2020/07/23プラス1

「食事・睡眠・運動」 で夏バテしない体をつくる3つのポイント

涼しい時間帯に行うウォーキング、自宅でできるトレーニングやストレッチ、ヨガなど、まずは1日20分程度、身体を動かしてみましよう。運動する際は水分補給を忘れずに! 今回、紹介した3つのポイントで、夏の暑さに負けない体づくりを目指しましょう。 (…
2020/06/11プラス1

骨盤を回そう! 自宅で飛距離UPエクササイズ

飛距離が伸び悩んでいるゴルファーの多くは、スイング時に身体を捻転させる際、骨盤がうまく回っていないことがあります。この回旋がうまくできないと、テークバックとダウンスイングで腰のスウェーを引き起こし、クラブ軌道がばらつきやすくなります。 その結果、十分なパワーが…
2019/07/11プラス1

<プラス1>「肩を痛める危険度」を知るチェック方法

を引き起こします。そのため、伸びて痛んでいる筋肉をストレッチでさらに伸ばすと、痛みを強めてしまう危険性があるので、行わないように注意しましょう。 次回は肩を痛めないためのエクササイズと、トレーニング方法をご紹介します! (協力/株式会社ケアく…
2018/09/30女子プロレスキュー!

朝イチで差がつく“ティンティン”体操 セキ・ユウティン

。私がラウンド前に必ず行っている、おすすめのストレッチ法をご紹介します。 1. ゴム紐を使う 肩甲骨のストレッチ法として、ゴム紐(トレーニング用があると◎)を使います。ゴム紐の端と端を持ち、体の後ろに
2017/12/30ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>脇腹のストレッチ

、中でも側屈させる際の貢献度は高く、外腹斜筋を損傷しているとうまく体を曲げられなくなる場合があります。 また、腹斜筋はお腹のくびれを作る筋肉です。トレーニングをすることでくびれのある美しいウエストラインに
2017/12/16ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お腹の前面のストレッチ

トレーニングが有効です。 上体を前に曲げる、姿勢を保持する 日常生活からスポーツ全般まで、多くの場面で使われる筋肉です。椅子から立ち上がる、仰向けの状態から起き上がるなど、背中を丸めて上体を前方に曲げる機能に
2019/12/19サイエンスフィット レッスン

ヘッドを最大限に走らせるコツ(後編)

手首の動きは必要ありません。腰の回転に従って振るだけです。 つぎは、どんな場所でもイメージトレーニングができるドリルです。スマホを右手に持って、トップからハーフダウンまで、スイングするつもりで、振り
2012/10/03ツアープロの動画レッスン

池田勇太のドライバーレッスン

、スイングの柱となる体幹をトレーニングすることで、ゆっくり振ったり、力強く振った際に、スイング軸がブレるのを防ぐことができる。 力を入れるのではなく、クラブという道具を使って飛ばすので、脱力できる体勢を作らなくてはならない。
2016/06/01江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.3 緊張をほぐすストレッチ

「ゴルフボディの作り方」「ゴルフボディをつくるためのストレッチ&トレーニング」「ゴルフのためのヨガ」など。 (撮影協力:久邇カントリークラブ)
2016/05/16江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.2 疲れにくいストレッチ

ゴルフ専門フィットネスクラブ「トータルゴルフフィットネス」を設立。主な著書に「ゴルフボディの作り方」「ゴルフボディをつくるためのストレッチ&トレーニング」「ゴルフのためのヨガ」など。 (撮影協力:久邇カントリークラブ)
2016/04/04江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.1 朝イチでミスしないためのストレッチ

として活動し、シード選手の賞金ランキング上位獲得をサポート。その後、日本初となるゴルフ専門フィットネスクラブ「トータルゴルフフィットネス」を設立。主な著書に「ゴルフボディの作り方」「ゴルフボディをつくるためのストレッチ&トレーニング」「ゴルフ…
2014/02/04スコアアップに繋がる13の法則

第13回 ゴルフの本質を知る

優先に考えましょう。頭の中を変えれば、ゴルフは変わります。頭の中を変える為には、レッスンもトレーニングも必要ありません。必要なのは、あなたの覚悟と決断だけなのです。
2015/09/15大人のゴルBODY

「バーディの後にボギーはなぜ起きる!?」 メンタル編vol.4

そのカードを見ながら、良かったショットだけを思い出してみるのです。こうしたイメージトレーニングは、例えばトーナメント中継を見ていても可能です。自分のテンポやリズムに合っているプレーヤーを見つけ、そこに