2023/04/21国内シニア

50歳ルーキーのI.J.ジャンが逆転優勝 深堀は1打届かず/国内シニア

。シニアツアー初勝利を遂げた。 単独首位発進した深堀圭一郎は2バーディに留まって「69」。阿原久夫、増田伸洋と並んで1打差2位で終えた。通算7アンダー5位に塚田好宣、平塚哲二、野仲。 昨季賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)は伊澤利光らと並んで5アンダー10位とした。
2011/05/13日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

松村ら3人が首位タイ! 石川は初の予選突破、4打差で決勝へ

並ぶ混戦模様となっている。 通算3アンダーの4位タイに、武藤俊憲、野仲、藤田寛之、J.B.パク(韓国)の4人。通算2アンダーの8位タイに、ディフェンディングチャンピオンの谷口徹をはじめ、キム
2013/09/01国内男子

S.J.パクがツアー初勝利 藤本、矢野らが3位

ストローク伸ばす猛追を見せた矢野東、野仲らが2位タイに並んだ。 さらに通算8アンダーの6位には池田勇太、通算7アンダーの7位タイには高山忠洋、武藤俊憲、冨山聡の3選手が続いた。
2009/10/15日本オープンゴルフ選手権競技

山下と野仲が首位発進!石川は2打差10位

タイ、首位と2打差の好スタートを切っている。 通算4アンダーで首位に立つのは、山下和宏と野仲の二人。1打差の3アンダーには、松村道央、H.リー、日置豊一、藤田寛之、永野竜太郎、五十嵐雄二、手嶋多一の7
2018/04/18国内男子

宮里美香が予選通過圏内でスタート 首位に高柳直人

ツアーのシーズン第2戦が開幕。3日間競技の第1ラウンドが行われ、29歳の高柳直人が8バーディ、1ボギーの「65」で回り、7アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差の2位に野仲と伊藤有志。さらに1打差の5
2014/04/16国内男子

ギア契約変更まとめ 谷原秀人ら実力者が…

祐輝 タイトリスト(←ブリヂストン) ハン・ジュンゴン 本間ゴルフ(←ブリヂストン) 高山忠洋 本間ゴルフ(←ブリヂストン) 野仲 タイトリスト(←ブリヂストン) 小田龍一 テーラーメイド(←ブリヂストン)
2016/12/05国内男子

20歳星野が単独首位 堀川は7位で最終日へ/最終予選会

。 6日間108ホールを終えて上位35名に、優先出場権が付与される。 なお、野仲、横田真一、長谷川祥平、上井邦裕、塩見好輝、宮里聖志、金谷拓実(アマチュア)らは前日までの予選ラウンドで姿を消した。
2023/11/24国内シニア

賞金王争いリードの宮本勝昌は2位発進 首位に鈴木亨

には優勝するしかない藤田寛之は「74」と2オーバーの14位で初日を終えた。 2アンダーの首位に、最終戦での今季初優勝を目指す鈴木亨が立った。5バーディ、3ボギーで回り、フィールド唯一のアンダーパーとなる「70」をマークした。 宮本と同じ2位に、横田真一、丸山大輔、小山内護、飯島宏明、野仲が並んだ。
2023/11/25国内シニア

宮本勝昌が首位に浮上 賞金王争い優位のまま最終日へ

イーグルで締めくくり単独首位の座を奪取。後続に1打差をつけ、賞金王とシーズン3勝目へ前進した。 通算5アンダーの2位に、宮本と同じ2位から「67」でプレーした横田真一。通算4アンダーの3位に野仲。通算
2023/06/18国内シニア

スメイルが完全Vでシニア初優勝 2位に藤田寛之とマークセン

エージシュートを達成した倉本昌弘はパープレーで8アンダーの10位に終わった。 優勝/-18/デビッド・スメイル 2T/-13/藤田寛之、プラヤド・マークセン 4/-12/片山晋呉 5T/-10/野仲、宮本勝昌 7T/-9/I.J.ジャン、寺西明、沢田尚 10T/-8/平塚哲二、倉本昌弘、ソク・ジョンユル
2012/08/23国内男子

雷雲でサスペンデッド!藤本佳則が暫定首位

、大会2日目の6時30分に競技が再開される予定となった。 藤本と2打差の7アンダー暫定2位には塚田陽亮、白潟英純、野仲の3人。野仲は3連続バーディ直後にサスペンデッドになり、3ホールを残している。6
2020/11/14国内シニア

62歳の水巻善典が4年ぶりツアー3勝目

6アンダー2位は今大会でシニアツアーデビューした野仲、篠崎紀夫、伊澤利光、岡茂洋雄、マイヤーの5人。通算5アンダー7位には主催するコスモヘルス株式会社とサポート契約を結ぶ渡辺司、首位発進した寺西
2010/05/01国内男子

丸山茂樹が首位に浮上!石川は伸びず

、ダボとスコアを落としてしまった。中盤以降は粘りのゴルフを見せ、首位と1打差に踏みとどまっている。 通算5アンダー4位タイには野仲とキラデク・アフィバーンラト(タイ)、リャン・ウェンチョン(中国)さらに
2009/11/12国内男子

石川、池田、共に4アンダー4位タイスタート!

。 初日に首位に立ったのは5アンダーをマークした久保谷健一、近藤共弘、野仲の3人。先週は自身がホストプロを務める大会で予選落ちを喫してしまった近藤が、11番パー5でイーグルを奪うなど好スタートを切った