GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ビュイックインビテーショナル
期間:02/08~02/11  場所: トーレパインズCC(カリフォルニア州)

B.ガイバーガーが単独首位、D.ラブIIIは2週連続優勝を狙える好発進を見せた。

ビュイックインビテーショナル初日、1イーグル6バーディ、8アンダーのB.ガイバーガーが単独首位に立った。そして、1打差に先週3年ぶりに優勝を果たしたD.ラブIIIがぴったりマーク。5アンダー、ノーボギーで迎えた最終18番ホールでは、先週最終日のプレーを思わせるイーグルを奪い7アンダーとした。

ディフェンディングチャンピオンのP.ミケルソンは、大会直前に食中りに遭い出場が危ぶまれたが、初日は4アンダー15位タイ集団に入った。この集団には、4バーディ、ノーボギーの尾崎直道も加わっている。

昨年T.ウッズと並び、堂々の2位になった丸山茂樹は、ボギーが2つあったが3アンダー33位タイと、まずまずのスタートをきった。そして、昨年のこの大会で、自身の連勝記録をP.ミケルソンにとめられたT.ウッズは、ダブルボギーを出すなど安定性がなく、2アンダー48位グループにとどまっている。

日本からスポット参戦の伊沢利光は1アンダー、谷口徹はイーブンパー。米ツアー参戦後、今ひとつ波に乗れない横尾要はボギーが先行し、2オーバーの129位と出遅れた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?