2019/11/14VISA太平洋マスターズ

宮里優作ら3人が首位発進 石川遼は出遅れ

「65」でプレーし、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、パク・サンヒョン(韓国)と首位に並んでスタートした。 4アンダーの4位に正岡竜二とY.E.ヤン(韓国)。3アンダーの6位に宮本勝昌が続いた
2019/11/09HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

チェ・ホソンが首位浮上 今平周吾が1打差

周吾がつけた。リチャード・ジョン(カナダ)とスコット・ビンセント(ジンバブエ)が通算7アンダーの3位で続いた。 2位から出た宮本勝昌は通算4アンダーで池田勇太らと並んで8位となった。
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

奇跡のノーボギー 宮本勝昌「全てがうまくいった」

たが、全てがうまくいった1日でした」と笑みを浮かべたのが47歳のベテラン宮本勝昌だ。 出だし1番でバーディ発進とすると、3番ではドライバーで328ydを記録。同組で今季ドライビングディスタンス平均1位
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮本勝昌が首位タイ発進 石川遼は出遅れ95位

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日(7日)◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226yd(パー71) 5月の「中日クラウンズ」以来の今季2勝目を狙う宮本勝昌が5バーディ
2019/08/31KBCオーガスタ

比嘉一貴が3打差首位で決勝へ 石川遼は8位

の首位で決勝ラウンドに進んだ。 通算12アンダーの2位に小田孔明、今平周吾、ハン・ジュンゴン(韓国)の3人。岩田寛ら3人が通算11アンダーの5位で続く。 石川遼は通算10アンダーの8位で、宮本勝昌、時松隆光、ニコラス・ファン(マレーシア)と並んだ。
2019/08/30KBCオーガスタ

比嘉一貴が暫定首位に浮上 石川遼は5打差7位

アンダーで小田孔明と今平周吾。岩田寛ら3人が通算11アンダーで追う。 3戦連続優勝を狙う石川遼は5バーディ、ボギーなしの「67」でプレー。通算10アンダーとし、宮本勝昌、時松隆光らと暫定7位で並んだ。 前年
2019/08/27KBCオーガスタ

石川遼が3試合連続Vへ 小平智は国内ツアー今季2戦目

3勝の池田勇太(09年、15年、17年)、藤田寛之(14年)、宮本勝昌(07年)ら歴代優勝者や、手嶋多一、小田孔明、時松隆光、和田章太郎ら地元の福岡勢も気合が入る。 今年も選手がそれぞれ気分の上がる
2019/07/02日本プロ

男子プロ日本一決定戦 谷口徹が連覇&大会4勝目を狙う

を飾った星野陸也、賞金ランキングトップを走るジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、同2位で昨季賞金王の今平周吾、今季勝利を上げている宮本勝昌、浅地洋佑、大槻智春、堀川未来夢らが男子プロ日本一を目指す
2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

68位小田龍一 予落小田孔明 予落藤田寛之 予落池田勇太 予落薗田峻輔 予落宮本勝昌 予落 セントアンドリュース 2009 スチュワート・シンク 久保谷健一 27位今田竜二 64位石川遼 予落池田
2019/06/06日本ツアー選手権森ビル杯

堀川未来夢が単独首位発進 復帰の石川遼は2オーバー62位

(南アフリカ)、22歳の鍋谷太一の3人がつけた。3アンダー5位に前週優勝争いを繰り広げた池田勇太とチャン・キム(米国)が続いた。 2アンダー7位に13番(パー3)でエースを達成した谷原秀人、大会2勝の宮本
2019/06/05日本ツアー選手権森ビル杯

日本勢では宮本勝昌が最上位 「全英」争いの行方は

につける46歳の宮本勝昌だ。今週の14位以上がジョーンズを上回るための最低ライン。出場となれば、2010年大会(スコットランド・セントアンドリュース)以来9年ぶり2度目となる。 昨年までの上位2枠から
2019/06/05

丸山&伊澤のW杯優勝ペアが“復活” 7月にツアー外のダブルス戦

れたNTTぷららのイベントで登壇し、2002年の「ワールドカップ」で優勝した丸山茂樹と伊澤利光、「チーム芹澤」の藤田寛之と宮本勝昌がそれぞれコンビを組んで出場すると明らかにした。 ほかに時松隆光、浅地洋佑、星野陸也、大槻智春、片岡大育らの若手実力者も出場する。
2019/05/11ダイヤモンドカップ

今週は同級生が…片山晋呉は宮本勝昌のVに「ありがたい」

時代の同期である宮本勝昌の2年ぶりの優勝だった。「僕らはね、15歳から一緒だから。互いを30年以上知っている。“うれしい”以上(の気持ち)だよね。『ありがたいなあ』と思う。この年でまだ僕も優勝争いが
2019/05/10ダイヤモンドカップ

M.L.シンが首位浮上 池村寛世ら2打差2位

優勝の宮本勝昌は通算6オーバーの82位、前年覇者の池田勇太は通算8オーバーの105位で予選落ちした。 なお、通算6オーバーで予選落ちした谷口徹が12番(パー3、215yd)で、国内男子ツアーの“令和初”となるホールインワンを決めた。
2019/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

前週Vの宮本勝昌に刺激 三ヶ島かな「勝ち方を分かっている感じ」

。 前週の男子ツアー「中日クラウンズ」では、同じブリヂストンファミリーの宮本勝昌が逆転で12勝目を挙げた。「ルーティンとか雰囲気が、勝ち方を分かっている感じ」とテレビの前でプレーにくぎ付けになった