最近のニュース 新着一覧≫


2021/03/01PGAツアーオリジナル

1WはエピックSPEED ブランデン・グレースの優勝ギア

◇米国男子◇プエルトリコオープン 最終日(28日)◇グランドリザーブCC (プエルトリコ)◇7506yd(パー72) ブランデングレース(南アフリカ)が上がり2ホールでイーグル
2016/05/11佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑199>ブランデン・グレース(後編)

候補を予想するとジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、昨年優勝のリッキー・ファウラー、ダスティン・ジョンソンらが浮かぶ。だが今年の注目は4月に米国初優勝したばかりの南ア出身ブランデン
2016/05/04佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑198>ブランデン・グレース(前編)

ブレンダン・グレース ショットメーカーと言えば、最注目はブランデングレース(27)だ。マスターズ翌週のヘリテージでツアー初優勝。その開催コースは今大会の南に接するサウスカロライナ州ハー
2021/02/28プエルトリコオープン

カンポスが地元プエルトリコで初Vへ首位 小平智は32位

・パーシー(オーストラリア)、ブランデングレース(南アフリカ)が1打差3位。首位から出たブランドン・ウーは「71」で通算12アンダーと伸ばしあぐね、アンドリュー・パットナム、ネルソン・レスマ
2016/02/01ヨーロピアンツアー公式

ブランデン・グレースに関する事実

5度目。これまでダレン・フィチャート(2003年)、アーニー・エルス(2005年)、レティーフ・グーセン(2007年)、そしてブランデングレース(2015年、2016年)が同大会を制覇している
2021/02/27プエルトリコオープン

小平智が38位で予選通過 首位ブランドン・ウーとは8打差

ブランドン・ウーが6バーディ、1ボギーの「67」で通算11アンダーの単独首位に浮上した。 1打差2位にグレッグ・チャルマース(オーストラリア)。通算9アンダー3位でブランデングレース(南アフリカ)と
2020/09/14全米オープン

2020年「全米オープン」出場者&資格

・ホマ トーマス・ピータース ホアキン・ニーマン J.T.ポストン ハリス・イングリッシュ ケビン・ストリールマン マティアス・シュワブ アレックス・ノレン マット・ジョーンズ ポール・ワーリング ブランデングレース ロリ…
2015/11/26ヨーロピアンツアー公式

母国での厳しい試練を予想するグレース

ブランデングレースは2015年の勢いをヨーロピアンツアーの新シーズンに持ち込みたいと思っているが、それを「アルフレッド・ダンヒル選手権」で実現するには、開催コースのスペシャリストであるシャール
2020/09/26コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

スワッフォード単独首位 ドミニカ大会は熱中症で棄権者も

ブランデングレース(南アフリカ)らと並び、予選落ちとなった。 昨季にあたる3月からコロナ禍で延期されたドミニカでの一戦。蒸し暑いコンディションとなり、ロバート・ガリガスが熱中症を訴えて棄権した。
2015/11/17ヨーロピアンツアー公式

「レース・トゥ・ドバイ」栄冠は誰の手に?

・ウィレットがトップの座を懸けてデッドヒートを繰り広げてきた一方、ジャスティン・ローズ、シェーン・ローリー、ルイ・ウーストハイゼン、ブランデングレース、そしてアン・ビョンフンにも数字上では念願の欧州
2016/01/09ヨーロピアンツアー公式

猛チャージのグレース、嵐に水を差される

「BMW南アフリカオープン」2日目は、ブランデングレースが猛チャージをかけてリーダーボードのトップに上り詰めたところで雷雨により、プレーが翌日に持ち越されることとなった。 サンシャインツアーで3勝
2020/01/14ヨーロピアンツアー公式

“アメイジング・グレース”が母国で復活優勝

最終日に「62」をマークする圧巻のパフォーマンスを見せたブランデングレースがディフェンディングチャンピオンのルイ・ウーストハイゼンを退け、「南アフリカオープン」を制覇した。 地元南アフリカ出身の2
2017/11/13ヨーロピアンツアー公式

“アメージング・グレース”がサンシティで戴冠

最終日に見事「66」をマークして地元ファンを沸かせたブランデングレースが「ネッドバンクゴルフチャレンジ」を制覇し、ヨーロピアンツアー8勝目を挙げた。 ゲーリー・プレーヤーCCにエリート級の
2015/01/24ヨーロピアンツアー公式

魔法の瞬間を演出し優勝争いに踏み止まったグレース

この日一番のショットを放った南アフリカのブランデングレースが、首位タイでドーハでの「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」3日目のラウンドを終えた。 今季は既に「アルフレッド・ダンヒル選手権」で