2017/03/02ダイキンオーキッドレディス

2年連続賞金女王イ・ボミ 韓国でのリアルな人気は?

日時点)いる。ある韓国人記者は、世界ランク3位で韓国勢トップのチョン・インジや、リオデジャネイロ五輪の金メダリスト朴仁妃のほうが人気は高いと指摘。「いまはボミが雑誌の表紙を飾ることはない。韓国勢は米国
2017/02/21ホンダLPGA

予選落ちなしの4日間大会 宮里藍、野村、畑岡が出場

(韓国)ら世界トップランカーたちが集結。また、昨年8月「リオデジャネイロ五輪」で金メダルを獲得した朴仁妃(韓国)がエントリー。同年6月「KPMG女子PGA選手権」以来のツアー復帰戦となる。
2017/02/15ジェネシスオープン

松山英樹が東京五輪会場に言及「霞ヶ関でやってほしい」

た。同CCは7日に理事会を開催したが、結論には至らなかった。 松山は2016年の「リオデジャネイロ五輪」の出場を辞退したが、20年大会については出場に強い意欲を見せている。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)
2017/02/05WMフェニックスオープン

松山英樹が追うのは同世代の“韓国ナンバー2”

位)に次ぐ2番目。昨年には「リオデジャネイロ五輪」にも出場した。父・安宰亨さん、中国人の母・焦志敏さんはともに卓球で五輪メダルを持つアスリートのサラブレッドだ。(アリゾナ州スコッツデール/桂川洋一)
2017/01/27ファーマーズインシュランスオープン

復帰戦のウッズは133位 松山英樹47位、石川遼117位

。 松山英樹、石川遼もサウスコースをプレーした。松山は1イーグル2バーディ、3ボギー「71」で1アンダー47位。石川は3バーディ、5ボギー「74」で2オーバー117位となった。 昨年のリオデジャネイロ五輪
2017/01/02ヨーロピアンツアー公式

リオ五輪金メダリストのローズが新年叙勲者リスト入り

五輪金メダリストのジャスティン・ローズが、8月のリオでの快挙を受け、2017年女王陛下新年叙勲者リスト入りを果たした。 ローズは昨夏、リオデジャネイロ五輪で栄冠を勝ち取り、MBE(大英帝国勲章
2016/12/25ヨーロピアンツアー公式

2016年を振り返る:ヘンリック・ステンソン編

を持続させるよう決意を固めた。 銀色の輝き リオデジャネイロでスウェーデンを代表してプレーする誇りを胸に、ステンソンはキャリア初となるオリンピック男子ゴルフ競技で銀メダルを獲得した。 世界中のファン
2016/12/24

GDO編集部が選ぶ 2016年ゴルフ10大ニュース(女子編)

する缶バッヂを製作し、ロリー・マキロイやリッキー・ファウラーらが身に着けてプレーしました。 ■9位 116年ぶり復帰の「リオ五輪」 野村敏京が健闘の4位 8月「リオデジャネイロ五輪」で116年ぶりに
2016/12/20世界ランキング

金メダリストがトップ10陥落/女子世界ランキング

棄権は3試合)。約2カ月ぶりの出場だった8月の「リオデジャネイロ五輪」で金メダルを獲得した後、再び試合から遠ざかっている。 日本勢の1番手は21位の野村敏京。38位で笠りつ子、43位で鈴木愛が続いている。
2016/12/16ヨーロピアンツアー公式

ダニー・ウィレット BBC年間最優秀スポーツ選手賞の候補に

アンディ・マレーを含む13人の2016年リオデジャネイロオリンピック及びパラリンピックのメダリストが含まれ、今回の候補者で五輪及びパラリンピックの金メダリストでないのは、サッカー選手のギャレス・ベイルと
2016/12/15ヨーロピアンツアー公式

2016年ヨーロピアンツアー年間最優秀選手はステンソン

日間を通算20アンダーの「264」で回り、メジャー最小スコア記録を塗り替えた。 8月には、ステンソンは舞台をリオデジャネイロ五輪に移して、ジャスティン・ローズと同じようにバトルを繰り広げ、この際は敗れ
2016/12/09

錦織圭が松山英樹に聞きたかった「東京五輪は?」

こっちだ!』なんて」と苦笑いする場面もあった。 錦織が「一番聞いてみたかった」と言うのが、ことしのリオデジャネイロ五輪を欠場した松山に対する、2020年・東京大会への出場意志。その問いに「東京には出たい
2016/11/30オーストラリアPGA選手権

アダム・スコットが母国開催の欧州ツアー開幕戦に出場

出場していたが、主戦場の欧州ツアーの試合はなかった。 昨年は、地元のネーサン・ホルマンが3人によるプレーオフを制した。昨年8月「リオデジャネイロ五輪」で2日目まで首位を走ったマーカス・フレイザー(オーストラリア)らも優勝を狙…
2016/11/21大王製紙エリエールレディス

イ・ボミが最終戦を前に達成した“もう一つの”目標とは?

」 今大会で2年連続の2億円超えの夢は絶たれた。だが、「まったく考えてなかったです」と言うのは本音だ。今年、最大の目標としていた8月の「リオデジャネイロ五輪」に出場するため、海外の試合に積極的に参加し