2001/08/22全米プロゴルフ選手権

ミケルソンの問題

記録だったのだ。ポールエイジンガーは次のように語る。 「フィル・ミケルソンのハートを問題にしてメジャーがとれるかどうかを言うなんて私には驚きですね。7年か10年かのうちに19勝もしている男のハートに
2014/09/29PGAコラム

3連敗…弱い米国にのしかかる疑問、批判、課題

集団システムは、選手間の強い絆や、あらゆるシナリオに対応するため念入りに作られたゲームプランを生み出した。主将だったポールエイジンガーは、それについて「Cracking the Code(直訳:暗号を
2002/09/30ライダーカップ

第34回ライダーカップ最終日

は14番のバーディパットでポールエイジンガーに2アップとリードを奪いガッツポーズ。続く15番でエイジンガーにバーディのチャンスが訪れたが、決められずもう後がない。しかしキャプテン推薦のエイジンガー…
2017/01/18佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑223>バッバ・ワトソン(前編)

ほど簡単ではない。ぎこちないキャディでワトソンは自分のリズムでプレーできず不本意な8位に。「スコットがいないのは長年連れ添った夫婦の離婚のよう」と残念がった。 スコットは全米プロ優勝者ポール
2001/11/26

USPGAツアーは単なる仲良しクラブではない

ひどいものだった。 *1991年のライダーカップでのポールエイジンガーとセベ・バレステロス。インチキをしたという非難に試合に勝つための駆け引きが交錯し、両者とも敵意むきだし。怒りに満ちた言葉の応酬は
2014/10/15PGAコラム

「ライダーカップ」特別委員会にウッズとミケルソンも参加

ポールエイジンガーの成功を称えた一方、ワトソンが勝つために必要なゲームプランを持っていなかったと示唆する始末だった。 大会後には、戦いそのものよりも、選手達の扱いが上手くなかったワトソンのリーダーシップ
2002/03/17

“メジャーチャンピオンズ・ツアー”構想

シニアツアーよりもエキサイティングな部分もありうるでしょうしね」 全米オープンを2度制したカーティス・ストレンジと1993年の全米プロを獲ったポールエイジンガーも、興味をそそられ、参加を検討している
2014/05/05PGAコラム

「ザ・プレーヤーズ選手権」アラカルト

王手をかけていたが、最終日で「72」をマークしてしまった。17番ホールで4日連続バーディを奪取したのは、ポールエイジンガー(1987年)だけ。開催スケジュールの変更以来、大会覇者は最終日に追い上げを
2002/11/21

世界で活躍する日本選手たち

ウォーバーグカップ 昨年から始まった大会。アメリカチーム対多国籍チームの試合、出場したのは各チーム40歳から49歳までの6人と50歳以上の6名。アメリカチームはアーノルド・パーマー(キャプテン)、ポール
2002/05/01

2ボールパター、売れ行き好調

ボールパターの発想にはポールエイジンガーが一役買っていると言う。エイジンガーがガン治療を終えた1994年、あるキャロウェイ幹部に対して、パターよりもサンドウェッジの歯でパッティングする方がうまく
2001/06/02メモリアルトーナメント

P.エイジンガーが首位。V.シンが2位に浮上した。

メモリアルトーナメント2日目。初日4アンダーの5位タイからスタートしたポールエイジンガーが9アンダーで単独首位に立った。前半2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせなかったが、後半13番ホールから5