2018/07/18新製品レポート

新ソール形状は万能型で安定感あり!タイトリスト ボーケイデザイン SM7 ウェッジ

【ミヤG】 タイトリストのSM(スピンミルド)シリーズから、新モデルが登場したんですね。構えてみると、これぞウェッジともいえそうな正統派なヘッド形状です。 【ツルさん】 SMシリーズは、前作の「SM6」からロフト別に重心位置を変更するプログレッシブCGデザインが採用されていて、今回の「SM7」にも引き継がれています。ロフト角の大きいロブウェッジは高重心にしてスピンを掛けやすく、ローロフトのウェッジは重心を下げて、スピンの掛かりすぎによる飛距離低下を抑えてあります。SMシリーズは、ロフト角とソールグラインドの種類の多さも特徴ですね。 【ミヤG】 今回の試打クラブはロフト角58度の「Dグラインド」...
2018/08/01新製品レポート

がっつり叩きたい人のための長尺 フォーティーン CT-518 ドライバー

【ミヤG】 手にして構えてみてビックリ! ルール上限(※クラブ全長はパターを除き48インチを超えてはならない)ギリギリの長さに設計された長尺ドライバーだけあって、めちゃ長いですね~。 【ツルさん】 クラブ長は47.75インチあります。46インチのバージョンも用意されていますが、長尺ドライバーの先駆メーカーであるフォーティーンの長尺モデルですから、こちらがメインモデルになるでしょうね。さっそく、ミヤGから試打をどうぞ! 【ミヤG】 普段、自分が使っているドライバーとの長さの違いがスゴすぎて…。当たると長尺効果で自分のドライバーより飛んでくれましたが、打点を安定させづらくて、いまひとつ方向性が安定...
2018/07/11新製品レポート

スパッと振り抜ける直線番長 コブラ キング F8 ドライバー

【ミヤG】 コブラの最新ドライバーは、グレーに塗装されたヘッドのデザインがスタイリッシュですね~。それにヘッドが大きくて、クラブ自体が短く見えるので打ちやすそうに感じます。これって、リッキー・ファウラーが使用しているモデルですか? 【ツルさん】 リッキーが使っているのは、ハードヒッター向けの「キング F8 プラス ドライバー」という兄弟モデルなんです。こちらはいわばスタンダードなモデルで、ソールのウェイトがヒール寄りに配置されているのが特徴。球をつかまえやすいようにチューニングされているんですよ。 【ミヤG】 打ってみると、イメージしていたよりもクラブが軽い! 総重量はどれくらいなんだろう? ...
2018/10/17新製品レポート

スライサーが安定して飛ばしやすい ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー

【ミヤG】 UD+2シリーズのドライバーは、長さが45.75インチ。少し長めなんですが、へッドが大きく見えるのでそれほど長さは感じずに構えられますね。フェースの位置がヘッド後方寄りになっていて、グースが付いているように見えるのが特徴的です。 【ツルさん】 球をつかまえやすそうに見えて、スライサーには安心感があるドライバーになっていますよね。けれど、フェース面は左を向いていないので、構えづらさは感じないですよ。ドライバーでもボールを両足の中央寄りに構える人には、ちょうどいいかも。では、さっそくミヤGから試打をどうぞ! 【ミヤG】 金属的な澄んだ打音が心地いいですね~。かなり軽量なんで速く振れます...
2018/10/03新製品レポート

外ブラ並みの直進性と従来の操作感が融合 ツアーB XD-3 ドライバー

【ミヤG】 新しいブリヂストン ツアーBのドライバーは、カーボンクラウンにアモルファス金属の弦を取り入れた “筋金入り”が注目されているモデルです。確かに、クラウン部分には縦方向の線がいくつも見えますね。 【ツルさん】 インパクト時にたわんだカーボンクラウンが金属弦によって素早くたわみ戻って、効率良くボール初速を上げる新テクノロジーだそうです。オフセンターヒット時のヘッドのねじれを抑える効果もあるそうですよ。さっそく打ってみましょう! 【ミヤG】 第一印象としては、カブトムシみたいな見た目がどうかな、と思っちゃいましたが、構えてみるとそれほど気になりません。むしろ丸型のきれいなヘッドで、フェー...
2018/09/26新製品レポート

頑張らなくてもストレート弾道 タイトリスト TS3 ドライバー

【ミヤG】 前回の試打で僕が好結果を残せた「TS2 ドライバー」に続いて、今回は「TS3 ドライバー」を試打します。投影面積の大きい「TS2 ドライバー」と比べると、「TS3 ドライバー」のほうがすっきりとしたヘッド形状になっていますね。 【ツルさん】 どちらのモデルもヘッド体積460ccですが、「TS3 ドライバー」はヒール側のふくらみが抑えられていてスマートな印象です。見た目以上に大きく違うのは、こちらのモデルには「シュアフィットCG」が搭載されているところ。バー状のウェイトの構造が進化していて、付属する1本のウェイトでストレート、フェード、ドローの弾道調整ができるようになりました。ちなみ...
2018/09/12新製品レポート

