最近のニュース 新着一覧≫


2021/06/18ニチレイレディス

朝ドリルでノーボギー「67」 田辺ひかりが初の首位発進

トップに止めてから打つ練習をやっています」。ツアー初優勝を目指す田辺ひかりは、朝ドリルの成果を実感している。 5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」から計20球にも満たない朝の確認事項だが、通常の練習
2021/06/18ニチレイレディス

田辺ひかりと全美貞が首位発進 稲見萌寧は出遅れ56位

◇国内女子◇ニチレイレディス 初日(18日)◇袖ヶ浦CC新袖C(千葉)◇6550yd(パー72) ツアー未勝利の24歳、田辺ひかりがベテランの全美貞(韓国)と並んで5アンダーの首位発進を決めた。4
2021/04/24フジサンケイレディス

田辺ひかり 師匠の「貫禄とオーラ」で好位置キープ

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 2日目(24日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) ツアー初優勝を目指す田辺ひかりに出だし1番でうれしい出来事があった。前の組
2021/04/23フジサンケイレディス

守った“師匠”との約束 田辺ひかりは「イライラしない」

ビックリしています」。ツアー初優勝を目指す田辺ひかりが7バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、5アンダー2位で初日を終えた。 今大会は師と仰ぐ佐伯三貴が2019年「大王製紙エリエールレディス」2日目
2021/03/05ダイキンオーキッドレディス

道具は大切に 初優勝を目指す田辺ひかり

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 2日目(5日)◇琉球GC(沖縄県)◇6561yd(パー72) 23歳の田辺ひかりが5バーディ、1ボギーの「68」で回り、トップと1打差の通算9アンダー3位で
2021/05/10ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

コロナ禍の第1回リランキング実施 QT上位アン・シネら“賞金ゼロ”

実施された。20年と統合された今シーズン。試合の中止が相次ぎ、開幕が大きくずれ込んだ昨年はリランキング実施を見送っていた。 ■田辺ひかりが5位躍進 笹生優花、西村優菜、渡邉彩香、山下美夢有と優勝を飾った
2021/04/24フジサンケイレディス

佐伯三貴「手応えしかない」 意地の「66」で予選通過へ

。助けられた」 自らが指導する田辺ひかりも初日を終えて1打差2位と好スタートを切って2日目を迎えている。「きのうは(田辺に)『常に笑っていなさい』と言いました。元々いい選手ですし、あとは自分の感情で
2021/04/24フジサンケイレディス

山下美夢有が単独首位で2週連続Vへ前進 1打差2位に稲見萌寧

バーディ、1ボギーの「65」をマーク、通算9アンダーで単独首位に立った。今年3勝の稲見萌寧が1打差2位で追う。 ツアー初勝利を目指す田辺ひかりと2大会連続優勝を狙う申ジエ(韓国)が通算7アンダー3位に
2020/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

世界ランクは437位 田辺ひかりが“重圧フリー”で最終日最終組

。コースは今年に入って10回以上はラウンドしており、「地元でやっている感が強い。落ち着いてやれていると思う」と23歳の田辺ひかり。大会3日目にノーボギーの「67」をマークして、首位と1打差の通算10
2020/09/13日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

プレーオフまであと1打 田辺ひかりが善戦

ある田辺ひかり。自身初の最終日最終組をメジャー大会で迎えたが、首位に1打差の2位でフィニッシュ。前半に2ボギーを喫しながら、サンデーバックナインで2バーディを取り返し、最終18番(パー5)のバーディで
2021/06/19ニチレイレディス

父の日に感謝の2勝目を 河本結「喜びを届けたい」

楽しみですし、ワクワクしている。負けないというか、勝つ気持ちを誰よりも持って最後まで戦えるといい」 2日間のパーオン率は全体1位の78%(28/36)とショットも好調。最終日は金澤志奈、田辺ひかりと同組で午前9時50分にスタ…
2021/03/07ダイキンオーキッドレディス

小祝さくらが逆転で21年初戦制し3勝目 渋野日向子は13位

遥を振り切った。森田が通算13アンダー2位。12アンダー3位に田辺ひかりが入った。 初日から首位を守ってきた19歳の西郷真央は上がり2ホールを連続ボギーとして「73」と落とし、上田桃子と並ぶ通算11
2021/03/05ダイキンオーキッドレディス

首位に森田遥と西郷真央 渋野が4 打差5位浮上

とらえて通算10アンダー首位に並んだ。森田は2017年「海道 meiji カップ」に続くツアー2勝目を目指す。 1打差3位に田辺ひかり、通算7アンダー4位に菊地絵理香がつけた。 ツアー4勝の渋野日向子は
2021/03/06ダイキンオーキッドレディス

西郷真央と森田遥が首位並走 渋野日向子は6打差後退

冷静。2017年以来のツアー2勝目を狙う森田は「意識せずにコースと自分との戦い」と話した。 10アンダー3位で菊地絵理香、田辺ひかり、小祝さくらが続いた。 稲見萌寧が出だし1番でイーグルを決めるなど前半