2022/01/25世界ランキング

畑岡奈紗7位、笹生優花9位とともに後退/女子世界ランク

出場した畑岡奈紗は7位、笹生優花は9位とともに1ランク後退した。前週11位のブルック・ヘンダーソン(カナダ)がトップ10に返り咲いた。 1位ネリー・コルダ、2位ジンヨン(韓国)、3位リディア・コー
2022/01/11世界ランキング

畑岡奈紗6位、笹生優花8位で変わらず/女子世界ランク

から39位に上がった。 前週、世界ランク1位の在位期間が通算26週となり、米国勢として歴代トップ(それまではステーシー・ルイスの通算25週)となったネリー・コルダは通算27週に更新。2位ジンヨン
2021/12/28世界ランキング

畑岡奈紗6位、稲見萌寧16位、渋野日向子37位で2022年へ

)、大里桃子が98位(1ランクダウン)となっている。 一年前は韓国勢が独占していたトップ3はネリー・コルダが1位で22年へ。昨年末1位だったジンヨンが2位、リディア・コー(ニュージーランド)が3位だった
2021/12/14世界ランキング

古江彩佳14位 渋野日向子37位/女子世界ランク

13日付の女子世界ランキングが発表された。上位は1位がネリー・コルダ、2位がジンヨン(韓国)で変わらず、リディア・コー(ニュージーランド)が1ランク上げて3位となり、朴仁妃(韓国)が入れ替わって
2021/11/30世界ランキング

三ヶ島かなが33ランクアップ 古江、稲見ら変動なし/女子世界ランク

。 1位のネリー・コルダ、2位のジンヨン(韓国)以下、6位の畑岡奈紗、8位の笹生優花を含むトップ10は前週と変わらなかった。 続く日本勢は古江彩佳が14位、稲見萌寧16位、渋野日向子38位、西郷真央40位、西村優菜42位と、いずれも変動はなかった。
2021/11/22

米女子ツアー 歴代賞金女王

2021年の米女子ツアーは韓国ジンヨンが19試合に参戦。11月の最終戦「CMEグループ ツアー選手権」を含めてシーズン5勝をあげるなど、350万2161ドルを稼ぎ、3年連続3度目の賞金女王に輝い…
2021/11/22CMEグループ ツアー選手権

「64」で2位 畑岡奈紗「納得のいく内容」

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 最終日(21日)◇ティブロンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72) 通算14アンダーで並んでスタートした最終組。グリーン上でジンヨン(韓国)が次々…
2021/11/22CMEグループ ツアー選手権

コ・ジンヨンが最終戦制す 畑岡奈紗は1打及ばず2位惜敗

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 最終日(21日)◇ティブロンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72) 首位タイで出た世界ランキング2位のジンヨン(韓国)が9バーディ、ボギーなしの
2021/11/16世界ランキング

稲見萌寧が自己最高15位に/女子世界ランク

までに、同2位のジンヨン(韓国)に平均ポイントでほぼ並ばれていたが、ペリカン女子選手権で今季4勝目を遂げて、その差を「0.95」に広げた。 トップ10の順位に変動はなかった。 稲見以下の日本勢は
2021/11/10ペリカン女子選手権

今季残り2戦 畑岡奈紗&笹生優花が出場

初めて有観客で行われる。 今大会を含め残り2試合。世界ランキング1位に返り咲いたネリー・コルダ、同2位のジンヨン(韓国)ら、世界トップ15のうち10人がエントリーした。 6月の海外メジャー