ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 チューリッヒクラシック
期間:04/19〜04/22 場所:TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

K.レイファーズが単独首位に立つ! 日本勢3人は出遅れる

米国男子ツアー第16戦「チューリッヒクラシックofニューオリンズ」が、ルイジアナ州にあるTPCルイジアナで開幕。この日、8アンダーで単独トップに躍り出たのは、ツアー未勝利のカイル・レイファーズだった。

各選手スコアを伸ばし合う展開の中、ツアー初勝利を狙う23歳の新鋭がバーディラッシュを見せた。3度の2連続バーディを奪うなど計8つのバーディを奪取。ノーボギーにまとめる堅実かつ攻撃的な内容で、コースレコードとなる「64」をマークした。「マスターズ」を含め、ここ2試合続いている若手のタイトル獲得。今大会も、無名の若手が話題の中心となるのだろうか。

<< 下に続く >>

続く6アンダーの単独2位には、46歳のベテラン、マーク・カルカベッキアが追走。首位のレイファーズとは親子ほどの年の差がある大ベテランが、今季2勝目を狙い健在ぶりをアピールし続けている。5アンダーの3位タイには、トム・ジョンソンら4人が並ぶ展開となっている。一方、昨年の覇者であるクリス・コーチは、イーブンパーの77位タイと出遅れた。

久々に3人が顔を揃えた期待の日本勢は、揃って出遅れる結果に。丸山大輔今田竜二は1アンダーの52位タイ。一ヶ月ぶりのツアー参戦となった丸山茂樹は、前半に2つスコアを伸ばしたもののバックナインで失速し、イーブンパーの77位タイで復帰初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!