弾き感がアップしたやさしいアスリート系 スリクソン Z585 アイアン

【ミヤG】 スリクソンの新しいアイアンシリーズは、ハーフキャビティの「Z785 アイアン」とポケットキャビティの「Z585 アイアン」という2モデルでの展開になりました。マッスルバックのモデルがなくなったんですね。 【ツルさん】 プロのなかにも、マッスルバックを好む選手がほとんどいなくなりましたからねぇ。アスリートブランドのスリクソンで2つのモデルがあれば、十分なんじゃないですかね? 今回試打する「Z585 アイアン」は、中級者が使うことも想定しているやさしいほうのモデル。S20Cの軟鉄鍛造ボディにクロムバナジウム鋼のフェースが採用されていて、7番のロフト角は31度。弾きのいいフェース素材と少...
2018/12/05新製品レポート

球筋を操作しやすい簡単フォージド フォーティーン TC-560 フォージド アイアン

【ミヤG】 フォーティーンの新作アイアンは、けっこうヘッドが大きめ。バックフェースのキャビティもかなり深いですね。 【ツルさん】 でも、構えてみるとヘッドシェイプは“シュッ”とした感じなんです。ヘッド素材にはS45Cという強度の高いフォージドが使われていて、フェースを薄くすることで反発を向上しているそうです。では、今回もミヤGから試打をどうぞ! 【ミヤG】 構えてみるとライ角がフラットに感じましたが、しっかりとつかまった球が打てました。ヘッドの安定性が高くて、曲がりづらさも感じますね。やさしいアベレージ向けアイアンとアスリート向けのちょうど中間的な性能です。 【ツルさん】 7番のロフト角が29...
2018/11/14新製品レポート

最新テクノロジーで飛んで曲がらない テーラーメイド M グローレ アイアン

【ミヤG】 「M グローレ アイアン」は、7番アイアンのロフト角が27度。けっこう今どきのストロングロフトなんですね。 【ツルさん】 シャフト長も7番で37.25インチと、少し長めになっています。6番からのセット売りになっているので、それより上の番手はユーティリティというクラブセッティングになるでしょうね。では、さっそくミヤGから試打してみてください! 【ミヤG】 大きめのヘッドサイズでトップブレードも厚め。見るからに飛びそうなアイアンなのですが、やっぱりよく飛びます! 自分のアイアンよりも20ヤード以上も飛ばせましたよ。 【ツルさん】 飛ぶだけじゃなくて、曲がりにくさもスゴイです。構えてみる...
2018/10/24新製品レポート

構えやすくなって+2.5番手の飛び ヤマハ インプレス UD+2 アイアン

【ミヤG】 これがウワサの2番手飛ぶというアイアンですね。僕は初めて打つので、どれくらい飛ぶのか非常に楽しみです! ロフトが立っているだけじゃなくて、シャフトも少し長めなんですかね? 【ツルさん】 7番のロフト角が26度、シャフト長は37.75インチ。この設定は前作から変わっていなくて、一般的な5番アイアン相当のロフト角とシャフト長になっています。とはいえ、今はストロングロフトの飛び系アイアン全盛の時代なので、一般的なアイアンのロフト角がどれくらいとは言いづらくなっていますが(笑)。とにかく、ミヤGから打ってみてください。 【ミヤG】 うひょ~、めちゃ飛びですよ。まさにプラス2番手の飛びです。...
2019/02/04新製品レポート

叩けば叩くほど高初速の低スピンで飛ばせる キャロウェイ エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー

【ミヤG】 前回の「エピック フラッシュ スター ドライバー」に引き続き、今回はロースピンモデルの「エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー」ですね。構えてみると、「スター」よりもヘッド後方側のふくらみが抑えられていて小ぶりに見えます。個人的には、この「サブゼロ」のほうが構えやすいです。 【ツルさん】 「エピック フラッシュ」のシリーズになって、この「サブゼロ」にもソール後方に移動式ウェイトが搭載されるようになりました。これがヘッドの大きな変更点ですよね。もちろん、フェースにはAI(人工知能)が開発した「フラッシュフェース」が採用されています。純正シャフトは、「スター」とは異なるハードヒッタ...
2019/04/29新製品レポート

ハイドローが打てる高コスパのドライバー プロギア RS E

【ミヤG】 前回は「RS RED ドライバー」を試打しましたが、RSシリーズに追加されたもうひとつモデルが「RS E ドライバー」です。モデル名に付いている「E」は、イージーの頭文字らしいですね。ちなみに、従来モデルの「RS ドライバー」はクラウンがブラック塗装。「RS E ドライバー」はガンメタリック塗装になっています。いい色ですよね。 【ツルさん】 メーカーは性能について、「つかまる、上がる、ミスに強い」をアピールしています。商品コンセプトは「RS ドライバー」と似ていますが、「RS E ドライバー」はネックの調整機能が省かれていて接着式になっているのが特徴。そして価格が安い! エントリー...
2019/05/09新製品レポート

