2024/06/06日本ツアー選手権

石坂友宏がアルバトロス達成 自身2度目

岩田寛が達成していた。 24歳の石坂は2022年「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」3日目に人生初のアルバトロスを達成させていた。キャリア2度目のスーパープレーとなった。新井規矩雄、伊澤利光、デビッド・スメイル、宮里優作、宮本勝昌、武藤俊憲に続く7人目の複数回達成者となった。
2024/05/29国内シニア

シニア今季2戦目 宮本勝昌、片山晋呉、谷口徹らが参戦

た。 フィールドには昨年の賞金王で前週「全米シニアプロ」39位の宮本勝昌、前年大会4位でツアー初優勝を目指す片山晋呉、シニア3勝目を狙う谷口徹らが名を連ねた。 プラヤド・マークセン(タイ)は2017年以来となる大会2勝目がかかる。今季初戦「ノジマチャンピオンカップ」を制した兼本貴司は連勝を狙う。
2024/05/24全米シニアプロ選手権

宮本勝昌が3打差8位発進 増田51位 藤田65位/全米シニアプロ

宮本勝昌が8バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「67」でプレーし、首位と3打差の4アンダー8位で発進した。 7アンダーとしたリチャード・ブランド(イングランド)とリチャード・グリーン(オーストラリア
2024/05/07国内男子

ツアー唯一のポイント方式 比嘉一貴、米澤蓮ら大会初出場

小林、前週「中日クラウンズ」で初優勝を挙げた米澤蓮がフィールド入りし、予選ラウンドは河本力を加えた3人でプレーする。米澤のほか、22年賞金王の比嘉一貴、昨季シニアツアー賞金王の宮本勝昌、杉浦悠太らは大会初出場となる。
2024/04/19国内シニア

兼本貴司がシニア開幕戦を制す 片山晋呉は3打差2位

なったレギュラーツアー3勝のチェ・ホソン(韓国)は通算3アンダーの8位。レギュラー元賞金王の谷口徹は通算2アンダーの11位、藤田寛之は通算2オーバーの38位。昨季シニア賞金王の宮本勝昌は通算4オーバーの53位。米ツアー3勝の丸山茂樹は通算8オーバーの75位で終えた。
2024/04/18国内シニア

22年大会覇者の兼本貴司が首位発進 1打差2位に伊澤利光ら6人

セン(タイ)が1アンダー29位、レギュラー元賞金王の藤田寛之がイーブンパー39位。昨季シニア賞金王の宮本勝昌は1オーバー50位。米ツアー3勝の丸山茂樹は82位と出遅れた。 大会は2日間、36ホール競技で19日が最終日になる。
2024/03/09国内シニア

芹澤信雄が「マジェスティ」と用品使用契約

ツアーに参戦する傍ら、藤田寛之や宮本勝昌らの指導にもあたる。 芹澤はリリースで「かつて長くお世話になったマジェスティ様と再びご縁があり、クラブほか用品のご支援をいただけることになりましたことを大変