最近のニュース 新着一覧≫


2021/10/31福岡シニアオープン

篠崎紀夫が逃げ切りで2週連続優勝

◇国内シニア◇福岡シニアオープン 最終日(31日)◇福岡CC 和白C(福岡)◇6571yd(パー72) 首位で出た賞金ランキングトップの篠崎紀夫が3バーディ、ボギーなしの「69」でプレーし、前週から
2021/10/24ISPS ハンダグレートに楽しく面白いシニアトーナメント

篠崎紀夫が「64」マークして逆転優勝 賞金王争いは白熱

◇国内シニア◇ISPS ハンダグレートに楽しく面白いシニアトーナメント 最終日(24日)◇五浦庭園CC(福島)◇6896yd(パー72) 1打差3位から出た篠崎紀夫が1イーグル7バーディ、1ボギーの…
2021/11/25いわさき白露シニア

篠崎紀夫が初の賞金王へ2打差5位発進

バーディ「67」で5アンダー単独首位発進を決めた。 1打差2位で川岸良兼、鈴木亨、堤隆志が続いた。 賞金ランキングトップの篠崎紀夫は3アンダー5位の好スタート。昨季賞金王の寺西明、今大会がシニアデビュー…
2021/11/04コスモヘルスカップ

初の賞金王へ 篠崎紀夫が3週連続Vに挑戦

インターネット配信を予定している。 シーズンも残り2戦となり、2週連続優勝と絶好調の篠崎紀夫が2位の井戸木鴻樹に約830万円差をつけて賞金ランキングトップを走る。 優勝賞金は今大会が360万円、最終戦
2021/10/30福岡シニアオープン

篠崎紀夫が2連勝へ王手 2打差2位に桑原克典ら4人

◇国内シニア◇福岡シニアオープン 初日(30日)◇福岡CC 和白C(福岡)◇6571yd(パー72) 2日間大会の初日に「65」で回った篠崎紀夫が7アンダーの単独首位発進を決めた。目下の賞金レース1
2021/11/05コスモヘルスカップ

小山内護が首位発進 3連勝狙う篠崎紀夫は27位

「65」でプレーして7アンダーとし、2日間大会を首位で発進した。 1打差2位に細川和彦。田村尚之が5アンダー3位で続いた。 賞金ランキングトップで3週連続優勝を狙う篠崎紀夫はイーブンパー27位で初日を終えた。834万円差を追うランク2位の井戸木鴻樹は3オーバー53位と出遅れた
2021/11/26いわさき白露シニア

鈴木亨が単独首位 賞金王目指す篠崎紀夫は3位で最終日へ

回り、通算7アンダー単独首位に浮上して今季最終戦の最終日を迎える。昨年8月以来の今季初優勝、シニアツアー通算5勝目を目指す。 昨季賞金王の寺西明が1打差2位。賞金ランキング1位の篠崎紀夫が5アンダー3位
2021/10/28福岡シニアオープン

伊澤利光が連覇に挑む シーズンは残り3戦

勝利ながらも賞金ランキング9位につける。10月「日本プロシニア選手権」から4位、5位と直近2戦で好調をキープしており、連覇に期待がかかる。 賞金ランクトップで2週連続優勝を目指す篠崎紀夫、同2位の井戸木
2021/04/16ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

篠崎紀夫がプレーオフ制してツアー2勝目 寺西明1打差

◇国内シニア◇ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 2日目(16日)◇箱根カントリー倶楽部(神奈川)◇7056yd(パー72) 3打差6位から出た篠崎紀夫が逆転し、2020年8…
2021/11/27

国内シニアツアー 歴代賞金王

2021年は篠崎紀夫が「福岡シニアオープン」を制すなど、シーズン3勝。3408万1521円を稼いで初めての賞金王に輝いた。 年度 名前 金額 優勝回数 出場試合数 2021 篠崎紀夫 3408万
2021/08/26マルハンカップ 太平洋クラブシニア

プロ野球大物OBらも参戦 太平洋クラブ50周年記念大会

(5000万円)、優勝賞金1000万円をかけて開催される。 前年大会は篠崎紀夫が通算9アンダーで塚田好宣と並んでホールアウトし、続くプレーオフを制した。 今年は有観客でフィールドには倉本昌弘、中嶋常幸
2021/11/06コスモヘルスカップ

細川和彦が小山内護とのプレーオフを制し涙のシニア初V

。 賞金ランキングトップの篠崎紀夫はイーブンパー26位。優勝でランク2位に浮上した細川との差は約810万円。優勝賞金1200万円がかかる最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」(25日~/鹿児島・いぶすきGC開聞C)で賞金王争いも決着する。
2021/10/23ISPS ハンダグレートに楽しく面白いシニアトーナメント

丸山大輔とP.マークセンが首位 伊澤利光は1打差3位に

臨む。 1打差3位に昨季賞金王の寺西明、篠崎紀夫、伊澤利光、鹿志村光一がつけた。通算5アンダー7位に手嶋多一と溝口英二が続いた。 日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は通算3アンダー12位。谷口徹は通算2アンダー18位。今季4勝を挙げて賞金ランキング1位の井戸木鴻樹は通算1オーバー41位とした。
2021/07/29北海道ブルックス モアサプライズ カップ2021

冨永浩が単独首位発進 田中秀道がシニアデビュー

大会を制した清水洋一が深堀圭一郎、崎山武志、篠崎紀夫とともに3アンダー5位。 谷口徹は前戦優勝の井戸木鴻樹、丸山大輔らと同じ1アンダー14位。 賞金レーストップのタワン・ウィラチャン(タイ)は4
2021/06/11スターツシニアゴルフトーナメント

谷口徹が首位発進 寺西明とウィラチャンが1打差

「65」をマークし、7アンダーの単独首位で発進した。 昨季賞金王で今季1勝の寺西明と前週優勝のタワン・ウィラチャン(タイ)が1打差の6アンダー。同じく今季1勝の篠崎紀夫が5アンダー4位につけた。 前回大会覇者の倉本昌弘は2アンダー16位で初日を終えた。
2021/06/03すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

19年賞金王のウィラチャンが2季ぶりツアー復帰戦で首位発進

)。4アンダー4位にウィラチャンと同じく2019年シーズン以来のツアー復帰となるプラヤド・マークセン(タイ)のほか、伊澤利光、奥田靖己、阿原久夫、宮瀬博文が続いた。 今季第2戦を制した篠崎紀夫は3アンダー