最近のニュース 新着一覧≫


2019/12/09ヨーロピアンツアー公式

10代のホイガールトがモーリシャスで歴史的勝利

ライダーカップ」にも出場している。 ニコライは昨年の「KLMオープン」でセルヒオ・ガルシアに次ぐ2位に入っているが、21世紀生まれの選手として史上初めてQスクール突破を果たしたホイガールトは、出場わずか
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

ツアーラテンアメリカ)」優勝者 イシドロ・ベニテズ 15:2018年「ライダーカップ」出場者 ポール・ケーシー ブライソン・デシャンボー トニー・フィナウ トミー・フリートウッド リッキー・ファウラー
2019/10/16ヨーロピアンツアー公式

フランスオープンで知っておくべき5つのこと

昨年「ライダーカップ」の開催されたパリのル・ゴルフナショナルにて、今年も歴史ある「フランスオープン」が開催される。同大会について知っておくべき5つの事柄は次の通りである。 パリの祝祭から1年 既に1
2019/12/05ヨーロピアンツアー公式

ポール・ローリーの「完璧」なモーリシャス滞在プラン

なる。 ローリーはヨーロピアンツアーでは1999年の「全英オープン」制覇を含む8勝を挙げているほか、「ライダーカップ」にも2度出場するなど、これまでツアーで多くを経験してきたわけだが、今では新しい世代が
2019/10/22ヨーロピアンツアー公式

36歳のコルサーツがパリで復活優勝

。 コルサーツにとってヨーロピアンツアー3勝目。自身も出場し、10-4から欧州代表が逆転で「ライダーカップ」勝利を果たした“メダイナの奇跡”のあった2012年以来の勝利となった。 ル・ゴルフナショナルも昨年
2019/12/04旅する写心

「風の向くまま」~Captain Santa Claus

只中だったのだ。 そもそも、プレジデンツカップは PGAオブアメリカ主催のライダーカップに 出場できない豪州勢、南アフリカ勢ら ノーマン、エルス、プライスたちのために PGAツアーが作った大会だ
2018/12/06

「ゴルフは平和の象徴だ」ZOZO前澤社長インタビュー

で、PGAツアーのビッグファンのひとりである。2010年には米ジョージア州オーガスタで「マスターズ」、今秋にはフランス・パリで行われた欧米対抗戦「ライダーカップ」を生観戦した。 「ソニーオープンin
2019/11/13ヨーロピアンツアー公式

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で知っておくべき5つのこと

ライダーカップ」欧州代表キャプテンでありメジャー3勝のパドレイグ・ハリントンもフィールドに名を連ねている。 結末に近づく「レース・トゥ・ドバイ」 すでに45大会を消化した2019年「レース・トゥ・ドバイ」は
2019/10/09ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」で知っておくべき5つのこと

フランチェスコ・モリナリは昨年カーヌスティGLで開催された「全英オープン」で優勝し、トーマス・ビヨーン率いる「ライダーカップ」欧州代表で勝利を決めるポイントを挙げるなど、5戦全勝を飾って以来、初めて
2019/09/09ヨーロピアンツアー公式

ケーシーが貫録のスパート 終盤までもつれた接戦を制す

大きく曲がる10.5mのバーディパットを読み切り、残り2ホールで通算13アンダーまでスコアを伸ばした。 リトハンメルも16番でバーディを奪って応戦するも、「ライダーカップ」欧州代表のスター選手である
2019/10/08ヨーロピアンツアー公式

記録破りのラーム マドリードで2連覇達成

・バレステロス以来となる、スペイン人選手による「ハリー・バードン・トロフィー」獲得へ向け、視界良好となった。 バレステロスより少ない大会数でツアー5勝目を手にした24歳にとって、97年「ライダーカップ」で
2019/09/17ヨーロピアンツアー公式

「BMW PGA選手権」で知っておくべき5つのこと

選手権」の長い物語の詰まった歴史のなかで、最強のフィールドが整うこととなった。 昨年ル・ゴルフ・ナショナルで「ライダーカップ」を制覇した欧州代表12人のうち10人が入っており、スペインのジョン・ラームが
2019/12/12プレジデンツカップ

ミケルソンは星条旗ウエアでテレビ観戦「レッツゴー!USA」

ミケルソンは「プレジデンツカップ」において1994年の第1回大会から、前回の2017年大会まで12大会連続で米国選抜入り。欧州選抜との対抗戦「ライダーカップ」を含めると、18年まで24大会連続で星条旗を背負ってきた。
2019/10/10ヨーロピアンツアー公式

モリナリ躍進の裏にあるスタッツを徹底分析

プレーを組み合わせると、ワールドワイドで3勝、トップ10入り7回、「ライダーカップ」における歴史的なパフォーマンス、そして世界のトップ5入りという昨年の成績が見えてくる。 2018年の躍進 昨年は1年
2019/10/28ZOZOチャンピオンシップ

ウッズが並んだ「伝説」のサム・スニードはこんな人

。「全米オープン」だけは4回2位になったのが最高位で、キャリア・グランドスラムには一歩届かなかった。 年間最多勝利は1950年の11勝で、いまも破られていない。欧米選抜戦の「ライダーカップ」にも7度出場し
2019/10/16ヨーロピアンツアー公式

「常に進化したい」 エベールは母国での初V狙う

ツアーでも最高のコースの一つだと思う」。 「『ライダーカップ』でたっぷりと見たね。最終ホールではオールスクエアであれ、1アップであれ、1ダウンであれ、勝負は全く分からないんだ。18番は素晴らしいと思う
2019/10/02ヨーロピアンツアー公式

「スペインオープン」で知っておくべき5つのこと

コート、そして水泳プールなどが備わっている。同コースで最後に「スペインオープン」が開催されたのは1996年のことであり、当時は2020年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのパドレイグ・ハリントンが