2016/12/07

永井花奈ら21人が生涯一度の栄誉を競う

注目される。昨年は篠原まりあが優勝した。 <出場者一覧> 永井花奈、小野祐夢、チェン・スーハン、大出瑞月、竹山佳林、但馬友、川岸史果、佐久間綾女、田辺ひかり、森井菖、安田彩乃、石川明日香、高橋恵、照山亜寿美、石山千晶、山本景…
2017/11/10伊藤園レディス

福田真未、佐伯三貴が首位 賞金トップ鈴木9位

サンケイレディスクラシック」以来、2度目の優勝を目指すフェービー・ヤオ(台湾)。4アンダーの4位に川岸史果、大出瑞月、全美貞(韓国)、ペ・ヒギョン(同)、ホステスプロの田辺ひかりがつけた。 賞金
2019/10/12かねひで美やらびオープン

21歳の但馬友が初優勝 /ステップアップツアー

ませんでした」。悔しさを糧に、念願の勝利をつかんだ。 首位から出た竹内美雪は田辺ひかりと並び、1打差の通算3アンダー2位で終えた。通算イーブンパー4位にスパマス・サンチャン(タイ)、通算1オーバー5位に林菜乃子が続いた。
2019/10/02フンドーキンレディース

但馬友とヌック・スカパンが首位で最終日へ/ステップ2日目

目を目指す石川明日香、新海美優、ハン・スンジ(韓国)、豊永志帆、工藤優海の5人が並んだ。 通算4アンダー8位に田辺ひかり、柳澤美冴、森井あやめ、P.チュティチャイ、山城奈々、高橋恵、幡野夏生がつけた。
2019/09/26中国新聞ちゅーピーレディースカップ

小楠梨紗が単独首位 三浦桃香は4打差13位

プレー。通算7アンダーで単独首位に立った。 6アンダー2位に田辺ひかり、澤田知佳、西村優菜(アマチュア)の3人がつけた。5アンダー5位に吉川桃とサイ・ペイイン(台湾)が続いた。 4アンダー7位に森井
2018/06/09ルートインカップ

川崎志穂が首位に浮上/ステップ2日目

がボギーなしの7バーディ「64」でプレーし、佐藤靖子とともに通算8アンダーで首位に浮上した。 2打差3位に首位から出た田辺ひかり、ポラニ・チュティチャイ(タイ)。通算5アンダー5位に菊地明砂美、イ・ナリ(韓国)、西木裕紀子、…
2019/09/25中国新聞ちゅーピーレディースカップ

宮崎乙実が首位発進 三浦桃香31位/ステップアップツアー

「67」でプレーし、5アンダーの単独首位で発進した。 サイ・ペイイン(台湾)、東葵、田辺ひかり、キム・チャンミ(韓国)の4人が1打差の4アンダー2位で続いた。小楠梨紗、アマチュアの西村優菜ら5人が3