2014/03/19アジアンツアー公式

アジアの存在感を示したいジェイディー主将

もので、ジェイディーの同胞であるキラデク・アフィバーンラトとプラヤド・マークセンの2人がチームに選出されており、更にガガンジートブラーとアニルバン・ラヒリのインド勢、として谷原秀人と小田孔明の日本勢
2014/03/19ヨーロピアンツアー公式

アジアの存在感を示したいジェイディー主将

によるもので、ジェイディーの同胞であるキラデク・アフィバーンラトとプラヤド・マークセンの2人がチームに選出されており、更にガガンジートブラーとアニルバン・ラヒリのインド勢、として谷原秀人と小田孔明の日本
2014/12/20ドバイオープン

逆転シード狙う片岡大育が7位浮上 上位にインド勢

アンダーで首位に並んだ。インドのガガンジートブラーのほか、同国初の米ツアー覇者であるアージュン・アトワルがベストスコアの「65」をマークして1打差の3位タイにつけている。 52位から出た日本の片岡大育
2014/03/28ヨーロピアンツアー公式

キムとマークセンがアジアの巻き返しに貢献

挙げたグレーム・マクドウェルとジェイミー・ドナルドソンのペアは、2&1でガガンジートブラーとニコラス・ファンを下し、2日連続での逆転勝ちとなった。 これで、ヒメネス率いるヨーロッパは10試合が行わ
2014/03/21ヨーロピアンツアー公式

グレンマリーでユーラシアカップのトロフィーがお披露目

することになる。 チームアジア トンチャイ・ジェイディー(主将、タイ)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ガガンジートブラー(インド)、ニコラス・ファン(マレーシア)、キム・ヒョンソン(韓国
2014/03/21アジアンツアー公式

グレンマリーでユーラシアカップのトロフィーがお披露目

ことになる。 チームアジア トンチャイ・ジェイディー(主将、タイ)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ガガンジートブラー(インド)、ニコラス・ファン(マレーシア)、キム・ヒョンソン(韓国
2014/07/25ヨーロピアンツアー公式

初日はホージーが一躍首位へ

差の5アンダーで並ぶ8人の集団は、もう一人のスコットランド人であるジャック・ドハティ、インドのガガンジートブラー、南アフリカのオリバー・ベッカーとルイス・デ・ジャガー、スウェーデンのリカルド
2014/01/19アブダビHSBCゴルフ選手権

ミケルソンが「63」で2位に急浮上! マキロイ4位でV争い

」で通算12アンダーに伸ばし、後続に2打差の単独首位に立った。 通算10アンダーの2位は、インドのガガンジートブラーとフィル・ミケルソン。通算1アンダーの43位から出たミケルソンは、1イーグル9
2014/03/28ヨーロピアンツアー公式

容赦ない欧州が圧倒的なリードを築く

組に3&2の勝利を飾ると、続けざまにゴンサロ・フェルナンデスカスターニョとスティーブン・ギャラハーのペアがアニルバン・ラヒリとガガンジートブラーのペアに対し4&3で勝利を挙げた。 最終ホールまで勝負
2014/03/27ヨーロピアンツアー公式

第1回大会の初戦はキャプテン対決に

ジュースト・ルイテンとペアを組み、第3戦でバングラディシュのシディクール・ラーマンとタイのプラヤド・マークセンのペアと対戦する。 第4戦ではガガンジートブラーとアニルバン・ラヒリのインド人ペアと
2013/03/18ヨーロピアンツアー公式

エイケンがインドで優勝を掴み取る

、結果的に3打差をつけて終えた。 インドのガガンジートブラーと中国のリャン・ウェンチョンはふたりとも立派な闘いを見せた。特にリャンは7番でホールインワンを決めるなど、健闘を見せた。しかしエイケンが
2013/09/14アジアンツアー公式

タイの英雄、タワン・ウィラチャンが首位浮上

コメントを残した。 ディフェンディング・チャンピオンのガガンジートブラーは「69」で回り9位タイ。10月14日まで賞金ランクのトップ2に止まれば、10月に中国で開催されるWGC-HSBCチャンピオンズに出場できる。 なお今大会は、通算4オーバー148までの合計77選手が決勝ラウンドに進出した。
2013/09/13アジアンツアー公式

マイペースで安定感あるチャイプラコンがトップ発進

。 そして、ディフェンディング・チャンピオンのガガンジートブラーは1オーバー「73」で46位タイ。10月14日まで賞金ランクのトップ2に止まれば、10月に中国で開催される「WGC HSBCチャンピオンズ」に出場できるだけに、残り3日間のプレーが注目される。
2013/10/27PGAコラム

WGC HSBCチャンピオンズ概要

・ウーストハイゼン(2012年2日目・ミッションヒルズGC)、アーニー・エルス(同)、ガガンジートブラー(2012年3日目・ミッションヒルズGC) 【昨年の結果】 最終日に7アンダー「65」を記録した
2014/03/29ヨーロピアンツアー公式

アジアが見事なカムバックを見せ勝負は引き分けに

なった。尚、ドナルドソンは前半を終えた時点では4アップと大きくリードしていた。 続く試合ではガガンジートブラーがトービヨーン・オルセンを4&3で下し、アジアに更なる1ポイントをもたらした。そして、16
2013/03/17アバンサマスターズ

T.エイケン、逃げ切りで2シーズンぶりの勝利!

飾った。 母国での戦いとなったガガンジートブラー(インド)がこの最終ラウンドを「64」で回り通算20アンダーの単独2位フィニッシュ。リャン・ウェンチョン(中国)は7番(パー3)でホールインワンを達成
2014/01/19ヨーロピアンツアー公式

首位のリーが初優勝へ邁進

リーはインドのガガンジートブラー、そして3日目を驚愕の9アンダーの「63」でラウンドしコースを席巻した米国のフィル・ミケルソンに2打差を付け、首位に立った。 世界最高峰の選手たちを相手に優勝する
2012/04/01パナソニックオープン インディア

小泉は61位Tに後退/パナソニックオープン インディア3日目

首位に立ったのは、2位タイからスタートしたインドのアスホック・クマール。4バーディ、1ボギーの「69」をマークし、通算8アンダーで単独首位に浮上。地元優勝に向け1打リードで最終日を迎える。通算7アンダーの単独2位には、同じく地元インドのガガンジートブラーが続いている。
2013/11/30インドネシアオープン

タイの18歳が首位タイに浮上 ブラーを捕える

、決勝ラウンドがスタート。54ホールを終えてタイのジャズ・ジャンワタノンドがガガンジートブラー(インド)と並び首位タイに立った。 ジャンワタノンドは今月26日に18歳の誕生日を迎えたばかり。2週前の
2013/03/12ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップのスターたちがアバンザマスターズに参戦

。 ランドウハとシンは、チャレンジツアー王者であるガガンジートブラーやシブ・カプア、そして2度欧州ツアーで優勝しているS.S.P.チョワラシアたちと総額1.8億ユーロの賞金を争って、グレーターノイダ