ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権
期間:05/09〜05/12 場所:トリニティフォレストGC(テキサス州)

カン・スンが初優勝 松山英樹は23位で「全米プロ」へ

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 最終日(12日)◇トリニティフォレストGC(テキサス州)◇7371yd(パー71)

第3ラウンドの未消化分に続いて最終ラウンドが行われ、通算23アンダーとしたカン・スン(韓国)がツアー初優勝を飾った。カンは暫定2位のポジションから27ホールをプレー。単独首位で迎えた最終ラウンドを「67」として後続に2打差をつけ、2007年にプロ転向の31歳が初タイトルを手にした。

<< 下に続く >>

通算21アンダーの2位にマット・エブリースコット・ピアシー。通算20アンダーの4位に、次週「全米プロゴルフ選手権」をディフェンディングチャンピオンとして迎えるブルックス・ケプカが続いた。

22ホールをプレーした松山英樹は通算12アンダーの23位でフィニッシュした。36位からスタートした最終ラウンドを6バーディ、2ボギーの「67」で終えた。

<上位の成績>
優勝/-23/カン・スン
2T/-21/マット・エブリースコット・ピアシー
4/-20/ブルックス・ケプカ
5T/-17/キラデク・アフィバーンラトタイラー・ダンカン ほか

23T/-12/松山英樹 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!