ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

コクラックが今季2勝目 スピースは最終組対決で逆転許す

◇米国男子◇チャールズ・シュワブチャレンジ 最終日(30日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

首位ジョーダン・スピースを同じ最終組で1打差2位から追いかけたジェイソン・コクラックが5バーディ、5ボギーの「70」で回り、通算14アンダーとして逆転優勝を決めた。昨秋の「ザ・CJカップ」以来となる2020-21年シーズンの2勝目を飾った。

<< 下に続く >>

スピースは前半2番から3連続ボギーを喫してリードを失い、コクラックとのマッチレースになったサンデーバックナインで2ボギー。「73」とスコアを落として通算12アンダーの2位となり、地元テキサスで今季2勝目を挙げることができなかった。

10アンダーの3位にチャーリー・ホフマン、パット・キザイア、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)、イアン・ポールター(イングランド)が並んだ。

前年大会王者のダニエル・バーガージャスティン・ローズ(イングランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、トニー・フィナウらと同じ4アンダー20位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 チャールズ・シュワブチャレンジ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!