2019/05/11ダイヤモンドカップ

今週は同級生が…片山晋呉は宮本勝昌のVに「ありがたい」

時代の同期である宮本勝昌の2年ぶりの優勝だった。「僕らはね、15歳から一緒だから。互いを30年以上知っている。“うれしい”以上(の気持ち)だよね。『ありがたいなあ』と思う。この年でまだ僕も優勝争いが
2019/05/10ダイヤモンドカップ

M.L.シンが首位浮上 池村寛世ら2打差2位

優勝の宮本勝昌は通算6オーバーの82位、前年覇者の池田勇太は通算8オーバーの105位で予選落ちした。 なお、通算6オーバーで予選落ちした谷口徹が12番(パー3、215yd)で、国内男子ツアーの“令和初”となるホールインワンを決めた。
2019/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

前週Vの宮本勝昌に刺激 三ヶ島かな「勝ち方を分かっている感じ」

。 前週の男子ツアー「中日クラウンズ」では、同じブリヂストンファミリーの宮本勝昌が逆転で12勝目を挙げた。「ルーティンとか雰囲気が、勝ち方を分かっている感じ」とテレビの前でプレーにくぎ付けになった
2019/05/09ダイヤモンドカップ

タイのブーマが単独首位発進 シニア手嶋多一が2打差4位

、23歳の池村寛世がつけた。 50歳の手嶋多一、主催者推薦選考会を突破して出場の浅地洋佑、アマチュアの米澤蓮ら5人が2アンダーの4位で続いた。 昨年覇者の池田勇太は2オーバー35位。前週優勝の宮本勝昌は7オーバー127位と大きく出遅れた。
2019/05/08佐藤信人の視点~勝者と敗者~

気負いに勝った無心の境地

国内男子ツアー「中日クラウンズ」の勝者と敗者は、僅かな差で決着がつきました。宮本勝昌選手と今平周吾選手、2人の違いは本当に紙一重だったと思われます。 最終日の2人の表情は対照的でした。宮本選手はこれ
2019/05/07ダイヤモンドカップ

日亜ツアー共同主管試合 池田勇太が連覇を狙う

にとっては、日亜両ツアーのシード権は大きな魅力だ。 一方で前週の「中日クラウンズ」で優勝した46歳の宮本勝昌。シニア入りした手嶋多一、谷口徹らのベテランにも注目したい。 「中日クラウンズ」で腰痛を発症
2019/05/05中日クラウンズ

「勝たないとなにも残らない」今平周吾は無念の2位

。最終日のベストスコア「66」で通算8アンダーと追い上げたが、優勝した宮本勝昌には1打及ばず2位に終わった。 17番(パー3)で3mのバーディパットを沈めて通算9アンダーとした。単独首位に立ったが
2019/05/04中日クラウンズ

「令和初に乗っかりたい」宮本勝昌は1打差追う

◇国内男子◇中日クラウンズ 3日目(4日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70) 「昭和の男」を自認する46歳の宮本勝昌が「令和初優勝」に前進した。3日目は3アンダー
2019/05/02中日クラウンズ

“令和初”のアラカルト

宮本勝昌 大会初日を4アンダーの首位タイで終えた宮本勝昌が、令和初のヒーローインタビューへ登壇した。「頑張れば、令和一発目ということで名前を載せてもらえるかなと思った」というお祭り男の本領を発揮
2019/05/02中日クラウンズ

石川遼107位と出遅れ 宮本勝昌ら3人が首位

◇国内男子◇中日クラウンズ 初日(2日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70) 「令和」初戦初日。ツアー通算11勝の宮本勝昌と、初勝利を目指す貞方章男がともに5バーディ
2019/04/05ヤマハレディース葛城

志願で“芹澤一門”入り 林菜乃子の大きな第一歩

ツアー「京都レディースオープン」で優勝した。 今年2月には同じく芹澤に師事する元賞金王の藤田寛之らの葛城ゴルフ倶楽部での合宿に参加した。今大会会場に隣接する宇刈コースが中心だったが、「藤田さんや宮本