2018/06/10フェデックス セントジュードクラシック

A.パットナムが首位タイに浮上 初優勝へDJと一騎打ち

位に、前半8番(パー3)でホールインワンを決めるなど「64」をマークしたスチュワート・シンク。通算9アンダーの4位に、リッチー・ウェレンスキとウェズリーブライアンが続いた。
2018/06/09フェデックス セントジュードクラシック

ダスティン・ジョンソンが「63」で首位浮上

つけた。ウェズリーブライアンらが8アンダーの4位タイ。 この日ベスト「62」でプレーしたブラント・スネデカーは77位から7アンダーの6位に浮上した。ともに2位から出たブルックス・ケプカ、フィル
2018/06/02ザ・メモリアルトーナメント

松山英樹は後退4位 ウッズ24位 宮里&池田も決勝へ

ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ウェズリーブライアン、J.B.ホームズ、ブライソン・デシャンボーがつけた。 47位でスタートしたタイガー・ウッズは1イーグルを含む「67」をマークし、通算5アンダーの
2018/04/15RBCヘリテージ

逃げ切り不利のジンクス 小平智に勝機あり!?

、22試合中11試合とちょうど半分。だが、今大会に限ると2012年のカール・ペターソン(スウェーデン)を最後に過去5年間はすべて逆転劇が起きている。 2017年のウェズリーブライアン、15年のジム
2018/04/11RBCヘリテージ

灯台もタータンチェックで祝福 50回大会に小平智が参戦

。 昨年大会はウェズリーブライアンがツアー初優勝。1打差2位にはルーク・ドナルド(イングランド)が続いた。コースは林にセパレートされ、グリーンは小さく、飛距離よりも精度とマネジメントが要求される18ホール
2018/04/05マスターズ

松山英樹、開幕前日は9ホール 池田も必死の調整

、ともに9ホールをラウンドしてから、練習場で最終調整を行った。 朝一番の午前8時に宮里優作とともに10番からスタートした松山は、1Wショットは前日よりも復調気配。13番から合流したウェズリーブライアン
2017/11/14ダンロップフェニックス

松山英樹が今季日本ツアー初出場 ジャンボ尾崎らと予選同組

は残されており、今大会の結果次第で賞金レースも大きく動く可能性がある。 海外からは、昨季の米ツアー新人王のザンダー・シャウフェレのほか、ハロルド・バーナーIII、ウェズリーブライアン、コディ・グリブルが参戦する。また、国内ツアーでワーストとなる5戦連続予選落ち中の石川遼も、苦境のなかティオフする。
2017/10/17ダンロップフェニックス

松山英樹が「ダンロップフェニックス」に出場 2年ぶり6回目

ザンダー・シャウフェレ、ウェズリーブライアン、コディー・グリブル、ハロルド・バーナーIIIが出場する。 なお、年内は国内ツアー専念を明言している石川遼が出場すれば、松山と石川の国内ツアー共演は16年「日本オープン」以来となる。
2017/09/26ザ・プレジデンツカップ

トーマス有力も…松山英樹が年間最優秀選手にノミネート

含む、最多の年間5勝をマーク。さらに年間ポイントレースのフェデックスカップ王者の座も手にし、最有力視されている。 新人王についてもノミネート選手が発表され、ウェズリーブライアン、パトリック・カン
2017/08/31デルテクノロジーズ選手権

「ちょっと良くなってるかな~」松山英樹の復調度合いは?

ラウンドすることを約束していたウェズリーブライアンと練習場で落ち合い、午前10時に1番のティグラウンドに向かった。先にいた予選同組のジョン・ラーム(スペイン)、ザンダー・シャウフェレと合流して4人でコース
2017/07/17ジョンディアクラシック

デシャンボーが逆転で初優勝 「全英」の切符得る

バーディパットを決めて土壇場で首位のパトリック・ロジャースに並んだ。ロジャースが17番でボギーを喫し、タイトルが転がり込んだ。 初優勝を狙ったロジャースは1打差の2位。ウェズリーブライアン、リック・ラムの2
2017/06/24トラベラーズ選手権

スピースが首位キープ 世界3位&4位は低調

アンダーの4位タイに、ウェズリーブライアン、ダニエル・サマーヘイズ、ブー・ウィークリー、チェイス・セイファートの4人が続く。 世界ランキング3位のロリー・マキロイ(北アイルランド)は「73」と落とし
2017/04/17RBCヘリテージ

4打差逆転のブライアンが初勝利 谷原39位、池田69位

◇米国男子◇RBCヘリテージ 最終日(16日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71) 9アンダーの6位から出た27歳のウェズリーブライアンが6バーディ、2ボギーの
2017/02/26ザ・ホンダクラシック

地元ファウラーが4打差首位 石川遼は32位へ浮上

・ウッドランド、ウェズリーブライアン、マルティン・カイマー(ドイツ)の5選手。 3試合ぶりに決勝ラウンドに進出した石川遼は、6バーディ、3ボギーの「67」で通算3アンダーとして、32位に浮上した。
2017/02/26ザ・ホンダクラシック

【速報】石川遼はバーディ量産 「67」でホールアウト

グリーンを外して連続で落としたが、13番で2.5m、難度の高い16番で1.5mのチャンスを決め、再びスコアを通算3アンダーに戻した。 首位に座るのは、通算9アンダーで並ぶライアン・パーマーとウェズリーブライアン。午後1時50分(日本時間26日午前3時50分)に最終組からスタートする。