ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2023年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/18〜05/21 場所:オークヒルCC(ニューヨーク州)

ブルックス・ケプカが「全米プロ」3勝目 松山英樹29位

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(21日)◇オークヒルCC(ニューヨーク州)◇7394yd(パー70)

首位スタートのブルックス・ケプカが7バーディ、4ボギーの「67」として通算9アンダーで逃げ切り、2018、19年に次ぐ大会3勝目を飾った。メジャー通算5勝目。ツアー通算は21年「WMフェニックスオープン」以来となる9勝目。

<< 下に続く >>

大会3勝目はツアー史上6人目。勝利数でジーン・サラゼンとサム・スニードに並び、タイガー・ウッズの4勝、最多となるジャック・ニクラスとウォルター・ヘーゲンの5勝に迫った。

通算7アンダーの2位にビクトル・ホブラン(ノルウェー)と世界ランキング2位のスコッティ・シェフラー。ホブランはケプカに1打差で迎えた16番で痛恨のダブルボギーをたたき、メジャー初タイトルが遠のいた。

通算3アンダーの4位にブライソン・デシャンボーカート・キタヤマキャメロン・デービス(オーストラリア)が続いた。

20人が出場したクラブプロで唯一決勝ラウンドに進んだマイケル・ブロックは、後半15番(パー3)でホールインワンを決めるなど「71」をマーク。8位スタートから通算1オーバーの15位で終え、来年大会の出場権(15位タイまで)を確保した。

20位から出た松山英樹は2バーディ、4ボギーの「72」で回り通算5オーバーの29位。星野陸也は「71」で通算11オーバー62位、比嘉一貴は「78」として通算20オーバー76位で4日間を終えた。

関連リンク

2023年 全米プロゴルフ選手権



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!