2007/02/25WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

H.ステンソンとG.オギルビーが決勝へ進出!

。 準々決勝では、まずヘンリック・ステンソンが3and2で、前日タイガーを破ったニック・オハーン(オーストラリア)を撃破。さらにトレバー・イメルマンは、5and4でジャスティン・ローズを下し、チャド
2007/02/25WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

H.ステンソンとG.オギルビーが決勝へ進出!

。 準々決勝では、まずヘンリック・ステンソンが3and2で、前日タイガーを破ったニック・オハーン(オーストラリア)を撃破。さらにトレバー・イメルマンは、5and4でジャスティン・ローズを下し、チャド
2007/02/24WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

ベスト8が決まるも、タイガーはついに姿を消す!

ニック・オハーン(オーストラリア)に敗れる波乱が起きている。 この日のタイガーは3番まではイーブンのまま進めたものの、4番から4連続で奪われてしまい7番を終えた時点で4ダウン。前半から一気に差を広げ
2007/02/24WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

ベスト8が決まるも、タイガーはついに姿を消す!

ニック・オハーン(オーストラリア)に敗れる波乱が起きている。 この日のタイガーは3番まではイーブンのまま進めたものの、4番から4連続で奪われてしまい7番を終えた時点で4ダウン。前半から一気に差を広げ
2006/12/17レクサスカップ

接戦を制しアジア選抜が雪辱を果たす!横峯も大活躍!

(スウェーデン)を、7組目のH.W.ハン(韓国)がニッキーキャンベル(オーストラリア)を撃破し、再び2ポイント差に戻す。しかし、続く8組目のジェニファー・ロサレス(フィリピン)はシェリ・スタインハワーに敗れ
2005/04/29カトキチクイーンズゴルフトーナメント

若手が活躍!N.キャンベルが首位、古閑、馬場、高橋が追走

のは、オーストラリア出身のニッキーキャンベル(24歳)。アウトコースでバーディを量産したキャンベルは、6バーディ2ボギーで周り、4アンダーで初日を終えた。 また、1打差で追う2位タイには、古閑美保
2006/07/16スタンレーレディスゴルフトーナメント

壮絶なプレーオフ!仲良し対決を制したのは古閑美保!!

プレーオフに突入。その7ホール目にバーディを奪った古閑が、2年ぶりのツアー4勝目を果たした。 8アンダー単独首位でスタートしたニッキーキャンベル(オーストラリア)がスコアを崩し、優勝争いは大混戦となった
2007/01/28ザ・コマーシャルバンク カタールマスターズ

R.グーセンら首位タイに3選手が並ぶ混戦模様!

(オーストラリア)、ニック・オハーン(オーストラリア)の3選手が通算12アンダーで並ぶ混戦模様となっている。 首位タイからスタートしたグーセンとグリーンは、共に1つずつスコアを伸ばすに留まり通算12アンダー
2007/01/27ザ・コマーシャルバンク カタールマスターズ

R.グーセンとR.グリーンが首位に並ぶ!

。 通算9アンダーの単独3位には、スコアを3つ伸ばしたニック・オハーン(オーストラリア)がつけ、通算8アンダーの4位タイにも、昨年の覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス
2006/07/23フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップ

全美貞が今季2勝目を飾る!横峯さくらは3位タイでフィニッシュ

逃げ切り、通算11アンダーで、日本ツアー2勝目を飾った。 2位に4打差をつけてスタートした全美貞は、追い上げるニッキーキャンベル(オーストラリア)、横峯さくらを振り切って、この日1アンダー。通算11
2006/11/14UBS香港オープン

C.モンゴメリーの大会連覇なるか!?

した、コリン・モンゴメリー(スコットランド)が、通算9アンダーで逆転優勝を遂げている。果たして連覇なるか!? ほかにもマイケル・キャンベル(ニュージーランド)、レティーフ・グーセン(南アフリカ
2006/07/21フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップ

横峯さくらが単独トップに立つ!諸見里しのぶも6位タイに浮上!

美貞(韓国)がつけ、通算2アンダーの単独3位にニッキーキャンベル(オーストラリア)が続いている。 注目選手では、一時帰国中の諸見里しのぶが、通算イーブンパーの6位タイ。今季初優勝組の藤田幸希、飯島茜ら
2006/07/22フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップ

全美貞が単独トップに!横峯さくらは2位タイへ後退

アンダーの2位タイには、横峯さくら、ニッキーキャンベル(オーストラリア)の2人。通算3アンダーの4位タイに、5バーディ、2ボギーとスコアを3つ伸ばしてきた諸見里しのぶと、上田桃子といった江連忠コーチ