2019/04/21KKT杯バンテリンレディス

「もう少し」が継続の秘訣 李知姫が“40代”初優勝

勝目だ。今年2月に40歳になったばかりの知姫(韓国)が、「69」とスコアを伸ばして通算8アンダーとし、後続を1打差で振り切った。 首位と1打差でスタートした最終日。過去2勝を挙げている得意コースで
2018/11/20大王製紙エリエールレディス

李知姫がツアー記録となる18年連続のシード権

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(18日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6525yd(パー72) 知姫(韓国)が賞金ランク18位で2001年から18年連続でシード権(同
2019/04/21KKT杯バンテリンレディス

李知姫が逆転優勝 吉本ひかる2位、原英莉花は4位

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日(21日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72) 首位と1打差の3位から出た知姫(韓国)が6バーディ、3ボギーの「69」でプレーし
2017/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

38歳の李知姫が国内女子メジャー2勝目 2打差で逃げ切り

バックナイン最終盤までもつれ込んだ優勝争いを制したのは、38歳の知姫(韓国)だった。首位タイから出て6バーディ、4ボギーの「69」でプレーし、通算5アンダーとして今季初優勝を遂げた。ツアー通算22勝目を
2018/06/16ニチレイレディス

李知姫が単独首位 鈴木愛は2打差3位で最終日へ

◇国内女子◇ニチレイレディス 2日目(16日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72) 7位からスタートした知姫(韓国)が6バーディ、1ボギー、この日ベストの「67」とし、通算7アンダーの単独
2019/09/21デサントレディース

鈴木愛が4打差3位 申ジエ首位堅守

。通算13アンダーで首位を守った。3打差2位に・ミニョン(同)がつけた。 今季4勝の鈴木愛が7バーディ、1ボギーの「66」でプレー。通算9アンダーで知姫(韓国)、テレサ・ルー(台湾)と並んで3位で最終
2019/09/20デサントレディース

ツアー記録11バーディで申ジエ首位 渋野日向子は8位

プレー。9アンダーで知姫(同)と並んで首位発進を決めた。 1打差3位に木村彩子がつけた。5アンダー4位に金田久美子、4アンダー5位にペ・ヒギョン(韓国)、小野祐夢、三ヶ島かなの3人。 渋野日向子は5
2017/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

「まだまだイケる!」38歳・李知姫は永久シードへあと8勝

38歳となったプロ18年目の知姫(韓国)が6バーディ、4ボギーの「69」でプレーして、通算5アンダーで逃げ切って優勝した。2008年の「日本女子オープン」に続くメジャー2勝目。勝負どころで逃げない強さ
2019/05/19ほけんの窓口レディース

イ・ミニョンが今季初優勝 上田桃子1打及ばず2位

をつくれた」と振り返った。 通算8アンダーの4位に原英莉花、勝みなみが並んだ。通算7アンダーの6位に金澤志奈、知姫(韓国)、菊地絵理香、河本結が続いた。 3連覇を狙っていた鈴木愛は通算5アンダー14位タイ。首位タイから出た大城さつきは「76」と崩れ20位タイに終わった。
2017/09/21ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

前年覇者の李知姫、笠りつ子らがこども病院を慰問

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前情報(20日)◇利府GC (宮城)◇6551yd(パー72) 前年覇者の知姫(韓国)、笠りつ子、穴井詩、堀琴音、松森彩夏、葭葉ルミの6選手が
2019/04/20KKT杯バンテリンレディス

大西葵とイ・ソルラ 初優勝を目指すふたり

大会覇者でツアー通算22勝を誇る知姫(韓国)だ。「今週に入ってからショットがいいので、この状態を続けて優勝争いに加わりたい」と、40歳のベテランも簡単に今季初Vを譲る気はない。(熊本県菊陽町/今岡涼太)
2017/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

V逸の永峰咲希、李知姫が見た畑岡奈紗の強さ

”を痛感したという。 後半の猛チャージで畑岡に迫った知姫(韓国)は6バーディ、2ボギーの「68」と伸ばしたが、結局は4打差の通算9アンダー2位で終えた。「12番のバーディで流れが変わった」と3連続
2019/04/21KKT杯バンテリンレディス

今季4度目のトップ10も…吉本ひかるは1打及ばず

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日(21日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72) ツアー通算23勝目を飾った知姫(韓国)を最後まで追い詰めたのは、20歳の吉本
2019/04/28フジサンケイレディス

申ジエがバースデーV コースレコード「63」で7打差逆転

子が2打差の2位タイ。藤田光里、大江香織、勝みなみ、新垣比菜、成田美寿々、西木裕紀子が通算5アンダーの5位タイで終えた。 前年覇者の永峰咲希は通算2アンダー18位。前週優勝の知姫(韓国)は通算1オーバー26位とした。