2018/07/06サラワク選手権

長谷川祥平は19位 ピーターソンが首位守る

アンダーとし初日からの単独首位を守った。 1打差の2位にジョン・カトリン、2打差の3位にダンタイ・ブーンマ(タイ)、ハビエルコロモ(スペイン)が続いた。 15位タイで出た長谷川祥平は3バーディ、1ボギーの「70」でプレーし、首位と8打差の9アンダー19位タイに下がった。
2017/11/29ヨーロピアンツアー公式

3ツアー共催「モーリシャスオープン」アラカルト

・バレステロスが記録保持者だった。 ・今大会は2018年シーズンのヨーロピアンツアーで6回あるアフリカ開催の大会の初戦となる。 ・2015年にはこの大会でハビエルコロモがヨーロピアンツアー初のパー4での
2016/05/11ヨーロピアンツアー公式

アフラシアバンク・モーリシャスオープンの内幕

で3度目の勝利だった。以来、怪我に悩まされてきたクッツェーだが、今年、彼がこの大会の優勝候補の一角を占めていることに疑いの余地はない。 快挙達成の地 ハビエルコロモが自身にとって2015年大会2日
2016/07/01Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

高橋賢が4打差11位で決勝へ タンティポカクルは首位堅守

)、ハビエルコロモ(スペイン)、ワン・ウェイルン(台湾)の4人が並んだ。 日本勢は高橋賢が5バーディ、3ボギーの「70」でプレーして、通算5アンダーの11位。竹安俊也は5バーディ、3ボギーの「70
2017/04/28Yeangder ヘリテージ

竹安俊也は57位に後退し決勝ラウンドへ 韓国の23歳首位

ナティポン・スリトン、21歳のダンタイ・ブーンマ(いずれもタイ)と通算6アンダーで並び、若手がリーダーボードをけん引して大会を折り返した。 ハビエルコロモ(スペイン)が通算5アンダーの4位で続いた
2016/03/11ヨーロピアンツアー公式

タイでユーラインが首位発進

のスコット・ジェイミソンとスペインのハビエルコロモがつけている。 ジェイミソンも16番から5連続バーディを奪い、その他に6番でもバーディを奪ったのに対し、コロモは1番、6番、7番、11番、17番
2016/03/12ヨーロピアンツアー公式

タイでヘンドが首位タイに急浮上

・デービース、南アフリカのショーン・ノリス、スコットランドのサイモン・サイモン・イエーツ、そして米国のデビッド・リプスキーとピーター・ユーラインがつけており、その1打後方には、スペインのハビエルコロモ、タイの
2015/05/09ヨーロピアンツアー公式

オルセンが引き続きギャラリーを魅了

受けているからです」。 2日目の終盤は2オーバーとなったカットラインを巡るドラマがあった。スペインのハビエルコロモは、彼にとって最終ホールとなったワンオン可能なパー4の9番でホールインワンのアルバトロスを達成したことにより予選通過を果たしたのである。
2016/06/30Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

高橋賢は首位と4打差の15位 上位陣は混戦

◇アジアンツアー◇Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権 初日◇林口インターナショナルG&CC(台湾)◇パー72 8バーディを量産したハビエルコロモ(スペイン)、2イーグルを奪った
2016/03/10トゥルータイランドクラシック

ユーラインが最少タイの「64」で首位 藤田寛之は41位

タイの「64」で8アンダー首位から滑り出した。2位にはペレ・エドバーグ(スウェーデン)が7アンダーで続いた。 首位と2打差の3位にはスコット・ジェイミソン(スコットランド)、ハビエルコロモ(スペイン
2013/12/08香港オープン

ヒメネスがプレーオフを制し、最年長優勝記録を更新

た。 2位タイにはマンリーとミーサワットの2人。通算11アンダーの4位にオランダのロベルト・ヤン・ダークセンが続き、通算8アンダーの5位にハビエルコロモ(スペイン)、ホセ・マヌエル・ララ(スペイン
2012/11/15UBS 香港オープン

アジアンツアールーキーのJ.コロモが暫定単独首位

を迎え、未消化ホールは現地時間16日(金)午前8時に再開されることが決定した。そんな中、スペインのハビエルコロモが6バーディ、ノーボギーのラウンドで6アンダーの暫定単独首位に立っている。 コロモ
2013/12/08香港オープン

ヒメネスがプレーオフを制し、最年長優勝記録を更新

見せつけた。 2位タイにはマンリーとミーサワットの2人。通算11アンダーの4位にオランダのロベルト・ヤン・ダークセンが続き、通算8アンダーの5位にハビエルコロモ(スペイン)、ホセ・マヌエル・ララ
2013/07/26ヨーロピアンツアー公式

ダイソンのスコアカードには一点の曇りもなし

シーズンプレーするコースの中ではこの3ホールがベストだと思います」。 イングランドのマシュー・ボールドウィンとジェームス・モリソン、スペインのハビエルコロモ、そしてイタリアのアレッサンドロ・タディーニは
2013/07/26M2M ロシアンマスターズ

リャン・ウェンチョンら3人が首位タイ発進

(ともにイングランド)、ハビエルコロモ(スペイン)、アレッサンドロ・タディーニの4人。前回大会の08年、さらに05年と過去2勝を誇るミカエル・ランドバーグ(スウェーデン)は3オーバーの68位タイと出遅れている。