ニュース

米国男子ポッズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ポッズ選手権
期間:03/08〜03/11 場所:ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

知れば納得、「ポッズ選手権」後日談

●乗り移った「悪運」

「ポッズ選手権」の最後まで優勝争いに絡んでいた33歳のヒース・スローカム。最終18番ホール、入ればプレーオフという1.2メートルのパーパットを外し、ベテランのM.カルカベッキアに優勝を浚われたといっても過言ではないだろう。

<< 下に続く >>

先々週「ザ・ホンダクラシック」でも同じような光景を目にした。スローカム同様、33歳のブー・ウィークリーは、最終ホール、1打差のリードがあったが1メートルのパーパットを外し、結局プレーオフで優勝を逃した。

偶然とは怖いもので、なんとスローカムとウィークリーは同じフロリダ出身、高校の同級生というからビックリだ。

これもゴルフの神の仕業なのか…本当に怖いスポーツだ。

●カルカベッキア、運命を変えた250ドルのパター

「ポッズ選手権」で2年ぶり、通算13度目の優勝を果たしたマーク・カルカベッキアだが、初日は「75」と大叩き。その夜は荷物をまとめて次の会場へいち早く移動できるよう準備をしていたという。

初日の「75」打のうち、36回がパッティングだった。気分転換にカルカベッキアは前週末、自前で買った256ドルのパターを使うことにした。すると、翌日からパットが面白いように入り、2日目は「67」、3日目はコースレコードとなる「62」で一気に首位タイに踊り出た。

最終日のパッティングは安定感を欠いていた。13、14番では6メートル以上のバーディパットを沈めたかと思えば、続く15番では1メートル強のバーディパット、18番では2メートルのパーパットを外し、スローカムに最後まで優勝のチャンスを与えた。

カルカベッキアにとっては、謎の市販パターに左右された1週間だったと言ってもいいだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ポッズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!