2016/05/19ヨーロピアンツアー公式

アイルランドオープンの思い出深きシーン10選

。 ■文字通りお池にはまった2008年大会王者のリチャードフィンチ リチャードフィンチ自身は2008年をヨーロピアンツアーで2勝挙げた年として覚えていることだろうが、他の多くの人間は、ゴルフでは余り見
2016/01/08ヨーロピアンツアー公式

バンジルが首位発進/BMW南アオープン

でスタートを切ったサリバンは、一進一退のスコアを続けて迎えた13番、14番で連続ボギー。パー3の17番では4パットでこの日2つ目となるダブルボギーを叩いた。 ポール・ダンは体調不良により出場を取り止め、ニコラス・コルサーツとリチャードフィンチはそれぞれ肩とアキレス腱の負傷により途中棄権となった。
2015/07/10アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

オルセンが首位 ファウラー、クーチャーら3差10位発進

にジミー・ウォーカー(米国)のほか、アレハンドロ・カニサレス(スペイン)、リチャードフィンチ(イングランド)ら全7選手が並んだ。 リッキー・ファウラー(米国)、マット・クーチャー(米国)、グレーム
2015/07/10ヨーロピアンツアー公式

復調のオルセンが首位発進

・カールション、スペインのアレハンドロ・カニサレスとアドリアン・オタエグイ、そしてイングランド人トリオのセベ・ベンソン、マシュー・ニクソン、リチャードフィンチの7人がつけている。 さらに1打差の4アンダー
2014/12/09ヨーロピアンツアー公式

レオパルドクリークCCでの3連覇を目指すシュワルツェル

シュワルツェルは2013年に同大会で12打差の圧倒的な勝利を飾ると、その翌年はリチャードフィンチに4打差をつけて優勝を果たし、2005年にこの大会でヨーロピアンツアー初勝利を果たして以来
2013/11/29ヨーロピアンツアー公式

マドセンが好調を維持

イーグルを奪う好調なゴルフを見せた。 ディフェンディングチャンピオンのチャール・シュワルツェルはイングランドのリチャードフィンチ、スコットランドのデイビッド・ドライスデール、そしてフランスのビクター
2013/11/29アルフレッド・ダンヒル選手権

C.シュワルツェルは3差4位 首位は開幕戦優勝のマドセン

・バースフェルドと、ポルトガルのリカルド・サントスの2選手。母国での大会連覇を意気込む前年覇者のチャール・シュワルツェルは、リチャードフィンチ(イングランド)、デビッド・ドリスデール(スコットランド)、ビクター
2013/12/01ヨーロピアンツアー公式

タイトル防衛へ ペースを掴んだシュワルツェル

飾ったシュワルツェルはこれで通算13アンダーとし、2位につけたイングランドのリチャードフィンチに2打差をつけた。そして更にその1打後方にはフランスのビクター・リウがつけている。 「予選2日間よりも今日
2014/06/06ライオネスオープン powered by グリーンフィニティ

50歳の新婚ヒメネスは3差14位発進 首位はギーとランドバーグ

はリース・デービース(ウェールズ)、リチャードフィンチ、マシュー・ボールドウィン(ともにイングランド)、ベリー・ヘンソン(米国)の4選手が続いている。 今季2勝を挙げ、現在はオーストリア・ウィーン
2013/11/28ヨーロピアンツアー公式

新たな挑戦に胸を高鳴らすデ・ヨング

を誇るジョン・デーリー、そして昨季喪失したヨーロピアンツアーのシード権を取り戻すべく実力者のトリオも参戦する。 その3人にあたるリチャードフィンチ、オリバー・フィッシャー、イグナシオ・ガリードは合計
2013/10/19ISPS HANDA パースインターナショナル

ニネットが地元Vに王手 昨年覇者バンペルトは13位に後退

リチャードフィンチロス・フィッシャーのイングランド勢ほか、スウェーデンのフレデリック・アンダーソンヘッドの5選手が並び、上位陣は大きく入れ替わりを見せている。 今週は、欧州ツアーの今季レギュラー
2013/10/20ヨーロピアンツアー公式

地元オーストラリア勢のニネットとラムフォードが躍進

130位のフレデリック・アンダーソンヘッド、そして136位のリチャードフィンチはいずれも通算6アンダーで5位タイとランキング上昇のチャンスを迎えている。 両選手ともヨーロピアンツアーで優勝経験があり
2013/09/08ヨーロピアンツアー公式

リーが抜群の「61」ラウンドで2打差リード

ボギーは今大会2度目のボギーだった。5バーディを奪ってその穴埋めをし、初日と2日目の「66」に続き「67」をマークした。 リーが歴史を作ることができなったのは残念ではあったが、イングランドのリチャード
2013/12/02アルフレッド・ダンヒル選手権

C.シュワルツェルが逃げ切り大会連覇を達成

のノーボギーラウンドで最終日は「68」をマークし、通算17アンダーで優勝。カレンダーより一足早く突入した“2014年シーズン”の初勝利、さらに大会連覇を達成した。 通算13アンダーの2位にはリチャード
2014/06/06ヨーロピアンツアー公式

全盛期に戻ったルンドベリ

吉兆は励みになるね」。 首位の1打後方にはウェールズのリース・デービース、米国のベリー・ヘンソン、そしてマシュー・ボールドウィンとリチャードフィンチのイングランド人コンビがつけており、地元の人気
2013/09/07ヨーロピアンツアー公式

混戦の先頭に並んだ二人

リチャードフィンチ、そしてダニー・ウィレット、さらにはフランスのビクター・デュビッソンも通算9アンダーの3位グループにつけている。 2日目のベストスコアはウィレットの「63」だった。