2013/01/25ギアニュース

あと一転がりの距離が届くパターシャフトが登場!

エヌジーエスはこのたび、パター専用シャフト『NGS PROTOパター PT‐130』(オープン価格/参考市場売価:1万3650円)と『NGS PROTOパター PT130‐X』(オープン価格/参考市場売価:1万5750円)を発売した。 同製品はスチールシャフトよりトルクも無く硬いため、手の動きに即ヘッドが動きボールを押し出してくれるという。また、構えた時の安心感やしっかりとした重厚感のあるシャフトは、方向性がとりやすく、安定したストロークが可能だという。打ちきれずに悩んでいる方や最後のあと一転がりが欲しい方に最適だとか。 シャフト長は35インチ、チップ径が9・4mmで重量は130gと市販のスチ...
2013/01/24ギアニュース

ギアの祭典!「2013年 PGAマーチャンダイスショー デモデー」フォトギャラリーレポート

現地時間の1月23日、世界最大級のゴルフ見本市「第60回 PGAマーチャンダイズショー」のデモデーが、米国フロリダ州のウインターガーデン市にあるオレンジカウンティ ナショナルゴルフセンターにて行われた。 会場となったオレンジカウンティナショナルの練習場は、360度どこからでも中心に向かって打つことができる巨大な円形練習場になっている。また、その周りにあるパッティンググリーン場で各社のパターが勢揃い。最新ギアを手にした人々は、熱気に溢れていた。 今回はフォトギャラリー形式で、会場の様子、最新ギア情報をお伝えしていく。また日本では未発表のものや、米国ならではの注目ギアもあり、注目してもらいたい。 ...
2013/01/21ギアニュース

新社長の肝いりで誕生した300ヤードスプーン

に火をつけ、ドライバーやその他アイテムへの波及効果を狙うという。先頃、同社契約となった石川遼選手の使用モデルということでも注目が集まりそうだ。 ラインアップは、#3(ロフト角15度)・4(同17度
2013/01/16ギアニュース

業界初!ボールを打たないパター練習器具が登場

服部産業はこのたび、ゴルフのパッティングストロークを補正する練習器具『Parallel(パラレル)』(1万8900円)を発売した。 同製品はプロがパットを打つ前にボールの手前で30cm程度の素振りをすることからヒントを得たトレニーングツール。12cm間隔のヘッドを持つ「パラレル」を、12cmのボールプレートに平行に通すトレーニングを行うことで、ストレートで正確なストロークを体感できるというもの。ストロークの際は、膝、腰、肩もラインと平行になっていることとプレートが目の真下にあることが最も重要であるという。 また、同製品で練習することにより、ミスの原因であるインパクト時のフェースのブレや、自身の...
2013/01/10ギアニュース

『スーパーマン』の新アイアン登場!

北側物産は1月下旬より、『スーパーマン』シリーズの新アイアン『スーパーマンアイアンSPM―02』を発売することを発表した。前作と同様に、メイドインジャパンにこだわったアイアンに仕上がっているという。 「メイドインジャパンという希少価値を訴求することで、同時に製品の品質・性能の高さもアピールすることができます。 また、アジアを同一マーケットと位置づけているため、中国や韓国といった市場においてもこのブランド価値は認めてもらえている状況です」――。 本製品の最大の特長は軟鉄1回鍛造と周辺及びバックフェースCNCミーリング仕上げ。スピンのかかりを高めるため、非常に柔らかい軟鉄を素材に使用。さらに、その...
2013/01/07ギアニュース

スインガーへ『鎬(シノぎ)』シャフト登場

ネクストゴルフは12月、スインガーのために設計した軽量シャフト『鎬(シノギ)』を発売した。ネクストゴルフは、元大手メーカー開発出身の伊藤洋正氏が9月に設立。企業のコンセプトは、プロからのトップダウン・プロダクトではなく、アマチュアのための専用設計を貫いた商品で一般ゴルファーの飛距離・スコアアップに寄与することだとか。 新規参入の第一手がシャフト。「スイング中にタメができない」、「コックをリリースできない」など、アマチュアゴルファーの悩みを解決するのが『鎬』。先端部にボロンを配置して当たり負けを抑え、中間部は低弾性カーボンシートで全体のしなりを造り、手元部には4軸組布で軽量シャフトに起きがちなツ...
2012/12/26ギアニュース

ドラコンを知り尽くしたメーカーの高反発モデル

チームヨシムラは2013年1月、反発係数0.847(CT値295)の高反発ドライバー『チームヨシムラPXドライバー』(8万9250円、税込)を発売する。飛距離は同社適合品と比べ12ヤード飛ぶとのこと。"もっと飛ばしたい!"、"もっとゴルフを楽しみたい!"という大多数のゴルファーの要望を実現したと、同社は胸を張る。 『PX』の対象ユーザーはヘッドスピード35~40m/s程度。アスリートではなく、一般のエンジョイゴルファーをターゲットに開発した。 フェースにβ型高反発材の「DAT55G」を採用、飛距離に最大のアドバンテージを与えるボール初速を実現。また、ヘッドは大型容量の460㎝3で、クラウン部の...
2012/12/07ギアニュース

北田瑠衣プロ来店イベント開催!

