ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バラクーダ選手権
期間:08/05〜08/08 場所:タホマウンテンC(カリフォルニア州)

グリジョがツアー2勝目へ首位浮上 小平智は薄氷を踏む予選通過

◇米国男子◇バラクーダ選手権 2日目(6日)◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7425yd(パー71)

4位から出たエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)が1イーグル6バーディを記録し、「ステーブルフォード方式」の試合で17ptを加算。通算29ptとして単独トップに躍り出た。今季はトップ10フィニッシュが4回。ツアー2勝目へ向け最高のポジションで折り返した。

<< 下に続く >>

2pt差の27ptにアダム・シェンク。初日首位のジョエル・ダーメンは26ptの3位に後退した。

43位スタートの小平智は後半4番までパーが並び、一時は予選通過圏外に沈んだが、上がり5ホールの3バーディで6ptを獲得。通算で11ptにして54位で決勝ラウンドに進んだ。

パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、マット・クーチャールーク・ドナルド(イングランド)、ブラント・スネデカーらビッグネームは予選落ちした。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バラクーダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!