2018/10/12日本オープン

上位で週末へ 梁津萬が7年ぶりに1Wを替えた理由

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(12日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71) 今週36ホール目にして初のボギーを叩いた津萬(リャン・ウェンチョン/中国
2017/04/16東建ホームメイトカップ

梁津萬が2年ぶり2勝目 藤田寛之は4位で終える

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(16日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 2位に2打差の単独首位でスタートした津萬(中国)が、「68」でプレーして
2018/04/10東建ホームメイトカップ

国内今季初戦 地区OP連勝の石川遼がツアーで再始動

に続くシーズン第3戦。約2カ月のオープン期間を経て再開する。 前年大会は後続に2打差以上をつけて首位で最終日を迎えた津萬(中国)が通算16アンダーで逃げ切り、ツアー2勝目を飾った。直近4年は15
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

6:45(19:45) サム・バーンズブライアン・ゲイディーン・バーメスター 6:56(19:56) ライアン・エバンスチョン・ユアン (a)津萬 7:07(20:07) ラッセル・ヘンリーアーロン
2018/05/21全米オープン

秋吉翔太らが全米出場権 石川遼は8位で上位3枠に入れず

ジャパンメモリアルゴルフクラブで行われ秋吉翔太、デービッド・ブランスドン(オーストラリア)、津萬(中国)の3選手が本戦出場権を獲得した。 1日36ホールを回った。通算8アンダーでトップの秋吉は「全米
2017/04/17優勝セッティング

6年前に発売のエース1Wで通算2勝目 梁津萬の優勝ギア

日時:2017年4月13日(木)~4月16日(日) 開催コース:東建多度カントリークラブ・名古屋(三重) 優勝者:津萬(リャン・ウェンチョン/中国) 2打リードの単独首位からスタートしたリャン
2017/04/16東建ホームメイトカップ

2020年に霞ケ関CCで戦う 梁津萬が夢に向けてまず1勝

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(16日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 2打リードの単独首位から出た津萬(リャン・ウェンチョン/中国)が5バーディ
2019/04/30ボルボ中国オープン

中国で欧亜共催 好調の川村昌弘、池田勇太ら日本勢5人出場

、2016年以来となるタイトル奪還を目指す。15年覇者の呉阿順(中国)、日本ツアーを主戦場にする津萬(中国)、前週「ハッサンIIトロフィー」で初優勝を飾ったホルヘ・カンピージョ(スペイン)らが出場を予定している。
2018/11/25カシオワールド

香妻陣一朗は一歩届かず 賞金シード喪失

) 【賞金シード喪失選手】★は他の出場資格を持つ選手 香妻陣一朗(賞金ランキング70位)、北村晃一(73位)、★宮本勝昌(74位)、★久保谷健一(75位)、★津萬(76位/中国)、日高将史(83位)、永野
2018/11/04HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

星野陸也 同郷・畑岡奈紗Vに「ゴルフ教えてもらおう」

すぎて、ゴルフ以外のことが考えられなくて」といてもたってもいられず、午後4時にコースに戻ったという。「誰もいないだろうなと思ったんですけど、津萬さんがいました」と2人で黙々と約1時間半パットの練習に
2018/10/12日本オープン

20歳アマ・桂川有人が単独首位 藤田寛之は2位

たたき出した。記録が残る1985年以降、アマチュアが日本オープン2日目を首位で終えるのは初めて。(※) 通算7アンダーの2位に日高将史、藤田寛之、稲森佑貴、津萬(中国)の4人。首位から出た49歳の
2018/10/11日本オープン

49歳・藤田寛之が首位発進 アダム・スコットは11位

。 6アンダー4位に藤本佳則、デビッド・オー、津萬(中国)の3人がつけた。2013年マスターズ覇者で2年ぶり4度目の参戦を果たしたアダム・スコット(オーストラリア)は6バーディ、2ボギーの「67」で
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

.セクショナルクオリファイ通過者 秋吉翔太 星野陸也 デービッド・ブランスドン 津萬 アンドリュー・ジョンストン ジェームス・モリソン リッチー・ラムゼイ マシュー・サウスゲート スコット・グレゴリー ライアン
2017/04/15東建ホームメイトカップ

藤田寛之が2打差で梁津萬を追う 小平智は「74」で後退

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 3日目(15日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 首位に1打差の2位でスタートした津萬(中国)が「66」でプレーして通算13
2017/11/22カシオワールド

男子シード争いは最終局面 今年のボーダーは誰だ?

および出場義務試合数を満たしていないツアーメンバー(B.ケプカ、津萬、P.サクサンシン、X.シャウフェレ、J.クルーガー)は該当しないため、現在のボーダーラインは第1シードが64位の薗田峻輔、第2シード
2017/10/25WGC HSBCチャンピオンズ

WGC初出場の今平周吾 開幕前は調整と情報収集

、今年6月の「全米オープン」以来となる海外試合。世界ゴルフ選手権(WGC)は今回が初出場となる。 火曜日(24日)は「いろいろ知っていそうだから」と、中国の津萬らと練習ラウンドを行った。「ピンを切る位置
2017/10/03ホンマツアーワールドカップ

3年目の舞台は愛知県へ 前年大会はプレーオフ月曜決着

、大堀裕次郎と同組で午前7時50分にインコースから。小平は通算8勝の小田孔明、今季1勝を挙げているリュー・ヒョヌ(韓国)と午前7時10分にインコースからスタートする。 ほか契約プロでは、岩田寛、藤本佳則、津萬(中国)らが出場。ホスト大会で主役の座を狙う。