2018/12/25

勝負師の物語 2018年ベストショット3選【大澤進二】

ゴルフトーナメント 3日目 チェホソン> 今年はある意味チェホソンの年だったのではないだろうか。5年ぶりの優勝、そして何より大人気の踊る?スイング。ギャラリーもそのコミカルな動きから目が離せない。そして期待しながら、笑いながら撮っている自分がいる。
2019/03/15ケニアオープン

南アの31歳らが首位 チェ・ホソン75位 川村昌弘は棄権

マークし、7アンダーとして首位で発進した。 ガガンジート・ブラー(インド)が1打差の6アンダー3位で続いた。 チェホソン(韓国)は4バーディ、6ボギーの「73」とし、2オーバーの75位で初日を終えた。 日本から唯一出場の川村昌弘は5ホールを終えて4オーバーとした後、途中棄権した。
2019/12/03日本シリーズJTカップ

今平周吾が最終戦で2年連続賞金王へ 小平智は連覇に挑戦

出場組も主役の座を狙う。 <出場全30選手> 今平周吾、ショーン・ノリス、チャン・キム、石川遼、ハン・ジュンゴン、堀川未来夢、ジャズ・ジェーンワタナノンド、パク・サンヒョン、浅地洋佑、チェホソン、星野
2019/11/09HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

今平周吾「面白いのでリラックスして回れる」虎さんとの最終組を歓迎

最終日最終組。変則スイングで人気の“虎さん”こと、チェホソン虎星/韓国)とは「トップ杯東海クラシック」2日目以来、今季4度目の同組となる。「何回か一緒に回っているし、面白いのでリラックスして回れるんじゃないですかね」。パフォーマンスに動じず、平常心で18ホールを戦い抜く。(沖縄県恩納村/玉木充)
2019/11/26カシオワールド

今平周吾が賞金王へカウントダウン 石川遼はホスト大会

、浅地洋佑が同組でスタートする。 チェホソン(韓国)がディフェンディングチャンピオンとして登場。カシオ計算機と所属契約を結ぶ石川にとってホスト大会優勝は念願でもある。当地を長くホームコースとしていたツアー3勝の片岡大育は、賞金ランク79位からシード確保(同ランク上位65人)を目指してティオフする。
2019/11/28カシオワールド

47歳の宮本勝昌が単独首位 石川遼14位 今平周吾は出遅れ

ランキング5位でホストプロの石川遼は3バーディ、ノーボギーの「69」でプレー。同ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)、塩見好輝、浅地洋佑らと並んで3アンダー14位とした。 前年覇者のチェホソン
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

宮里優作ら3人が首位発進 石川遼は出遅れ

。 主催する太平洋クラブ所属の小斉平優和は2アンダーの7位。前週優勝のチェホソン(韓国)はイーブンパーの15位。賞金ランキングトップを走る今平周吾は2オーバーの39位で滑り出した。 前年覇者の額賀辰徳は4オーバーの59位。前週に今季初の予選落ちを喫した石川遼は7オーバーの74位と出遅れた。
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

ソク・ジョンユルが最終戦優勝 ウィラチャンが賞金王に

稼ぎたい」と一念発起し、“脱サラ”をしてゴルフを始めた。29歳でプロ入り後、韓国のレギュラーツアーで2勝。日本シニアツアーに参戦した今季は、今大会を迎えるまでに2位が4回あった。韓国ツアーでは以前チェ
2019/11/10HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

今平周吾は今季5度目の2位「優勝しないと意味ない」

バーディ発進。4番(パー3)では3mを沈めてバーディとし、同組で首位のチェホソン(韓国)に並んだ。8番(パー3)でもバーディを奪い、単独首位に浮上した。 一進一退の攻防が続き、チェと並んで首位で迎えた
2019/09/09世界ランキング

石川遼は115位に上昇 朴相賢101位/男子世界ランク

ている。 大会をともに2位で終えた岩田寛は77人抜きの203位、チェホソン(韓国)は66ランクアップの250位となった。 大会5位の石川遼は5ランク上がり、115位となった。日本勢最上位は松山英樹の
2019/09/06フジサンケイクラシック

【速報】第1R終了 チャン・キムが首位 石川遼3打差6位

とアンジェロ・キュー(フィリピン)が5アンダーの2位で発進した。 4アンダーの4位で市原弘大、トッド・ペクが続く。 今季2勝の石川遼は3アンダーの6位で、今平周吾、チェホソン(韓国)、鍋谷太一らと並んだ。 前年覇者の星野陸也はイーブンパーの32位とした。第2ラウンドはすでに順次始まっている。
2019/09/08フジサンケイクラシック

パク・サンヒョンが3季ぶりV 岩田寛2位 石川遼5位

た安定感で富士桜を攻略した。 通算13アンダーの2位に、首位から「71」と停滞したチェホソン(韓国)と、この日のベストスコアに並ぶ「64」をマークした岩田寛。7打差を追った岩田は後半14番からの4