シャープな形状になった元祖やさしい系 ピン G410 アイアン

【ミヤG】 Gシリーズの最新アイアンは、ヘッド形状がずいぶんスッキリしましたね。トップブレードも分厚く感じないし、グースもそんなに強くありません。従来からの“いかにもやさしそうなピンのアイアン”というよりは、普通のアイアンっぽくなりました。 【ツルさん】 ヘッド形状にこだわるゴルファーのために、ヘッド形状をブラッシュアップしたそうですよ。でも、構えてみると少しヘッドが面長に見えて、曲がりづらそうな雰囲気はあります。では、さっそく打ってみましょう! 【ミヤG】 おっと、いきなりダフってしまいました…。ヘッドが重く感じます。 【ツルさん】 スイングウェイトが重いわけではないので、おそらくヘッドの重...
2018/04/12HOTLIST2018

ボールストライカーにとって最適 タイトリスト 718 CB アイアン

タイトリスト 718 CB 総評 このCBは伝統的なデザインで万能性の高さを実現しているタイトリストの典型例。このモデルでは、重心位置がフェースの中央に近づいたため、ボール初速がさらに一定性を増した。芯を外したときの安定性を高めるため、タングステン製ウェートが用いられている。7番までの番手には、鍛造キャビティバックのフェースインサートに17-4ステンレス鋼が、鍛造ボディには1025カーボン・スチールが使われている。余剰重量によりタングステンをヒールとトゥに配置することで、ロングアイアンとミドルアイアンの寛容性が向上。ショートアイアンは一体成形型鍛造となっている。(アスリート向け) コメント 【...
2018/03/01HOTLIST2018

ソフトな打感とかたい打音 テーラーメイド P770 アイアン

テーラーメイド P770 総評 稼ぐためにプレーをしていなくてもP770の恩恵に授かることはできる。3番から7番の軟鉄鍛造のクラブヘッドには、背面キャビティとソールにたっぷり70グラムある2ピースのタングステン製ウェートを配置。高弾道と寛容性の向上を実現している。8番アイアンからピッチングウェッジは、一体成形の鍛造キャビティになっている。フェースの厚みは、上部へ行くに従って薄くなるテーパー状になっており、これにより低重心となり、フェース下部の厚みが増すことでソフトな打感とかたいインパクト音が実現した。(アスリート向け) コメント 【上級者】上手なボールストライカーにとってすばらしいアイアン。タ...
2018/03/01HOTLIST2018

ゴージャスなクラブ ピン i ブレード アイアン

ピン i ブレード 総評 極薄フェースに注目が集まるが、背景にある技術は同様に重要である。フェースを薄くすればするほど、打音と打感を妥協しなければならなくなるため、ピンの技術者はエラストマー(弾力ゴム)のインサートでヒールからトウにかけたフェースの広いエリアを支える方法を開発した。この素材により、フェースがインパクトでたわみつつ振動を吸収し、柔らかい打感を実現。トウの低い部分に配置された高密度タングステンにより、安定性も飛躍的に向上した。(アスリート向け) コメント 【上級者】ゴージャスなクラブ。トップラインの仕上がりは難しそうには見えず、スタイリッシュ。 【中級者】パワフルな打感で簡単にまっ...
2018/03/01HOTLIST2018

匠の技を結集 ミズノ ミズノプロ 518 アイアン

許容度を最大化した。(アスリート向け) コメント 【上級者】かなり操作性は高いが、やり過ぎを気にする必要はない。 【中級者】全ての要素がうまくかみ合っているバランスのある製品。打感など、感覚的な部分で気
2018/03/01HOTLIST2018

本物の上級者向け キャロウェイ X フォージドアイアン

キャロウェイ X フォージドアイアン [総評]] 新たな着想ではなく新たな実行をという格言が、正に当てはまるクラブだ。このクラブをXフォージド2013年モデルの“生まれ変わり”と位置づけたキャロウェイは、5年間にわたりその性能が実証されてきた一体成形型鍛造アイアンに最新の技術を追加した。弾道(ロングアイアンで高弾道、ショートアイアンでさらに正確)は背面キャビティのウェートパッドで管理され、新たな溝設計がラフからのショットでフライヤーを減らすとともにスピンコントロールを向上させた。同社のApex Proアイアンは上級者気取りのプレーヤー向けだったが、これは本物の上級者向けである。(アスリート向け...
2018/03/01HOTLIST2018

とにかく飛んだ ブリヂストン ツアーB X-CB アイアン

ブリヂストン ツアーB X-CB 総評 ツアーB-X-CBは、伝統的ルックスとコンテンポラリーな技術が効果的にミックスされている。1020カーボン・スチールで鍛造されたアイアンには、フェースの裏にウェートパッドがあり、打感の良さを高めている。ロフトは上級者向けとしてはアグレッシブな設定になっており(6番アイアンのロフトは28度と、伝統的なロフトより2度ストロングになっている)、通常より幅の広いソールはターフの抜けの許容度を高めている。追加料金のない10種類のカスタムシャフトは、こだわりのあるプレーヤーにとって朗報。(アスリート向け) コメント 【上級者】とにかく飛んだ。1番手短いクラブでグリー...