2013/11/19スコアアップに繋がる13の法則

第3回 備えあれば憂いなし!

とは違う筋肉の使い方をすることになります。結果的に体のバランスが崩れてしまい、安定したスイングができなくなってしまいます。 このようにウエアだけに注目しても、多くの事前準備が必要となります。何事も“備えあれば憂いなし”なのです。
2019/09/18女子プロレスキュー!

バンカーショット 距離のありorなしの違い 野田すみれ

が出せるように事前に準備しています。 2. ヘッドを落とす位置が違う バンカーではヘッドをボールの手前に落とすように打つのですが、距離があるorなしで落とす位置が異なります。距離がある場合はボール1個
2019/06/12女子プロレスキュー!

1mを外さないヘッドの動かし方とは? 鶴岡果恋

も、しっかりボールの芯をヒットさせる感覚につながります。 3. バックスイングなしで球を転がすドリル 効果的な練習法は、バックスイングをしないで、フォローだけでボールを転がすドリルです。これによって
2019/12/04女子プロレスキュー!

速く振る? ゆっくり振る? 飛ぶのはどっち!? 荒川侑奈

ので一概には言えませんが、飛距離を伸ばすためには、ヘッドスピードを上げることは必須です。今回は効率良くヘッドスピードを上げるための考え方をご紹介します。 1. 全体的に速く振る必要なし いつも以上に
2013/11/12スコアアップに繋がる13の法則

第2回 数字を理解する(後編)

プレー内容を知ることができる部門別データを正しく理解する 練習をしなくてもスコアアップに繋げる第2の法則は、部門別データを理解することです。プレーの内容を知るデータとして、フェアウェイキープ率、パーオン率、パット率などの部門別データがあります。これらの数値が良…
2018/06/10女子プロレスキュー!

練習法を変えればパットはうまくなる 岡村優

♪ 【今回のまとめ】効果抜群!2つの練習法 ・目をつぶって素振りを行う。 ・バックスイングなしでボールを打つ。 取材協力/江戸崎カントリー倶楽部 解説/岡村優(おかむら・ゆう) 1997年生まれ、茨城県
2013/11/05スコアアップに繋がる13の法則

第1回 数字を理解する(前編)

練習しなくてもスコアアップができる法則とは たいして練習はしていないけれど、毎回好スコアを期待してしまうのはゴルファーの性。そんなゴルファーのために記事を読むだけでスコアアップしてしまう、そんな夢のようなレッスン企画をゴルフティーチングプロの堀尾研仁が監修して…
2018/02/11女子プロレスキュー!

ヘッドの重さを感じて距離感ピッタリ♪ 川崎志穂

取る また、フォローを止めずにしっかり振り抜くことも重要です。距離を合わせようと中途半端にスイングしてしまうと、振り幅に左右されて素振りで合わせた距離感が台なしに…。一定の振り幅と一定の力感で振る
2017/08/06女子プロレスキュー!

つま先下がりでトップしてしまうのはなぜ!? 加賀其真美

は、体が浮き上がらない範囲です。フォローまでしっかりボールを見続ける意識があると、体が浮き上がらずコンパクトに振りきることができます。 ターゲットより「左を狙う」必要なし つま先下がりでは、よくボール
2016/04/21サイエンスフィット レッスン

左手に対して一定のシャットで握る方法

混乱しています・・・」 岡崎さん ゴルフ歴1年、ベストスコア101、年間約10ラウンド スイング軌道は問題なしですが・・・ GDOのスコア管理アプリのユーザーデータを集計した結果、コンスタントに100を
2017/03/26女子プロレスキュー!

3パットを撲滅するカンタン朝チェック♪ 木戸愛

にラウンド前が少ない練習の場という人でも即効性がある、簡単チェック法をお教えします♪ “左目”の真下にボールを置いてる? まずはアドレスのチェック法です。「パットに型なし」とういうくらいですから
2017/02/21プロの目を盗め!

田村尚之流・アドレスの“目”を盗め!

、必ずしも自分が打ちたい方向を示しているとは限りません。 “感覚”に勝るものなし! アドレスでは、“ボール”と体の位置関係を一定に保つことが最優先。ティグラウンドにある直線的なものに惑わされず、自分が持って
2019/11/21サイエンスフィット レッスン

そうじゃない!「タメとリリース」の誤解(後編)

あるので、それも問題かと思っています」(楠田さん ゴルフ歴5年、100切りを目指す) バッグを叩いて、すぐに自然なタメへ! 昔のクラブと違って、現代のクラブでは、意識的なタメは百害あって一利なしです
2018/01/11サイエンスフィット レッスン

腕はまっすぐ下ろさない!?(前編)

、ベストスコア102) 従来のヘッド挙動解析では悪い点なし 一見、ヘッドの上昇が遅い、独特なテークバックのように見えますが、サイエンスフィットの従来の解析データにおいては、なかなか良いインパクトをしています