最近のニュース 新着一覧≫


2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

ザック・ジョンソン ザック・J・ジョンソン マット・ジョーンズ カンスン マルティン・カイマー チャン・キム キム・ジュヒョン キム・シウー マーカス・キンハルト ケビン・キズナー カート・キタ
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

(初出場) カンスン(初出場) アンドリュー・ランドリー ネイト・ラシェリー(初出場) マーク・レイシュマン セバスチャン・ムニョス(初出場) ケビン・ナ ホアキン・ニーマン※新型コロナ陽性のため
2020/09/14全米オープン

2020年「全米オープン」出場者&資格

・ローリー ケビン・キズナー ケビン・ナ ジャスティン・トーマス マシュー・フィッツパトリック ショーン・ノリス ルイ・ウーストハイゼン アダム・スコット エディ・ペパレル カンスン ジョエル
2020/07/31WGCフェデックス セントジュード招待

【速報】松山英樹は2アンダー発進/WGC

たブライソン・デシャンボー、15ホールを消化したカンスン(韓国)が5アンダーとしてトップに立っている。
2020/07/31WGCフェデックス セントジュード招待

ケプカ連覇へ単独首位発進 松山英樹は6打差15位

・ファウラーとブレンドン・トッドが続き、5アンダー4位にカンスン(韓国)がつけた。 ジャスティン・トーマスが4アンダー5位タイ。ブライソン・デシャンボー、フィル・ミケルソン、セルヒオ・ガルシア(スペイン
2020/06/12チャールズ・シュワブチャレンジ

無観客のPGAツアー 選手たちの反応は?

カンスン/2オーバー、110位タイ(13番で再開後初のホールインワン) 「どこに行ったか見えなかったから、キャディは『たぶんカップから30センチくらい、旗の影のあたりじゃないか』って言って、自分も
2020/02/17ジェネシス招待

アダム・スコットが4年ぶり優勝 松山英樹は5位

で、カンスン(韓国)、スコット・ブラウンと並んだ。 松山英樹は5バーディ、3ボギーの「69」とし、ロリー・マキロイ(北アイルランド)らと並んで通算8アンダーの5位で終えた。 大会ホストのタイガー
2020/03/07アーノルドパーマー招待

マキロイが2打差4位で決勝へ 松山英樹は「73」で17位

2勝目を狙うカンスン(韓国)が通算7アンダーの首位で大会を折り返した。1打差の2位にダニー・リー(ニュージーランド)がつけた。 2大会ぶりの優勝を目指す世界ランキング1位のロリー
2016/02/13AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

岩田寛「ノリでやった」 ペブルビーチで首位浮上

「66」とスコアを伸ばし、通算11アンダーでホールアウト。カンスン(韓国)と並ぶ、首位タイへと浮上した。 「ショットの調子は全然良くなくて、ずっと不安のままやっていた。ノリでやった感じです」と岩田は
2020/01/26ファーマーズインシュランスオープン

ラームが首位に浮上 ウッズは5打差14位で最終日へ

110ydの2打目をカップインさせ、イーグルとした。 通算11アンダー2位にライアン・パーマー。通算9アンダー3位に世界ランキング2位のロリー・マキロイ(イングランド)、カンスン(韓国)、ハリー
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

」上位4人 アブラハム・アンセル ライアン・アーマー ブロンソン・バーグーン カンスン 35:アイルランド予選会/2018年「アイルランドオープン」上位3人 ライアン・フォックス ザンデル・ロンバルド
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

オープン」上位4人 藤本佳則 ジャズ・ジェーンワタナノンド プロム・ミーサワット ムン・ドイウ ・米国予選会/2019年「アーノルド・パーマー招待」上位3人 イム・ソンジェ カンスン キース
2019/05/13AT&Tバイロン・ネルソン

カン・スンが初優勝 松山英樹は23位で「全米プロ」へ

カンスン(韓国)がツアー初優勝を飾った。カンは暫定2位のポジションから27ホールをプレー。単独首位で迎えた最終ラウンドを「67」として後続に2打差をつけ、2007年にプロ転向の31歳が初タイトルを手
2017/04/02シェルヒューストンオープン

カン・スンが3打差首位で最終日へ ファウラー2位に再浮上

◇米国男子◇シェルヒューストンオープン 3日目(1日)◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)◇7441yd(パー72) 6打リードの単独首位からスタートしたカンスン(韓国)が4バーディ
2017/04/26佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑236>ラッセル・ヘンリー(前編)

、17アンダーで首位を快走するカンスンを4打差で追いかけてスタートした。アタックモード全開で10バーディを奪う『65』の猛攻で、“ヘンリー劇場”が展開された。通算20アンダーまでスコアを伸ばして大会