「ヒールクリーク」を展開するグリップインターナショナルは12月15日、阪急うめだ本店と大丸京都店で契約プロ・北田瑠衣選手を招いてのフィッティングアドバイス会を開催する。 同社宣伝担当の竹内裕美子氏は次のように説明。 「年間を通して、ヒールクリークを着用し、トーナメントを戦ってきた北田プロから、直接好きなスタイリングや着心地、お勧めアイテムなどをアドバイスしてもらえるイベントです。また、抽選で選ばれた方向けのクローズドイベントでは、ワンポイントレッスン会とファンミーティングを開催します。お茶や軽食を食べながら、普段聞けない話などアットホームな雰囲気でコミュニケーションしていただけると思います」―...
2012/12/03新製品レポート

「古いけど斬新な超小ぶり!」エスヤード T.388 ドライバー

【ミーやん】エスヤードの「T.388」は、ヘッド体積が388cc。びっくりするぐらいの小顔ドライバーです!設計者の話では、ゴルファーが構えやすいヘッドのフォルムを追求した結果、この大きさに至ったそうです。 【タッキー】マットブラック塗装のヘッドが、よりシャープ感を演出しているね。見るからにアスリート向けで難しそうだけど、実際どうなのか試打して確かめてみよう。 【ミーやん】打ってみると、打感がキモチいいー♪アドレスするとヘッドが小さいので少しビビリますが、ダイレクト感があって心地良く打っていけます。僕が打つと、低弾道すぎるんですが・・・。 【タッキー】低弾道は、ミーやんの持ち玉だからね(笑)。い...
2012/11/26ギアニュース

スイング見える化計画『フルミエル』

携帯電話のミドルウエアなどを開発するIT系企業のアクセスは11月21日、都内インドアゴルフで記者発表会を開催。高性能スイングセンサーと3Dゴルフスイング解析アプリを組み合わせた『Fullmiere(フルミエル、2万円)』を発表した。21日専用サイトもオープンした。 『フルミエル』は3次元測定が可能な9軸センサーをクラブのグリップ下に装着して、スイング毎にスマホやタブレットのアンドロイド系アプリにブルートゥースを経由して500の観測点データを送信。アプリでデータを分析し、スイング中のヘッドスピードなど7項目が表示されるが、特筆すべきはスイングの軌道が上下左右前後のすべての方向からビジュアル化され...
2012/11/26ギアニュース

『マーク&ロナ』2013年SS展示受注会

キューブは11月21日~11月22日の2日間、都内で『マーク&ロナ』、『トライアングルスクエア』、『ライル&スコット』、『SPY』の2013年春夏コレクションの展示受注会を開催した。 『マーク&ロナ』の2013SSのテーマは、「トロピカルラブ」。40代、50代の人が懐かしむ80年代をイメージしてデザインしたという。スカルをモチーフにした定番のポロシャツの他に、新たにパイル地のポロシャツを取り入れるなどラインアップを充実させた。 特徴的なのはインナーウエアに使用されている「ライクラ」というUVカット、ドライタッチ、高伸縮性の機能を兼ね備えた素材。通常水着で使用される同素材は、さらっとした着心地と...
2012/11/20マーク金井の試打インプレッション

エスヤード T.388 ドライバー

今回調査したドライバーは「エスヤード T.388ドライバー」。同社社長は「ゴルフは思考のスポーツ。構えた時に美しい顔でないと弾道をイメージできない」と、ヘッド形状にとことんこだわったクラブだ。このスーパーモデル並な“美形小顔”ヘッドの性能を確認するため、マーク金井が徹底検証を行った。 ・低めの弾道で飛距離を稼ぎたい人 ・打感や顔の良さににこだわるゴルファー ・小ぶりなヘッドが好きなゴルファー 1993年に世界初の鍛造チタンドライバー「T.301」を世に送り出したSヤード。当時はヘッドの大きさ、強いフックフェースが注目を浴びたが、今回、試打するT.388はそんな雰囲気は一切ない。名前が示す通り、...
2012/11/16ギアニュース

人気ゴルフアパレルブランド、阪急うめだ本店に新オープン!

