ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ファウラーが首位浮上 松山英樹24位 小平智64位で決勝へ

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(1日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

7アンダーの首位タイから出たリッキー・ファウラーが上がり4連続を含む7バーディ、1ボギーの「65」をマークして通算13アンダーの単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

ファウラーがこの日のポイントに挙げたのは、後半11番。第1打を左サイドに曲げたが、池手前で止まり、事なきを得た。続く12番(パー3)で第1打をピンそば1.2mにつけてバーディを奪うと、終盤はショータイムに。15番(パー5)から一気に4連続バーディフィニッシュ。スタンドに取り囲まれた16番(パー3)では、今年も自ら手を挙げて大ギャラリーをあおってから、ティショットをピンそば3mにつけた。

「僕はアクションスポーツ(モトクロス)で育ってきた。騒がしいのも、周りのみんながエネルギッシュなのも大好きだ」。フェニックスは2016年大会で松山英樹にプレーオフで敗れ、涙した土地。テーラーメイドとボール契約を結んでから2試合目で、2017年「ザ・ホンダクラシック」以来となるツアー通算5勝目を狙う。

1打差の2位に同じく首位から「66」で回ったジャスティン・トーマスがつけた。通算11アンダーの3位に、この日のベストスコア「64」をたたき出したブランデン・グレース(南アフリカ)とトレイ・マリナックス。1月の「ソニーオープンinハワイ」で今季2勝目を飾ったマット・クーチャーキャメロン・スミス(オーストラリア)が10アンダー5位に続いた。

2年ぶりとなる大会3勝目を狙う松山は3アンダー27位タイから5バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算5アンダーの24位タイ。小平智は71位タイから4バーディ、3ボギー「70」とし、1アンダー64位タイで連続予選落ちを2試合で止めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!