最近のニュース 新着一覧≫


2020/07/11オーストリアオープン

56歳のヒメネスが単独首位ターン 後続に2打差

◇欧州男子◇オーストリアオープン 2日目(10日)◇ダイヤモンドCC(オーストリア)◇7458yd(パー72) 4アンダー8位タイから出たミゲルアンヘルヒメネス(スペイン)が10バーディ、3
2020/05/09ヨーロピアンツアー公式

バルセロナから60分 PGAカタルーニャリゾート

」では、この地でミゲルアンヘルヒメネス(スペイン)が欧州ツアー史上最年長優勝を遂げ、歴史に名を刻んでいる。 これに加え、5つ星のホテルカミラルは空間、居心地、そしてデザインのラグジュアリーな融合を
2020/07/08ヨーロピアンツアー公式

「オーストリアオープン」で知っておくべき5つのこと

の6大会中5大会でトップ20入りしているミゲルアンヘルヒメネスらが注目選手となる。 現地での検査 「オーストリアオープン」は、ヨーロピアンツアーが新たに設置した包括的な健康戦略室のもとで運営さ
2019/12/17ヨーロピアンツアー公式

2019年名場面10選

飾った。 ミゲルが「700クラブ」入会 第148回「全英オープン」が特別な大会となったのは、ローリーだけではなかった。木曜の午前11時36分にティオフしたミゲルアンヘルヒメネスは、サム…
2016/12/06ヨーロピアンツアー公式

UBS香港オープンの知っておくべきアラカルト

セルヒオ・ガルシアが樹立したヨーロピアンツアーの最年少予選通過記録を更新した。 年齢に関しては、その逆側でも記録が出ており、2012年にはミゲルアンヘルヒメネスが48歳315日でこの大会を制し
2014/05/19ヨーロピアンツアー公式

母国で歴史を書き替えたヒメネス

ミゲルアンヘルヒメネスが27回目の出場にしてようやく「スペインオープン」初優勝を遂げ、自身の持つヨーロピアンツアー最年長記録を更新した。 PGAカタルーニャリゾートでの最終日はまれに見る接戦と
2013/08/04GDOEYE

ミゲル・アンヘル・ヒメネスの胸板

、3サムでのプレーとなったこの日、同組はライアン・ムーア、ミゲルアンヘルヒメネス(スペイン)といった、少しばかり“通好み”な選手との組み合わせとなった。 前半の3ボギーを同伴競技者のせいにする
2020/06/16

きょう50歳 フィル・ミケルソンの挑戦は続く

7人。直近では15年「ウィンダム選手権」でデービス・ラブIIIが51歳にして優勝した。ちなみに複数回勝った選手はいない。 欧州ツアーではスペインのミゲルアンヘルヒメネスが2014年に「スペイン
2015/05/24ヨーロピアンツアー公式

アンとモリナリが一騎打ちで最終日へ

展開となった。 しかし、首位争い以外にもこの日は多くのドラマが生まれ、トミー・フリートウッドがアルバトロスを決めると、ミゲルアンヘルヒメネスはホールインワンを達成してヨーロピアンツアーの
2015/02/15ヨーロピアンツアー公式

地の利を活かした飛ばし屋ヘンドが単独首位に浮上

、後半を「32」でまとめ、この日のスコアを「66」として、ミゲルアンヘルヒメネスとトンチャイ・ジェイディーに先んじることに成功した。 一日を通して無類の飛距離と正確性の組み合わさったゴルフを見せた
2014/03/23ヨーロピアンツアー公式

ユーラシアカップへ準備万端のマクドウェル

、これまで様々なタイプのキャプテンと共にプレーをしており、来週はミゲルアンヘルヒメネスの下で働くことを楽しみにしている。 「スポーツの世界やツアーでは、しばしばレジェンドという言葉が乱用されている
2020/03/30ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝選手は?

25勝目を挙げたリー・ウェストウッドである。 29勝:イアン・ウーズナム 28勝:アーニー・エルス 25勝:リー・ウェストウッド 23勝:ホセ・マリア・オラサバル 21勝:ミゲルアンヘルヒメネス 21勝…
2015/06/11ヨーロピアンツアー公式

地元ウィスベルガーがダイアモンドCCの攻略法を語る

ツアーで多くの勝利を手にし今はウィーン在住のミゲルアンヘルヒメネスにより、多くのホールが改修されており、シグネチャーホールのパー4の8番もその一つだ。 2013年、同コースは世界クラスのコースから
2016/08/30ヨーロピアンツアー公式

オメガヨーロピアンマスターズの知っておくべきアラカルト

6月の「全米オープン」では15位に入り、今一度その才能の片鱗を見せた。 過去、「オメガヨーロピアンマスターズ」に26回出場しているスペインの人気選手、ミゲルアンヘルヒメネスも2010年以来となる
2013/10/04ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜がパリでの初日を支配

選抜はスコットランド勢によるペア、ポール・ローリーとスティーブン・ギャラハ―が、ミゲルアンヘルヒメネスとトーマス・ビヨーンのペアを3対2で破り、サン・ノム・ラ・ブレテシュで良いスタートをきった