グリップインターナショナルは11月21日、阪急うめだ本店(大阪府)8階にKOBE発ブランド「Heal Creek(ヒールクリーク)」とヨーロッパゴルフウエアNo.1ブランド「CHERVO(シェルボ)」の店舗をオープンする。 オープンを記念して、各ブランドは、ダウンベストやトレーナー、ダウンブルゾンなどの限定商品を用意しているとのこと。特に注目なのは、今年ブランド設立30周年を迎えた「シェルボ」から今秋に発売される「クラブラベル」ライン。アウターのラインとなるが、今回「シェルボ クラブラベル スペシャルエディション」を阪急うめだ本店だけの取り扱いアイテムとして発売を予定しているという。 また、オ...
2012/11/05ギアニュース

シヤチハタから『アートラインゴルフマスターマーカー』が登場

シヤチハタは11月5日、専用テンプレートを使用してゴルフボールへのマーキングが行える『アートラインゴルフマスターマーカー』を発売する。 同製品は既に海外で発売されており、国内市場での販売は今回が初めてだという。初年度は年間20000本の販売を見込んでいるとか。 使用方法はゴルフボールにテンプレートをかぶせて、なぞるだけと簡単。パッティングやティショットをサポートする十字ラインや、自分のボールを見つけやすくするマイマークを描くことができるというもの。テンプレートは十字ラインの他に星、ハート、丸、ダイヤの5種類で、ボールとの脱着も簡単にできるという。 また、ペン先は太字(約1・0mm)と細字(約0...
2012/10/26ギアニュース

美しさこそが重要な機能「エスヤード T.388ドライバー」

エスヤード株式会社は、新モデル「S-YARD T.388ドライバー」を発表。11月上旬から百貨店、ゴルフショップにて発売される。 1993年に同社で発売した世界初の鍛造チタンドライバー「T.301」が登場してから20年。 構えたときの美しい顔と、重心距離の短さと重心位置が浅い短浅重心設計により、ゴルファーのポテンシャルを引き出すように工夫した。 1964年からクラブ製造を行う遠藤製作所に入社し、2011年から代表取締役に就任するなどクラブ作りのスペシャリストであるエスヤード 代表取締役 小林 健治。彼のクラブ開発の理念は、かつて某有名プロのクラブ作りに携わった時の経験から、ゴルフは思考のスポ...
2012/10/26新製品レポート

「打ち切れない人にぴったり」ソレンソンゴルフ パターウッドパター

【ミーやん】出ましたー。その名も「パターウッドパター」。見れば分かると思うので、あえて僕からの説明は省いちゃいますよ。 【タッキー】金田久美子プロが使って話題になったパターよね。ヘッド形状の違いで4種類あるけど、いちばんヘッドの大きいモデルは、まるでスプーンみたい! 【ミーやん】いちばんヘッドの小さいモデルは、まるでバターナイフ。もしくは白いウインナーみたいですよ(笑)。構えた瞬間に笑っちゃいました。 【タッキー】小さいのは極端すぎる感じがするよね(笑)。個人的に構えやすいのは、ユーティリティみたいな中間タイプ。L時マレットみたいに構えられる。でも、フェース面が全然見えないんだよね。ロフトがな...
2012/10/19ギアニュース

2013春夏TMTクラシックは サーフ&ゴルフ

TMTクラシックは10月18日、都内カフェスペースで2013年春夏コレクションの展示受注会を開催した。シーズンテーマはサーフ&ゴルフ。1960年代を代表するビーチボーイズの曲に乗って、朝はサーフィンで日焼け、午後はゴルフで日焼けという、リゾートでのゴルフをテーマにしている。 アイテムではショートパンツが充実。今までよりもワタリを大きくしてシルエットに拘り、マドラスチェックやシアサッカー生地など全7種類を用意している。 また、3月にはグッズの品揃えとしてボールも発売。試打テスト(ボールスピード、スピン量、打ち出し角、キャリー、トータル飛距離など)でも、内外専業メーカーのボールと比較しても遜色がな...
2012/10/19ギアニュース

よしもとがキッズゴルフスクールを開催

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、2012年11月3日(土)に「よしもとキッズスポーツスクール」の一環として、ゴルフ好き芸人として知られるどりあんずと、同社所属の大塚有理子プロが参加する親子向けゴルフイベント「第2回よしもと親子わくわくゴルフ」を開催する。 「よしもとキッズスポーツスクール」は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のプロアスリートと、スポーツ経験者の芸人が参加し、子供達が本物のプレーに触れながら、気軽にスポーツを体験する機会を提供するイベント。2011年3月に元プロ野球選手デニー友利さん(現・横浜DeNAベイスターズ一軍投手コーチ)と、元体操オリンピック代...
2012/10/16ギアニュース

ゴルフゾンが日比谷にインドア練習場をオープン

シミュレーションゴルフ最大手のゴルフゾン(販売:ゴルフゾンジャパン)は11月1日、同社として日本初となる会員制インドア練習場「ゴルフゾンアカデミー日比谷」(千代田区有楽町)をオープンする。 同店舗は、日比谷駅に直結した日本最大級の広さを誇る施設で、施設内全14打席には最新型練習用シミュレーター『ゴルフゾンドライビングレンジ(GDR)』を設置。さらに、パッティンググリーンやロッカールーム、ラウンジも完備され、初心者からシングルプレーヤーまで、すべてのゴルファーニーズに対応する施設になっているという。 『GDR』は、打席天井部分に高速映像処理センサー2機を搭載。既存のシミュレーターの中では最高ラン...