2015/06/15ヨーロピアンツアー公式

ダイアモンドCCで輝きを放ったウッドのツアー2勝目

◎5カ月間の戦線離脱を経て 最終日をノーボギーでラウンドしたクリスウッドが2打差で「ライオネスオープン」を制し、ヨーロピアンツアー2勝目を飾った。 首位から5打差で最終日をスタートしたイングランド
2015/12/05ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでステンソンが一歩リード

アンダーの7位タイにはキーガン・ブラッドリー、エミリアーノ・グリージョ、ベルント・ウィスベルガー、クリスウッド、そして2番と10番でイーグルを奪い2日目を「68」でラウンドしたスコット・ピアシーがつけて
2013/10/06ヨーロピアンツアー公式

英国・アイルランド選抜が盛り返し勝負はスクエアに

。 彼らはジェイミー・ドナルドソンとマーク・ウォーレンを午前中に2&1で破り、午後は最終ホールでスコット・ジェイミソンとクリスウッドを退けている。 イングランドのウッドは、17番ホールでバンカーからの
2016/01/01ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップレース:欧州代表入りの切符は誰の手に!

すばらしい選手だよ。ドバイで一緒にプレーして、彼の素晴らしいプレーを目の当たりにしていたから、シーズン開幕当初から僕はそう言っていたよね。彼は全てのショットを持っているんだ」。 5位以下は、クリスウッド
2013/05/19ヨーロピアンツアー公式

マクドウェルがコルサーツに雪辱を遂げる

た。 これでマクドウェルは日曜日のセミファイナルでクリスウッド(イングランド)を2&1で制したブランデン・グレース(南アフリカ)と対決することになる。 グレースは昨年の欧州ツアーで4勝(その内2つの
2016/06/13ヨーロピアンツアー公式

呉阿順がオーストリアでヨーロピアンツアー2勝目をマーク

イングランドの同胞ジェームズ・モリソンが入った。一方、ロンバードは最終日「74」と崩れ、通算9アンダーの5位で大会を後にした。 昨年優勝のクリスウッドは、最終日を4アンダーの「68」で回り、通算8アンダーで大会を終えた。
2017/01/24ヨーロピアンツアー公式

世界50位に迫る!フリートウッドの勝利が示す数字

。 ・「BMW南アフリカオープン」を制したグレーム・ストームに続き、欧州ツアーではイングランド勢が2週連続優勝。 ・トミー・フリートウッドとグレーム・ストームによるイングランド勢の2週連続優勝は、クリスウッド
2015/12/04ヨーロピアンツアー公式

ステンソンとバンジルが首位発進

ラウンドしたストレブと6位タイで並んだ。 2アンダーにはキラデク・アフィバーンラト、トンチャイ・ジェイディー、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ルイ・ウーストハイゼン、ベルント・ウィスベルガー、そしてクリス
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

ツアー3勝目を挙げたのだから。 ナニートン出身のサリバンは、5打差でスタートした最終日を「66」でラウンドし、2位との差を9ストロークに広げた。同胞のクリスウッドと最終組でプレーしたサリバンは、事実上
2013/08/06ヨーロピアンツアー公式

レース・トゥ・ドバイのポールポジションはH.ステンソン

。 最終ラウンドで「69」をマークしたミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は、他2名と並んで4位。ファイヤーストーンカントリークラブでのデビュー戦となったクリスウッド(イングランド)は、最終日を
2015/10/05ヨーロピアンツアー公式

オルセンがスコットランドでツアー3勝目を達成

「65」で最終日をラウンドしたイングランドのクリスウッド、ベンジャミン・エベール、ベルント・ウィスベルガー、ヨアキム・ラガーグレン、そしてキラデク・アフィバーンラトが入った。 後続に3打差をつけて最終
2017/03/18ヨーロピアンツアー公式

選手たちを待ち受けるシチリアのリゾート「ベルドゥーラ」

に復帰することとなる。なお、5年前の大会はデンマークのトービヨン・オルセンが制している。オルセンは「ライダーカップ」スターのクリスウッドとの激戦を制し、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げた
2015/08/05佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑168>ダニー・ウィレット

チームメートとして再会した。 対戦した米国チームのメンバーは当時、カレッジリーグのスター選手軍団だった。ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラー、ウェブ・シンプソン、ビリー・ホーシェル、クリス・カーク
2013/10/01ヨーロピアンツアー公式

セベからの刺激 パリでの勝利を狙うオラサバル

(イングランド)らが顔を揃えた。 2009年の大会では負け知らずだったクリスウッド(イングランド)は、2007年のメンバーだったマック・ワーレン(スコットランド)と共に、この大会に帰ってくる。同胞のスコット