ニュース

米国男子ヒーローワールドチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズは2打差3位で最終日へ 罰打のリードは後退

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 3日目(6日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72)

首位に6打差の5位から出たタイガー・ウッズは6バーディ、1ボギー、この日のベストスコアに並ぶ「67」をマークし、通算11アンダーの3位に浮上した。その差を2打に縮めてホスト大会の最終日へ向かう。

<< 下に続く >>

ウッズは、バックナインで4バーディを積み上げるスパートで首位に詰め寄った。次週にはキャプテンを兼任する対抗戦「プレジデンツカップ」が控える中、2011年以来となる大会制覇に前進した。

通算13アンダーの単独首位に、2位スタートから「68」としたゲーリー・ウッドランド。通算12アンダーの2位にヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が続いた。

前年覇者のジョン・ラーム(スペイン)は「69」とし、ウッズ、ジャスティン・トーマスと3位に並んで2打差を追う。

首位から出たパトリック・リードは「74」と崩れ、通算10アンダーの6位に後退した。後半11番(パー5)では、バンカーショットに向けた一連の動きの中で、クラブヘッドがボール後方のバンカーに複数回、接地していたことが判明。ゴルフ規則8.1a(ライ改善の制限)により2罰打が科された。リードは「映像を見て罰打を受け入れた。ライに影響していたとは気が付かなかった」と説明している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ヒーローワールドチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!