2015/08/12女子プロレスキュー!

“飛んで曲がらないドローボール” 笹原優美

打ち方をお教えします。 「肩」のラインを開かない! ドローを打つには、クラブをインサイドアウトの軌道で振ることが欠かせません。まずはアドレスからチェックしていきましょう。ポイントは2点。1点は肩の…
2019/07/17女子プロレスキュー!

雨の日と晴れの日のバンカーショット、違いは何? 臼井麗香

でOKです。切り返し以降、斜め上から鋭角にヘッドを下ろすための準備となります。 3. 鋭角にヘッドを入れるイメージをもつ バンカーでミスしてしまう人は、軌道がインサイドアウトで鈍角にヘッドを入れがち
2017/10/12サイエンスフィット レッスン

プロとアマ、決定的なインパクトイメージの違い

。ヘッド挙動のデータでは、これによりインサイドアウト軌道にはなるのですが、実はこのイメージのままではダメなのです。 ダウンスイングでヘッドをインから下ろそうとして、手元が体から離れれば、シャフトは必ず寝…
2017/08/24サイエンスフィット レッスン

ドライバーの左足体重に要注意!

ています。まずは、久光さんのグラフの良い点から見てみましょう。ヘッド解析では、ヘッドの左右進入角が1.5度程度のインサイドアウトであること。シャフト解析では、減速ポイントの評価が高く、腕の使い方が良い…
2017/01/12サイエンスフィット レッスン

スライスしか出ない構えになっていませんか?

てもいいから方向性を重視することに努め、ドライバーを変えたことで、スライスもおさまりましたが、スライスが出る根本的な問題は解決していないと思います。自分では、インサイドアウトに振っている意識はあるの…
2016/04/28サイエンスフィット レッスン

どこまでも回っちゃうオーバースイングを解消!

が流れないようにとか、左肘が曲がらないように意識していますが、どこを直せば良いのか分かりませんね・・・」 阿部さん ゴルフ歴1年、90台、年間約15ラウンド 過剰なインサイドアウト軌道になっています…
2018/02/10RED HOT Tips

深いラフから寄せるにはどう打つ?/アンドリュー・ランドリー

。アドレスで左足体重にし、ヘッドをドンと落とす感じです。 いま使っているのは60度のウェッジですが、転がしたい場合は52度や56度を使ってフックを打つようにインサイドアウトに振ります。 深いラフにボールがあるときは、脱出することが最優先です。ライにあった打ち方を覚えて、ショートさせないようにしましょう。
2018/12/20サイエンスフィット レッスン

スライスを完全に撲滅!(スイングレベル2 前編)

でしょうか? インサイドアウト&ダウンブロー テークバックのフェース管理ができているにもかかわらず、球がつかまらない場合は、スイングの軸回転がうまくできていないことが疑われます。インパクトの瞬間の…
2020/12/23女子プロレスキュー!

ラフからの脱出 やって良いこと悪いこと 森美穂

(親指方向に手首を折る動き)を入れます。切り返し以降、ヘッドをなるべくラフの抵抗を受けない軌道で通すために、テークバックではインサイドに引くのはNG。ストレート、もしくはアウトサイドに振り上げてください
2017/10/20ミスショット レッスン

4種類の「スライス」を把握せよ!

まっすぐ出る球となります。また、インパクト時にフェースがスクエアでも、インサイドアウト軌道の度合いによって、ドロー回転(左回転のサイドスピン)がかかりきらずに、右に押し出す形でプッシュアウトとなることがあり…
2020/06/24女子プロレスキュー!

1mに強くなるパターマット活用法は? 馬場ゆかり

が、ヘッド軌道もライン上に乗っている意識が重要です。特に1mほどのショートパットでは、インパクト時のフェース面がアウトサイドやインサイドに向いていることは大きな問題となります。 3. ヘッドアップは目
2018/05/24サイエンスフィット レッスン

90をコンスタントに切れない振り遅れの壁【前編】

。それを裏付けるように、ヘッド挙動を見るとインサイドアウトのインパクトができていますし、シャフト挙動は、タメをしっかり使ったパワフルなインパクトをしています。ヘッドスピードも女性としては高く、飛距離は…
2018/12/27サイエンスフィット レッスン

スライスを完全に撲滅!(スイングレベル2 後編)

するからです。100をコンスタントに切れない、レベル2ができていない人は、アウトサイド・アタックのダウンブローかアッパーブローになっています。 大久保さんは、インサイド・アタックになっていますが…
2015/04/15女子プロレスキュー!

“アイアンでもぶっ飛び!分厚いインパクト”竹内美雪

弾道になります。そのためには、ボールを打ってからクラブが最下点を迎えるダウンブローのスイングが不可欠です。 「インサイドアウト」軌道が◎ ダウンブローで打つと言っても、アウトサイド・インの軌道では…
2018/02/22サイエンスフィット レッスン

スイングは良いのになぜ左右に散るの?(後編)

ドライバーのヘッド解析では、インサイドアウト&アッパーブローで、平均的に見ると良い評価となるのですが、アッパーブローやインサイドアウトの度合いが安定せず、ヘッドの入り方がバラついていました。また、インパクト
2014/04/10堀尾研仁のスイング解析レッスン

第6回 諸刃の剣 アッパーブロー

いわゆるあおり打ち! タイミングが狂えば大曲がり 河本さんの悩みは、右にも左にも散ってしまうドライバーショット。河本さんのスイングを「M-Tracer」で解析したところ、軌道はインサイドアウトで…
2014/10/08サイエンスフィット

パットはフェースの向きが命!

! ■2014年9月3日『PRGR AKASAKA』グランドオープン! 今回の受講者は… ハンディキャップ8の腕前なので、やはりドライバーの軌道はインサイドアウトアッパーのAゾーンで振れていますね。この…
2016/07/21サイエンスフィット レッスン

あなたはどっち?ボールをつかまえる2つのタイプ

からクラブが下り、アウトサイドイン軌道に陥っていることを考えると、まったく申し分のない軌道です! インパクトの瞬間の数字では、平均約2.8度のアッパー軌道で、約4.5度のインサイドアウト軌道となって…
2014/05/15堀尾研仁のスイング解析レッスン

第11回 シャンクのメカニズム

インパクトゾーン ■フェース角とクラブ軌道に注目! フェース角がインパクトで30.7度と大きく開き、クラブ軌道が強いインサイドアウトになっている ■堀尾プロの解説 堀尾プロ「これは河本さんがシャンクを打った…