2021/07/14GMOインターネット サマンサタバサグローバルカップ

古江彩佳は次週「エビアン選手権」出場 「全英女子」まで欧州遠征

。 すでにトップ選手に欠場者も出ている「エビアン選手権」には現段階で日本勢3人がエントリー。アマチュアの梶谷翼(滝川第二高3年)、米ツアーメンバーの上原彩子のほか、「世界ランキング上位40位まで」の
2021/07/10マラソンクラシック

畑岡奈紗が単独首位キープ 笹生優花は28位浮上

。 初日65位の笹生優花は7バーディ、3ボギーの「67」とし、通算4アンダーの28位に浮上した。 上原彩子は通算1オーバー79位、山口すず夏は7オーバー132位で予選落ちした。
2021/07/09マラソンクラシック

畑岡奈紗が10アンダー「61」で首位発進 笹生優花は65位

)、イエリミ・ノら5人が5アンダー3位で続いた。 前回大会覇者のダニエル・カンは1アンダー44位。 笹生優花は1バーディ、1ボギーの「71」で、イーブンパー65位とやや出遅れた。 上原彩子は5オーバー130位、山口すず夏は6オーバー137位で初日を終えた。
2021/07/07マラソンクラシック

五輪代表の笹生優花&畑岡奈紗が出場

果たした。 フィリピン代表として東京五輪に出場するメジャー覇者の笹生優花はLPGAツアーメンバーとなって2戦目。日本勢は五輪日本代表の畑岡奈紗のほか、上原彩子、山口すず夏が出場する。 世界ランキング上位は
2021/07/04ボランティア・オブ・アメリカクラシック

コ・ジンヨンが首位奪取 上原彩子は51位

4位で続いた。 上原彩子は2バーディ、3ボギーの「72」でプレーし、通算イーブンパーの51位で3日目を終えた。 山口すず夏は16ホールを持ち越していた第2ラウンドを「75」とし、通算5オーバーの111位で予選落ちした。
2021/07/03ボランティア・オブ・アメリカクラシック

スタート6時間遅れで日没順延 カストレン暫定首位、上原彩子43位

のトータル8アンダーで並んでいる。 33位から出た上原彩子は3バーディ、4ボギーの「72」でスコアを落としたが、通算1アンダー暫定43位と予選通過圏内でホールアウト。 初日88位から午後7時59分ティオフとなった山口すず夏は出だし10番でダブルボギー。通算3オーバー暫定99位で16ホールを持ち越した。
2021/07/02ボランティア・オブ・アメリカクラシック

世界1位陥落のコ・ジンヨン首位発進 上原彩子33位

が続き、初日トップ5のうち4人を韓国勢が占めた。 上原彩子はボギーなしの2バーディ「69」でプレー。世界ランク6位のキム・ヒョージュ(韓国)、昨年12月に行われた前回大会優勝のアンジェラ
2021/06/30ボランティア・オブ・アメリカクラシック

コ・ジンヨンが世界1位奪還へ 上原彩子と山口すず夏が出場

1位の座を奪われたコ・ジンヨン、キム・セヨン、イ・ジョンウン6ら未勝利が続く実力者がフィールドに名前を連ねた。 日本勢は上原彩子、山口すず夏がエントリー。米ツアーメンバーの笹生優花、2017年大会優勝の野村敏京も出場しない。
2021/06/26全米女子プロ

ネリー・コルダが単独首位 笹生優花32位 渋野日向子57位で決勝へ

出遅れた渋野日向子は「70」で回り、通算2オーバー。上がり2ホールをバーディ、イーグルで締めくくり、57位で今季のメジャーで初めて決勝ラウンドに進んだ。 畑岡奈紗は1バーディ、1ボギーの「72」で通算3オーバーからスコアを動かせず71位。8オーバー120位の上原彩子とともに予選落ちした。
2021/06/25全米女子プロ

メジャー覇者・笹生優花は6打差39位でスタート 畑岡奈紗75位

ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)らと並び3オーバー75位で初日を終えた。 午後にプレーした渋野日向子と上原彩子はともに「76」で回り4オーバー。大会連覇がかかるキム・セヨン(韓国)らと同じ93位と巻き返しが求められる。
2021/06/25全米女子プロ

【速報】渋野日向子、上原彩子は初日4オーバー

ボギーの「76」で回り、4オーバーで第1ラウンドを終えた。ホールアウトした時点では暫定96位だった。2オーバーで折り返して迎えた後半アウトはバーディを奪えず、1番と6番でボギーを喫した。 上原彩子は…
2021/06/19マイヤーLPGAクラシック

初日首位タイの畑岡奈紗は伸ばせず25位後退

落としたが、後半8番(パー5)でイーグルを奪ってパープレーにまとめた。 前回2019年大会優勝のブルック・ヘンダーソン(カナダ)は「67」も2アンダー73位でカットラインに1打届かず予選落ち。 上原彩子は連日の「74」で4オーバー129位に沈み、決勝ラウンドへ進めなかった。
2021/06/18マイヤーLPGAクラシック

畑岡奈紗が「65」で首位タイ発進

で2位に入った相性の良い地で絶好のスタートを決めた。 李旻(台湾)が1打差の5位。エイミー・オルソン、ソフィア・ポポフ(ドイツ)ら4人が5アンダー6位で続いた。 レキシー・トンプソン、ジェシカ・コルダら9人が4アンダー10位グループを形成した。 上原彩子は2オーバー123位と大きく出遅れた。