2020/01/15ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ

米女子ツアー開幕戦 畑岡奈紗が「世界一」目指す4年目のシーズン

制し、ツアー通算5勝目を挙げた。 世界ランキング1位のジンヨンや同2位のパク・ソンヒョン(ともに韓国)は欠場する。 昨季2勝のネリー・コルダやツアー通算19勝の朴仁妃(韓国)、レキシー・トンプソン
2020/01/14世界ランキング

6位畑岡奈紗、11位渋野日向子/女子世界ランク

トーナメントofチャンピオンズ」から、渋野は2月「ホンダ LPGAタイランド」からスタートさせる。 1位のジンヨン(韓国)らトップ10にも動きはなかった。 日本人4番手は53位の稲見萌寧、5番手は2ランク上がった60位の河本結、6番手は62位で上田桃子が続いた。
2019/12/24世界ランキング

ともに自己最高 渋野日向子11位 鈴木愛16位/女子世界ランク

ランキングは31位だった。 ジンヨン(韓国)は7月末からトップをキープ。畑岡奈紗は5位で2020年「東京オリンピック」の日本代表にもっとも近いポジションにいる。 トップ100のうち39人を韓国勢が占める。米国は21人。次いで日本勢が14人となった。
2019/11/26世界ランキング

渋野日向子は12位浮上 鈴木愛17位で変わらず/女子世界ランク

)、66位に勝みなみ(1ランクアップ)が続いた。 1位のジンヨン、2位のパク・ソンヒョン(ともに韓国)、3位のネリー・コルダのトップ3に動きはなかった。米ツアー最終戦を3位タイとしたダニエル・カンが8位から4位、同大会の優勝で62ポイントを加えたキム・セヨン(韓国)が11位から6位に浮上した。
2019/11/24CMEグループ ツアー選手権

キム・セヨン首位で最終日へ 畑岡奈紗は24位に後退

・マソン(ドイツ)。通算11アンダーの4位にチャーリー・ハル(イングランド)が続いた。 ランク1位で進出したジンヨン(韓国)は通算10アンダーの5位。前年覇者のレキシー・トンプソンは通算9アンダーの
2019/11/19世界ランキング

鈴木愛が17位に浮上 渋野日向子は15位キープ/女子世界ランク

稲見萌寧(4ランクアップ)、59位に上田桃子(2ランクアップ)、62位に比嘉真美子(変動なし)、65位に河本結(変動なし)、67位に勝みなみ(1ランクアップ)が続いた。 米国ツアーはオープンウィークだったこともあり、1位のジンヨン(韓国)、畑岡らを含むトップ10に変動はなかった。
2019/11/12世界ランキング

鈴木愛が19位に浮上 畑岡4位 渋野は15位/女子世界ランク

変わらず、渋野日向子は2つ下げて15位となった。 1位のジンヨン、2位パク・ソンヒョン(ともに韓国)、3位ネリー・コルダのトップ3に変動はなかった。 ほかの日本勢は、稲見萌寧が2ランクアップの59位
2019/11/06TOTOジャパンクラシック

日本開催の米ツアー 畑岡奈紗が連覇に挑む 渋野、河本も出場

河本結のプレーにも注目だ。 米ツアーからは、賞金ランクトップのジンヨン(韓国)は欠場したものの、同2位のイ・ジョンウン6(韓国)、同5位にミンジー・リー(オーストラリア)らが出場する。 畑岡はイ・ジョンウン6と申ジエ、渋野はユ・ソヨンとレキシー・トンプソンといずれもメジャー覇者と初日同組に入った。
2019/10/31スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子が3打差8位発進 首位ネリー・コルダら

メジャー「AIG全英女子オープン」(8月)以来となる2度目の米ツアーで3アンダー8位と好位置につけた。 世界ランク1位のジンヨン(韓国)と同2位のパク・ソンヒョン(韓国)は1オーバー37位。横峯さくらは「77」でプレーし、5オーバー72位と出遅れた。
2019/10/29スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子が米ツアー2戦目へ メジャー覇者と同組

選手権」優勝者のハンナ・グリーン(オーストラリア)と同じ組に入った。 日本からは、ほかに横峯さくらがエントリーした。世界ランク1位のジンヨン(韓国)、同2位のパク・ソンヒョン(韓国)、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、朴仁妃(韓国)らが出場する。
2019/10/26BMW女子選手権

韓国ツアーの若手2人が首位タイで最終日へ

)、首位から後退したダニエル・カンが続いた。 14位から出たチョン・インジ(韓国)は「67」で通算10アンダーとし、首位に3打差の7位に浮上。賞金&ポイント争いでトップに立つジンヨン(韓国)は、通算9アンダーの8位で最終日を迎える。