2020/01/22オメガドバイデザートクラシック

今平周吾がドバイへ 川村昌弘もUAEで連戦

、トミー・フリートウッド(イングランド)、シェーン・ローリー(アイルランド)、ヘンリックステンソン(スウェーデン)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)といった実力者が顔をそろえるハイレベルなフィールドと
2020/01/19SMBCシンガポールオープン

大きなトリプルボギーパット 五輪メダリストたちは強かった

・クーチャーが窮地で強さを見せた。4打あったリードを一時は失いながら、終盤に挽回して日亜ツアー初優勝。2位には同金メダリストのジャスティン・ローズ(イングランド)が入り、銀のヘンリックステンソン
2020/01/18SMBCシンガポールオープン

オリンピアンと卓球対決も クーチャーは「日本に行きたい」

シンガポール。ジャスティン・ローズ(イングランド)とヘンリックステンソン(スウェーデン)は今大会が新年最初の試合である一方で、マット・クーチャーはすでに2試合をこなしてきた。試合勘ばっちりで、通算8
2020/01/16SMBCシンガポールオープン

星野陸也が暫定2位、石川遼15位 雷雨中断で日没サスペンデッド

(イングランド)、ヘンリックステンソン(スウェーデン)ら6人が並んだ。 昨年賞金ランク3位の石川遼は3バーディ、1ーボギーの「69」で回り、池田勇太、市原弘大、稲森佑貴らと同じ2アンダーの暫定15位タイで終えた。 2日目は午前7時40分に第1ラウンドを再開し、第2ラウンドは同8時に開始する予定。
2020/01/16SMBCシンガポールオープン

【速報】2020年シーズン開幕 石川遼はパー発進

ワタナノンド(タイ)と同組でティオフ。2アンダー首位に2ホールを消化したキム・ジュヒョン(韓国)とヘンリックステンソン(スウェーデン)が立っている。
2020/01/14SMBCシンガポールオープン

2020年の国内男子開幕戦 シンガポールに五輪メダリストが集結

は2016年の「リオデジャネイロ五輪」のメダリストたち。金メダルのジャスティン・ローズ(イングランド)、銀のヘンリックステンソン(スウェーデン)、銅のマット・クーチャーが出場する。 前年アジアン
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

ブライソン・デシャンボーをはじめ、かつての大会王者であるトーマス・ビヨーン、ラファ・カブレラベロー、セルヒオ・ガルシア、李昊桐、ヘンリックステンソン、そしてダニー・ウィレットらが出場する予定。また
2020/01/06ヨーロピアンツアー公式

2020年ヨーロピアンツアー 基本ガイド

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」は今季も引き続きメジャー9勝のゲーリー・プレーヤーが大会ホストを務め、ヨーロピアンツアーにおける新方式の大会となる「スカンジナビアンミックス」では、スウェーデンのスター選手である、ヘンリック
2019/12/10ヨーロピアンツアー公式

2019年シーズン名言集/欧州ツアー

は簡単な質問だ。3番ウッドだよ」―ヘンリックステンソン 単純な質問と強烈な回答。ヘンリックを愛さずにいられようか。 「僕にとって、あれは人生で最高のショットの一つだった。特別なショットだったね
2019/12/08ヒーローワールドチャレンジ

ステンソンが逆転優勝 大会ホストのウッズは4位

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 最終日(7日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) 2位から「66」でプレーしたヘンリックステンソン(スウェーデン)が1打差
2019/12/07ヒーローワールドチャレンジ

ウッズは2打差3位で最終日へ 罰打のリードは後退

アンダーの2位にヘンリックステンソン(スウェーデン)が続いた。 前年覇者のジョン・ラーム(スペイン)は「69」とし、ウッズ、ジャスティン・トーマスと3位に並んで2打差を追う。 首位から出たパトリック
2019/12/06ヒーローワールドチャレンジ

ウッズ「66」で5位に浮上 リードが単独首位

・ウッドランド。通算8アンダーの3位に、ヘンリックステンソン(スウェーデン)と前年覇者のジョン・ラーム(スペイン)が続いた。 ウッズと同じ5位タイに、ジャスティン・トーマスとリッキー・ファウラーが並んだ。
2019/12/05ヒーローワールドチャレンジ

ウッズは6打差11位でスタート ウッドランドら首位

。3アンダーの4位に、ジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラー、ジャスティン・ローズ(イングランド)、ヘンリックステンソン(スウェーデン)の4人が並んだ。 前年覇者で世界ランキング3位のジョン
2019/10/12ヒューストンオープン

長年の相棒とお別れ ステンソンの新たな3Wは?

1Wを握らず、主にフェアウェイウッドでティショットを打つスタイルで知られる2016年「全英オープン」覇者のヘンリックステンソン(スウェーデン)が、長年使用してきた3Wに別れを告げたことを9日、自身