2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

バーディとしたことで、6人が首位タイで並ぶ展開となった。 通算18アンダーの7位にはこの日「64」をマークしたインドのシュバンカーシャルマとスコットランドのロバート・マッキンタイア、その1打差の9
2019/10/21ZOZOチャンピオンシップ

石川遼は“ZOZO”で2年ぶりの米ツアー「現在地を知りたい」

、やはり海の向こうでの実体験から。「アジアでセルヒオ・ガルシア(スペイン)、シュバンカーシャルマ(インド)と回っていると、自分のアイアンショットがピンから10mという場面でも、彼らは“ベタピン”、2m
2019/10/15ヨーロピアンツアー公式

ヴィースベルガーがローマでロレックスシリーズ制覇の栄冠に輝く

ている。 「66」をマークしたシュワブはボギーを1つとし、ジョンストンは3番でボギーをたたきながらも4バーディを奪って「68」をマークした。 通算9アンダーの7位タイには、地元イタリアのフランチェスコ・ラポルタ、インドのシュバンカーシャルマ、そしてイングランドのマット・ウォレスが入った。
2019/10/12イタリアオープン

フィッツパトリック首位 宮里優作と谷原秀人は予選落ち

イングランド)、グレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ロリー・サバティーニ(スロバキア)、シュバンカーシャルマ(インド)の5人が並んだ。 ホームのイタリア勢は、通算6アンダーの8位としたアンドレ
2019/10/11イタリアオープン

プルッカネン首位発進 宮里優作と谷原秀人は出遅れ

(オーストリア)、シュバンカーシャルマ(インド)、カート・キタヤマ(米国)の5人が続いた。 日本勢は、宮里優作が「73」として2オーバーの94位。谷原秀人は「76」として5オーバーの122位で終えた。
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ノレン トービヨン・オルセン アドリアン・オタエギ エディ・ペパレル トーマス・ピータース ジョン・ラーム パトリック・リード ジャスティン・ローズ ザンダー・シャウフェレ シュバンカーシャルマ
2019/03/28ヒーローインディアンオープン

川村昌弘が首位と2打差で発進 谷原28位

バーディ、3ボギーの「69」とし、3アンダーでプラヤド・マークセン(タイ)、シュバンカーシャルマ(インド)、スコット・ヘンド(オーストラリア)らとともに7位の好スタートを切った。 谷原秀人は1アンダーの28位で滑り出した。片岡大育は4オーバー95位と出遅れた。
2019/03/26ヒーローインディアンオープン

欧州ツアーはインドへ 谷原、片岡、川村らがエントリー

ジョンストンのほか、シュバンカーシャルマ、2015年覇者のアニルバン・ラヒリ(ともにインド)、17年「スコットランドオープン」覇者のブランドン・ストーン(南アフリカ)、欧州ツアー4勝のベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)らが栄冠を狙う。 日本からは谷原秀人、片岡大育、川村昌弘がエントリーした。
2019/03/20メイバンク選手権

2年連続出場の石川遼 優勝争い再現へ20アンダー目標

ラウンドでは、欧州ツアー通算28勝のアーニー・エルス(南アフリカ)と前年覇者のシュバンカーシャルマ(インド)という注目組でプレー。フィールド一番の豪華なペアリングも、大会が向ける石川への期待の表れだ。(マレーシア・シャーアラム/塚田達也)
2019/03/20ヨーロピアンツアー公式

「メイバンク選手権」で知っておくべき5つのこと

今週は「メイバンク選手権」の開催されるマレーシアに一流のフィールドが集結する。この第4回大会について知っておくべき5つの事柄は次の通りである。 圧巻のシャルマ 昨年はわずか21歳のシュバンカー
2019/03/19メイバンク選手権

マレーシアで日本勢8人が出場 石川遼と谷原秀人は雪辱戦

。ディフェンディングチャンピオンはインドのシュバンカーシャルマ。前年大会は日本勢が優勝争いに加わり、石川遼と谷原秀人が5位タイでフィニッシュした。 今年は石川、谷原、宮里優作、池田勇太、片岡大育、川村昌弘、稲森佑貴、水野眞惟智
2019/03/05ヨーロピアンツアー公式

チェ・ホソンのケニア上陸が決定

2018年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのトーマス・ビヨーンや、新星シュバンカーシャルマがプレーすることが決定している。同大会は1991年以来、ヨーロピアンチャレンジツアーの大会として開催されてきたが、今季からヨーロピアンツアーに格上げされて開催されることとなった。
2018/10/14CIMBクラシック

レイシュマンが5打差圧勝で2季ぶり4勝目 小平智は43位

。 同じくトップタイから出たシュバンカーシャルマ(インド)は「72」とスコアを伸ばせず、通算19アンダーで10位タイに順位を下げた。 日本勢でただ一人出場した小平智は6バーディ、4ボギーの「70」で回り、通算9アンダーの43位タイだった。
2018/10/13CIMBクラシック

レイシュマンら3人が首位に並ぶ 小平智は38位

(オーストラリア)、ゲーリー・ウッドランドがともに「67」で回り、1打差を追ったシュバンカーシャルマ(インド)が「66」でプレー。後続に2打差をつけ、最終日も同じ3サムで最終組を形成する。 通算17アンダー
2018/10/12CIMBクラシック

「61」のウッドランドら首位 小平智は36位で週末へ

たマーク・レイシュマン(オーストラリア)が通算14アンダーに伸ばし、首位に並んで週末へ折り返した。 通算13アンダーの3位に、シュバンカーシャルマ(インド)とポール・ケーシー(イングランド)の2人が