2019/03/18ケニアオープン

イタリアの22歳ミグリオッティがツアー初勝利

アンダーとしてツアー初勝利を挙げた。ミグリオッティは2016年にプロ転向した22歳。 1打差の15アンダー2位にジャスティン・ハーディング、ルイ・デ・イェーガーの南アフリカ勢、アドリ・アーナス(スペイン)が入った。 ガガンジートブラー(インド)が通算14アンダーの5位で続いた。
2019/03/17ケニアオープン

イタリアの22歳とスペインの24歳が首位

)が通算14アンダーとして、首位に並んだ。 首位から出たルイ・デ・イェーガー(南アフリカ)が1打差の通算13アンダーで続く。ガガンジートブラー(インド)とカル・サモーア(フィンランド)が通算12アンダーの4位で追う展開だ。
2019/03/16ケニアオープン

チェ・ホソンは予選落ち デ・イェーガー首位

4位に、ガガンジートブラー(インド)、ジャスティン・ハーディング(南アフリカ)、グイド・ミグリオッティ(イタリア)の3人が続いた。 招待出場のチェ・ホソン(韓国)は75位からスタートし、2ボギー、2ダブルボギーの「77」でホールアウト。通算8オーバーの122位で予選落ちに終わった。
2019/03/15ケニアオープン

南アの31歳らが首位 チェ・ホソン75位 川村昌弘は棄権

マークし、7アンダーとして首位で発進した。 ガガンジートブラー(インド)が1打差の6アンダー3位で続いた。 チェ・ホソン(韓国)は4バーディ、6ボギーの「73」とし、2オーバーの75位で初日を終えた。 日本から唯一出場の川村昌弘は5ホールを終えて4オーバーとした後、途中棄権した。
2018/09/13新韓東海オープン

一時帰国の韓国勢 朴相賢と崔虎星がワンツー発進

アンダーで単独首位発進した。 同じく日本ツアーで活躍し独特のスイングが話題のチェ・ホソン(韓国)のほか、ガガンジートブラー(インド)、ジェイビー・クルーガー(南アフリカ)、ライオネル・ウィーバー
2018/09/12新韓東海オープン

母国タイトル奪還へ お馴染みの韓国勢が帰国参戦

・キョンテ、Y.E.ヤンら日本ツアーでもお馴染みの韓国勢がエントリーし、母国タイトルをかけて4日間大会に臨む。 昨年はカナダ出身のリチャード・T・リーが優勝。2016年のガガンジートブラー(インド)に続き
2018/08/27ヨーロピアンツアー公式

「水曜に第二子が生まれる」29歳パバンの初優勝

食い込むも、ウォーターハザードに捕まった16番でダブルボギーを叩いて後退し、首位と8打差の6位で大会を後にした。 通算13アンダーの7位タイには「フィジーインターナショナル」王者のガガンジートブラー
2018/08/07世界ランキング

J.トーマスが2位 松山英樹は16位と変わらず/男子世界ランク

をとげたアンドリュー・パットナムは138位から90位に上昇した。 欧州ツアー「フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空」を制したガガンジートブラー(インド)は163位から114位。日本勢2番手に小平智(37位)、宮里優作(78位)、池田勇太(96位)と続いた。
2018/08/05フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

G.ブラーがツアー初優勝 2打差3位にE.エルス

◇欧州男子◇フィジーインターナショナル 最終日(5日)◇ナタドラベイゴルフコース(フィジー) 首位から出たインドの30歳、ガガンジートブラーが1イーグル5バーディ、1ボギーの「66」でプレー。通算
2018/08/04フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

川村昌弘は54位で最終日へ G.ブラーが首位

◇欧州男子◇フィジーインターナショナル 3日目(4日)◇ナタドラベイゴルフコース(フィジー) 欧州ツアー初勝利を目指すインドの30歳、ガガンジートブラーが4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし
2018/07/11インドネシアオープン

舞台はインドネシア 長谷川祥平ら日本勢4人が出場

れた昨年大会は、タイのパヌポール・ピッタヤラットが通算23アンダーとして後続に5打差をつけ、ツアー初優勝を飾った。 フィールドには昨年覇者に加えて、大会2勝のガガンジートブラー(インド)、前週
2018/07/03サラワク選手権

マレーシアの新規大会は水曜スタート 長谷川、新木が出場

「クイーンズカップ」でツアー2勝目を挙げたジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、地元マレーシアのニコラス・ファン、ツアー8勝のガガンジートブラー(インド)、今年1月の日亜共催「レオパレス21ミャンマー
2018/07/01クイーンズカップ

J.ジェーンワタナノンドがツアー2勝目 新木豊は60位

バーディ、2ボギーの「67」。通算19アンダーで2017年の「バシュンダラ・バングラデシュオープン」以来となるツアー2勝目を飾った。 同じく首位から出たガガンジートブラー(インド)は3バーディ、3
2018/06/30クイーンズカップ

タイの22歳が首位キープ 新木豊は67位

の「68」でプレー。2017年の「バシュンダラ・バングラデシュオープン」以来となるツアー2勝目を目指し、ガガンジートブラー(インド)とともに通算15アンダー首位で最終日を迎える。 1打差3位に
2018/06/30クイーンズカップ

新木豊は52位で決勝へ タイ出身の22歳が首位浮上

、ミゲル・タブエナ(フィリピン)、ガガンジートブラー(インド)の4人が続いた。 日本勢は2人が出場。62位からスタートした新木豊は4バーディ、1ダブルボギーの「69」と2つ伸ばし、通算3アンダーの52位で
2018/06/27クイーンズカップ

タイでの大会 長谷川祥平と新木豊が出場

(マレーシア)がツアー初優勝を遂げた。 日本からは長谷川祥平と新木豊が出場する。日本ツアーで戦う地元タイのタンヤゴーン・クロンパも参戦。連覇を目指すファンのほか、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)、ガガンジートブラー(インド)、タワン・ウィラチャン(タイ)らアジアの強豪が集結する。
2018/05/06GS カルテックス メキュンオープン

パク・サンヒョンが4人のプレーオフを制して優勝

ブラー(インド)、黄重坤、張二根による18番の繰り返しで行われるプレーオフへ持ち込んだ。 1ホール目でガガンジートブラーがボギーで脱落。2ホール目には黄重坤がボギーで脱落した。3ホール目では張二根がボギーとし、3連続でパーセーブとしたパク・サンヒョンが優勝を決めた。
2017/12/09アジアンツアー公式

龍の再来 アジアンツアーCEOジョシュ・バラック

。 最後に、「マカオオープン」で優勝を飾ったガガンジートブラーを祝福したい。29歳の彼は、アジアンツアーで8勝目を挙げた最年少の選手となった。タワン(ウィラチャン)の18勝という記録には及びそうもないが、それでもアジアンツアーで記録した数々の勝利は、彼を特別な存在とするだろう。
2017/11/06アジアンツアー公式

オクトーバーフェスト アジアンツアーCEOジョシュ・バラック

をマークしたガガンジートブラーとの息詰まる死闘が繰り広げられた素晴らしい大会だった。 「インドネシアオープン」を加えたツアー日程は年間26試合となり、さらにまもなく発表できるであろう新規1大会を抱え
2017/11/02パナソニックオープン インディア

圧倒的な勝率 インド勢が母国タイトルに挑む

。 今年もフィールドの大半をインド選手が占め、ともに今季1勝のガガンジートブラーとシブ・カプール、日本ツアー4勝のジーブ・ミルカ・シンらが出場する。