2014/04/16PGAコラム

光明が差した時(1) /ペイン・スチュワート

。米国ツアーでは4度プレーオフに持ち込むも全て負けに終わった(対ピーター・ジェイコブソン、ボブ・イーストウッド、ダンポール、そしてフィル・ブラックマー)。 そして、勝てない選手の印象はさらに強まって
2013/10/09ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズ:組合せ情報

ダンヒル・リンクス選手権で、7年ぶりの優勝を飾ったデビット・ハウエル(イングランド)は、ポール・ローリー(スコットランド)とミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)と共に午後1時にティオフする。 次の
2014/10/04ヨーロピアンツアー公式

ジャクリンが単独首位で大会を折り返す

連続バーディでラウンドを締め括ったラファエル・ジャクリンが単独首位で「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」を折り返した。 フランス出身でヨーロピアンツアー4勝のジャクリンは、キングスバーンを
2013/11/20ヨーロピアンツアー公式

ユーラインがルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ヨーロピアンツアー初シーズンで初優勝を果たし、レース・トゥ・ドバイでも14位に入るなど素晴らしい成績を残した米国のピーター・ユーラインがサー・ヘンリー・コットン・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した
2014/12/17ヨーロピアンツアー公式

マキロイがヨーロピアンツアー年間最優秀ゴルファーに選出

)、北アイルランドのロリー・マキロイ(5月、7月、8月)、ドイツのマルティン・カイマー(6月)、アイルランドのポール・マッギンリー(9月)、イングランドのオリバー・ウィルソン(10月)、そしてスウェーデンのヘンリック・ステンソン(11月)。
2013/10/13ヨーロピアンツアー公式

初優勝に向け絶好の位置につけたワリング

、「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」のキングスバーンを12アンダーでラウンドした米国のピーター・ユーライン以来となる、欧州ツアーでは今季2回目の「60」を記録した。 カットラインを僅か一打の差で
2015/11/27ヨーロピアンツアー公式

バソンがレオパルドクリークで首位発進

南アフリカでの「アルフレッド・ダンヒル選手権」で「レース・トゥ・ドバイ」の新シーズンが幕を開け、大会初日は地元南アフリカのクリスチャン・バソンが3打差の首位に立つ展開となった。 2016年シーズンの
2017/07/17ヨーロピアンツアー公式

カブレラベローがスコットランドで5年ぶり勝利

デザートクラシック」以降、2位に6度入っていたスペインのカブレラベローは、プレーオフでカラム・シンクィンを下し、ダンドナルドリンクスでツアー3勝目を手にした。 最終日にコースレコードの「64」をたたき出し
2014/10/07ヨーロピアンツアー公式

歴代王者がポルトガル・マスターズに集結

、「マスターズ」2勝のホセ・マリア・オラサバル、そしてメジャー2勝のポール・ローリーとダレン・クラークである。 2週間前、グレンイーグルスでポール・マッギンリー率いる欧州代表が大成功を収めた際、副キャプテンを
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

ポールダン (2017年「ブリティッシュマスターズ」) サイモン・ソーントン (2013年「ナジェティホテルゴルフオープン」) ピーター・ローリー (2008年「スペインオープン」) ダミアン
2003/08/15

今年の全米女子アマ

、2002年NCAAディビジョンI、女子選手権を優勝した。しかし彼女が全米のエリートの一員であるという事に対して、近日父親になるコーチの伯爵、ダン・ブルックスは多少苦戦している。 「彼女は非常に良い子で
2015/01/16ヨーロピアンツアー公式

カイマーのアブダビへの愛は続く

カイマーは、9番と12番で叩いたボギーを物ともせず、この日は10個のバーディを奪った。 調子の安定しなかったジャスティン・ローズ、ディフェンディングチャンピオンのパブロ・ララサバルと同組でラウンドした
2013/10/22PGAコラム

パワーランキング:CIMBクラシック

使用している。 パワーランキング 1、フィル・ミケルソン このベテランレフティーが長年プレーしたいと望むなら、今週はオフにする選択肢もあった。しかし彼はいつもアジアへの遠征に積極的に参加している
2016/01/23ヨーロピアンツアー公式

サリバンがアブダビで暫定首位に浮上

。 シーズン開幕戦の「アルフレッド・ダンヒル選手権」で5位タイに入って以来の大会出場となったユースト・ラウテンは2日目を「68」でラウンドし、通算7アンダーの3位タイにつけている。 10番スタートとなった
2019/12/02ヨーロピアンツアー公式

ララサバルが痛みをこらえ復活優勝

パブロ・ララサバル(スペイン)がドラマチックな結末で「アルフレッド・ダンヒル選手権」を制覇し、2015年「BMWインターナショナル・オープン」以来、4年ぶりの復活優勝を飾った。ツアー通算5勝目
2017/03/29ヨーロピアンツアー公式

7月にステンソンのスコットランド凱旋が決定

昨年「全英オープン」王者のヘンリック・ステンソンが、7月13日から16日にかけてダンドナルドリンクスで開催される「アバディーンアセットマネジメントスコットランドオープン」への出場を決め、キャリア最大
2003/10/09ラスベガスインビテーショナル

初日からバーディラッシュ! 横尾要が6アンダー19位!!

伸ばした。フィル・ミケルソン、マイク・ウィアに次ぐ第3のレフティーとして今年5月の「HPクラシック」でツアー初優勝を果たしている。 連続バーディではアップルビーの方が1つ上回った。1番からスタートした
2017/03/08佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑230>トーマス・ピータース(前編)

コンビネーションにひらめき、“欧州の最強ペア”として戦術を変更した。2日目も午前、午後ともに送り出し、午前はフィル・ミケルソン、リッキー・ファウラー組を4&2、午後はブルックス・ケプカ、ジョンソン組に3&1で連勝し