2019/09/16優勝セッティング

高精度のショットで独走V 畑岡奈紗の優勝ギア

ただひとり。2位に8打差をつける圧勝で国内メジャー3勝目を達成した4日間のスタッツは、フェアウェイキープ率が78.6%で全体19位。パーオン率は86.1%で同1位を記録した。 大会開幕前の火曜日、畑岡
2019/08/12優勝セッティング

パッティングが安定 ペ・ソンウのツアー初優勝を支えたギア

プレーオフでテレサ・ルー(台湾)を破り、ツアー初優勝を果たした。 大会を通じてのフェアウェイキープ率は79%、パーオン率は76%とショットも安定したが、李進伍キャディは「今週はパットでミスをしなかった」と
2020/07/03中古ギア情報

11代続く個性豊かな「アッタス」シリーズ【中古で最適シャフト -USTマミヤ編-】

、ヘッドの入射角が安定するので、フェアウェイウッドに入れてもいいだろう。程度と長さにもよるが1万円台からが相場だ。 同じメーカーでも、モデルが違えば性能は真逆になることもある。メーカーで決めず、自分にあったモデルを探すことが、リシャフト成功の…
2019/08/19優勝セッティング

穴井詩 2年ぶりVは自腹購入のアイアンで

ツアー3勝目を挙げた。3日間を通し、1イーグル16バーディと攻めのゴルフを披露した。ドライビングディスタンスは278ydで1位をマークし、今大会でも飛ばし屋の本領を発揮した。フェアウェイキープ率は64
2019/07/15優勝セッティング

三菱ケミカルの最新シャフトで初優勝 S.ランクンの14本

)が首位に1打差の3位からスタートして「67」でプレー。2位に3打差をつける通算15アンダーで逆転し、初優勝をあげた。 「ドライバーが本当によかった。250ydのティショットでフェアウェイをキープできる
2019/07/22優勝セッティング

ショットメーカー小祝さくらの初優勝を支えた14本

、平均飛距離は243ydだった。 ショットメーカーぶりを発揮した。フェアウェイキープは66%といまひとつだったが、パーオン率は83%で全体4位と2打目以降でカバーした。何度もピンを刺したアイアンは
2019/09/30優勝セッティング

武藤俊憲の4季ぶりVを呼んだ 9月新発売のアイアン

ミズノプロ モデル―S ドライバー(9.5度) シャフト:藤倉コンポジット スピーダーTR757(硬さX、長さ44.75インチ) フェアウェイウッド:タイトリスト 917F2 フェアウェイウッド(3
2019/08/06優勝セッティング

42年ぶり快挙 メジャーを制した渋野日向子の14本

> ドライバー:ピン G410 プラス ドライバー(10.5度) シャフト:藤倉コンポジット 569 スピーダーエボリューション6(44.75インチ、硬さSR) フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイ
2019/07/02優勝セッティング

ランの出にくいコースで新1W投入 星野陸也の優勝ギア

.10ydのドライビングディスタンスを記録する第1打は、キャリーを含め数yd伸びた感触がある。「あとは、最近飛ばすだけじゃなくて、飛ばしてフェアウェイにもしっかり置けるように意識している」と3日間で全体
2019/08/26優勝セッティング

石川遼「安心感がある」不動の14本で初の2試合連続V

> ドライバー:エピック フラッシュ ドライバー トリプルダイヤモンド(9.5度) シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT(7、45インチ、硬さTX) フェアウェイウッド:キャロウェイ XR 16
2019/08/27優勝セッティング

小柄な体で飛ばして初V 浅井咲希の優勝ギア

:藤倉コンポジット スピーダー エボリューション 6(硬さS、45インチ) フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(3番15度、5番18度) ユーティリティ:ダンロップ スリクソン Z