2016/08/27RIZAP KBCオーガスタ

石川遼、2打差首位で最終日へ 完全優勝に王手

アンダーとして首位を守った。後続とは2打差。昨年12月の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に続くツアー通算14勝目、初日からの首位を守りきる完全優勝を射程にとらえた。 通算10アンダー2位にブラッド
2014/05/20関西オープンゴルフ選手権競技

開催時期変更を経てトッププロ集結 関西伝統の一戦

。 ディフェンディングチャンピオンはブラッドケネディ(オーストラリア)。昨年は最終日が雨のため中止となり、54ホールでのリードが活きた。池田勇太、小田孔明、片山晋呉、谷原秀人、藤田寛之、宮里優作らトッププロが
2012/11/25カシオワールドオープンゴルフトーナメント

あと一歩及ばず…上井邦浩は2位 最終戦出場者が決定

、小田孔明、キム・キョンテ、谷原秀人、久保谷健一、上平栄道、武藤俊憲、ハン・リー、上井邦浩、片山晋呉、キム・ドフン、H.W.リュー、B.ケネディ、山下和宏、近藤共弘、小田龍一、小林正則、呉阿順、J.チョイ
2016/09/04フジサンケイクラシック

【速報】石川遼、首位と7打差に後退し後半へ

を終えた時点で、首位は通算9アンダーのチョ・ミンギュ(韓国)。同じ最終組のブラッドケネディ(オーストラリア)が通算6アンダーの2位につける。10番を終えた宮本勝昌が通算5アンダーの3位。最終組の片岡
2013/12/01カシオワールドオープンゴルフトーナメント

来季賞金シードと最終戦出場選手が決定

出場予定選手】 松山英樹、片山晋呉、小田孔明、谷原秀人、池田勇太、藤本佳則、呉阿順(中国)、薗田峻輔、小林正則、B.ケネディ(オーストラリア)、近藤共弘、S.K.ホ(韓国)、キム・キョンテ(韓国
2015/08/27RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

池田勇太が今季初の首位発進

スタートとなった。 片岡大育と横田真一、ブラッドケネディ(オーストラリア)が5アンダーとして3位で続いた。小平智は1イーグル、4バーディとスコアを伸ばしていたが、17、18番の上がり2ホールを連続
2016/11/26カシオワールドオープン

池田勇太が初の賞金王へトップを快走

チャンピオンで、6バーディ、1ボギーの「67」でプレーした高山忠洋。5打差の8アンダーにデビッド・オー、スンス・ハン、ブラッドケネディ(いずれも米国)が続いている。 池田に472万円差で賞金ランク2
2017/11/23カシオワールド

片岡、時松、谷口が首位発進 小平智は大きく出遅れ

、ドンファン(ともに韓国)の2人。2アンダーの6位に今平周吾、岩田寛、香妻陣一朗、小池一平、上平栄道、チョ・ミンギュ、J.B.パク(ともに韓国)、ブレンダン・ジョーンズ、ブラッドケネディ
2017/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

BJとキューが首位で最終日へ 宮本3打差、藤本&小平4打差

決めるなど独走態勢を築いたが、終盤17番でトリプルボギーをたたいた。 首位に1打差の3位にショーン・ノリス(南アフリカ)とスンス・ハン(米国)。ブラッドケネディ(オーストラリア)が、さらに1打差の5
2015/09/05フジサンケイクラシック

金庚泰のリードは4打差に 川村昌弘は3位からの追撃

奪うなど「68」で回り、通算11アンダーとして今季3勝目に王手をかけた。2位のブラッドケネディ(オーストラリア)に4打差をつけている。 トップからは5打差の通算6アンダー3位に、2年ぶりとなるプロ2勝
2016/09/03フジサンケイクラシック

【速報】石川遼は荒れた展開 首位と4打差でバックナインへ

。首位との差は4打に開き、バックナインへと折り返した。 最終組の1つ前で回る石川は、現時点で5位タイとなっている。 通算7アンダーで首位に立つのは、前週石川に敗れて2位となったブラッドケネディ
2017/10/12日本オープン

小平智と浅地洋佑が首位発進 石川遼は61位

楽しかった」と言うが、コースと対峙する姿は自信に満ちている。「例えば11番なんかも、遼は(第1打で)1Wを持っても、自分はアイアンと決めている」と、ぶれる様子はない。 2打差の4アンダー3位にブラッド
2017/11/09太平洋マスターズ

小平智が「63」でトップ発進 石川遼は出遅れ

及ばなかったものの、ターゲットは昨年、松山英樹が記録した通算23アンダーの優勝スコア。「まだ気が早いし、天候もある。毎日5アンダーを目標にしたい」と意気込んだ。 高山忠洋、ブラッドケネディ
2013/09/29アジアパシフィック パナソニックオープン

20歳の川村昌弘が逆転でツアー初優勝!

のトリプルボギー。しかし、13番から3連続バーディを奪って、2009年「全米プロ」覇者の意地を見せて3位に食い込んだ。 日本勢で川村に続いたのは通算5アンダーの貞方章男で、B.ケネディ(オーストラリア)、リャン・ウェンチョン…
2013/09/29アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン

20歳の川村昌弘が逆転でツアー初優勝!

のトリプルボギー。しかし、13番から3連続バーディを奪って、2009年「全米プロ」覇者の意地を見せて3位に食い込んだ。 日本勢で川村に続いたのは通算5アンダーの貞方章男で、B.ケネディ(オーストラリア)、リャン・ウェンチョン…
2019/12/05日本シリーズJTカップ

星野陸也が首位スタート 賞金王争うノリス2位 今平4位

。勝てれば、そういうものは後からついてくる」と今季2勝目への決意をにじませた。 4アンダーの2位に、賞金ランキング2位で逆転タイトルには優勝が条件となるショーン・ノリス(南アフリカ)と、ブラッド
2019/05/04中日クラウンズ

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢とブラッドケネディ(オーストラリア)が続いた。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎、今平…
2020/02/29ニュージーランドオープン

韓国の17歳がトップ 木下稜介は4打差の6位

)と欧州ツアー通算1勝のルーカス・ハーバート(オーストラリア)が通算15アンダーの首位に並んで最終日を迎える。2打差の通算13アンダー3位に日本ツアー通算3勝のブラッドケネディ(オーストラリア)が