2019/05/06ウェルズファーゴ選手権

28歳ホマがツアー初優勝 松山英樹は31位

・ダーメン。ジャスティン・ローズ(イングランド)が通算11アンダーの3位。セルヒオ・ガルシア(スペイン)、リッキー・ファウラー、ポールケーシー(イングランド)、ジェイソン・ダフナーが9アンダーの4位に
2019/05/15全米プロゴルフ選手権

全米プロのドラコン王者はマックス・ホマ

たシェーン・ローリー(アイルランド)、パトリック・リード、テキサス州のクラブプロ、ラッセル・ケーシーが並んだ。 同大会では1952年から80年代までドラコン大会を実施し、2014年大会からイベントが
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

) ライアン・アーマーキャメロン・スミスピーター・ユーライン 1:54(03:54) ポール・ダンJ.B.ホームズディラン・フリッテリ 2:05(04:05) チャールズ・ハウエルIIIジェイソン
2019/03/30WGCデルマッチプレー

ウッズ、マキロイらが決勝T進出 松山と小平は初白星

・モリナリ(7)-ポールケーシー(11) ルイ・ウーストハイゼン(20)-マーク・レイシュマン(18) 李昊桐(38)-ケビン・キズナー(50) タイガー・ウッズ(14)-ロリー・マキロイ(4
2019/03/31WGCデルマッチプレー

【速報】ウッズがマキロイ下し準々決勝進出 ベスト8出そろう

&4でポールケーシー(イングランド)に圧勝した。 セルヒオ・ガルシア(スペイン)はブランデン・グレース(南アフリカ)を1UPで退けた。 午後の準々決勝でベスト4が決まる。あすの最終日に準決勝、決勝、3位決定戦を行う。
2019/02/13佐藤信人の視点~勝者と敗者~

期待高まるペブルビーチでの生涯グランドスラム

、最終日に予定された日曜日(10日)が朝から大荒れの天気。最終組のスタート前にはヒョウが降り、3時間もの遅れでティオフとなりました。この時点で首位のポールケーシー(イングランド)とは3打差。初めから
2019/03/31WGCデルマッチプレー

ウッズは準々決勝敗退 伏兵ビェルレガードに敗れる

フランチェスコ・モリナリ(イタリア)が、ポールケーシー(イングランド)との1回戦を5&4、ケビン・ナとの準々決勝を6&5といずれも圧勝した。 前年大会は決勝戦で敗れたケビン・キズナーが李昊桐(中国)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)を下して世界選手権シリーズ(WGC)初優勝に近づいた。
2019/03/21バルスパー選手権

米国新拠点もあと押し 小平智「ゴルフも落ち着けると思う」

ポールケーシー(イングランド)は、今大会の会場であるカッパーヘッドコースを、“マスターズに向けた最高の準備になる”コースという。ピンポイントに狙いと球筋を決めて打っていくことが求められる。決して力で
2019/03/23バルスパー選手権

【速報】小平智は通算1アンダーで予選通過へ

4つのボギーを喫し、後退した。 11番(パー5)と16番でバーディを奪い、盛り返した。 通算6アンダーでホールアウトしたポールケーシーとオースティン・クックが首位に立っている。
2019/02/12AT&Tペブルビーチプロアマ

2人だけの月曜決戦 ミケルソンが通算44勝目

「65」でまとめたフィル・ミケルソンが通算19アンダーで今季初優勝、ツアー通算44勝目を飾った。11日(月)午前8時の再開後、残りの2ホールをパー、バーディとした。同じ最終組で回ったポールケーシー
2019/02/13ヨーロピアンツアー公式

タイの23歳が波乱を起こす? パースで注目の3人

かもしれないが、彼のプレーの好調ぶりは一目瞭然である。ジャズ・ジェーンワタナノンドは直近の5大会でトップ5入りを4度果たしており、これにはセルヒオ・ガルシア、ポールケーシー、そしてマシュー
2019/02/25WGCメキシコ選手権

D.ジョンソンが節目の20勝目 ウッズ10位、松山英樹19位

。 通算16アンダーの2位にロリー・マキロイ(北アイルランド)。通算11アンダーの3位にポールケーシー、イアン・ポールター(ともにイングランド)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)の3人が続いた。 5年
2019/02/10AT&Tペブルビーチプロアマ

キャリア最長の“トップ10なし” スピースの泰然自若

。18番(パー5)では第1打を左の太平洋岸に打ち込んでダブルボギーをたたいたジョーダン・スピースは失望感たっぷりに言った。3日間の予選ラウンドを終えて、首位のポールケーシー(イングランド)とは8打差
2019/01/22佐藤信人の視点~勝者と敗者~

世界トップクラスの資質 藤本佳則の“慎重さ”

ことはなかったように思います。 大会3日目に世界ランキング23位の招待選手ポールケーシー、最終日では同39位のマシュー・フィッツパトリック(ともにイングランド)と同組でした。特に3日目のケーシーとの