2013/11/29インドネシアオープン

R.グーセンが暫定10位浮上 中里は暫定68位タイ

◇アジアンツアー◇インドネシアオープン 2日目◇ダマイ・インダG&CC パンタイ・インダ・カプックC(インドネシア)◇パー71 大会2日目はサスペンデッドとなり、首位から出たインドのガガンジート
2013/10/01マーキュリーズ台湾マスターズ

今週の舞台は台湾 シーズン後半突入で賞金王争いも本格化

、ツアー2勝目を飾った。 そのツァイは大会連覇を懸けて今年も参戦を表明。そのほかの注目選手ではキラデク・アフィバーンラト(タイ)、ガガンジートブラー(インド)ら賞金ランク上位陣だ。アフィバーンラトは
2012/04/02パナソニックオープン インディア

D.シンがツアー初勝利! 小泉洋人は50位タイ /パナソニックオープン インディア最終日

バーディ、ノーボギーの「66」をマークし、通算11アンダーで逆転優勝を飾っている。ツアー参戦12年目にして、ついに念願の初タイトルを手にした。通算9アンダーの2位タイにはシディクール(バングラデッシュ)、ガガンジートブラー(インド)の2選手が続いた。
2013/04/02パナソニックオープン インディア

強豪インド勢が母国タイトル防衛に挑む

。 今年もインドのエリートゴルファーたちがデリーゴルフクラブに集結。ディフェンディングチャンピオンのシンを始め、ジーブ・ミルカ・シン、ガガンジートブラー、ジョティ・ランダワら、日本でも馴染み深い実力者
2013/03/17アバンサマスターズ

T.エイケン、逃げ切りで2シーズンぶりの勝利!

を飾った。 母国での戦いとなったガガンジートブラー(インド)がこの最終ラウンドを「64」で回り通算20アンダーの単独2位フィニッシュ。リャン・ウェンチョン(中国)は7番(パー3)でホールインワンを
2011/09/24オーストリアン・ゴルフオープン

R.コールズが急浮上!4人が首位で並ぶ

。そこに、6位タイスタートのガガンジートブラー(インド)、さらには、7アンダーをマークしたロバート・コールズ(イングランド)が29位タイから首位タイに急浮上してきた。 首位と2打差の通算5アンダー5
2012/10/25CIMB アジアパシフィッククラシック

タイガーは7位タイの好発進!小林正則は21位タイ

にはトム・ギリス、ロバート・ガリガス、ガンジート・ブラー(インド)が並んだ。5アンダーの7位タイには、今大会参戦に注目が集まったタイガー・ウッズほか、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)、グレッグ
2011/08/21チェコオープン

ツアー未勝利の2人が初タイトルに王手!

ゴルフを楽しんでいるし、明日も楽しみたい。なるようになるでしょう」。 通算8アンダーの3位タイに、ミカエル・ランドバーグ(スウェーデン)、ガガンジートブラー(インド、)、ゲーリー・ボイド(イングランド
2010/02/07アジアンツアーインターナショナル

平塚哲二は2打及ばず、単独3位/アジアンツアー最終日

タイのスワンゴルフ&カントリークラブで開催されている、アジアンツアーの2010年シーズン開幕戦「アジアンツアーインターナショナル」の最終日。9位タイからスタートしたガガンジートブラー(インド)が
2010/01/08ザ・ロイヤルトロフィ

日本ペアも貢献! アジア選抜リードで初日を終える!

16番を終えた時点で3アップのリードを奪い、2ホールを残して決着をつける会心の勝利。1ポイントを獲得し、切り込み役の大任を果たす。 続くジーブ・ミルカ・シンとガガンジートブラーのインドペアは、ピーター
2010/01/10

欧州選抜がタイトル奪還! 石川遼は連日の敗北

、6組目の石川、7組目のガガンジートブラーが連敗。欧州が1ポイントリードしたまま、決着は最終組のトンチャン・ジェイディとヘンリック・ステンソンの対戦に委ねられた。 ジェイディが1UPで最終ホールを
2010/01/10ザ・ロイヤルトロフィ

欧州選抜がタイトル奪還! 石川遼は連日の敗北

、6組目の石川、7組目のガガンジートブラーが連敗。欧州が1ポイントリードしたまま、決着は最終組のトンチャン・ジェイディとヘンリック・ステンソンの対戦に委ねられた。 ジェイディが1UPで最終ホールを迎え
2010/01/09ザ・ロイヤルトロフィ

石川&小田ペアは敗退、欧州に逆転を許す

・ダイソンがジーブ・ミルカ・シン、ガガンジートブラーのインドペアを4&3で撃破。2組目はチャーリー・ウィとW.リャンのペアが勝利を収めるが、4組目のプラヤド・マークセンとトンチャン・ジェイディのタイ
2010/01/09

石川&小田ペアは敗退、欧州に逆転を許す

・ダイソンがジーブ・ミルカ・シン、ガガンジートブラーのインドペアを4&3で撃破。2組目はチャーリー・ウィとW.リャンのペアが勝利を収めるが、4組目のプラヤド・マークセンとトンチャン・ジェイディのタイ
2009/12/22

池田勇太が正式にアジア選抜入りを断念!

)、トンチャイ・ジェイディ(タイ)、プラヤド・マークセン(タイ)、ウェンチョン・リャン(中国)、チャーリー・ウィ(韓国)、ガガンジートブラー(インド)が、欧州ツアー選抜相手に大会連覇を狙う。