ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティGC(スコットランド)

ガルシア危なげなし!9アンダーで初のメジャー制覇に王手!!

スコットランドのカーヌスティゴルフリンクスで開催されている「全英オープン」の3日目。天気予報は強い雨だったが、ロンドン地区は大雨に見舞われたがコース付近は小雨程度。それでも気温は3日間でもっとも低く、選手たちはウィンドブレーカーを羽織るなど寒さ対策をしながらのラウンドとなった。

初日から単独首位をキープしているセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、この日も3ストローク伸ばし9アンダー。2位に3打差をつけてメジャー初タイトルに王手をかけた。1番でピン手前5メートルのバーディパットを慎重に沈めると、2番では2打目でグリーン左手前のラフに捕まるが、絶妙のアプローチでパーをセーブ。

この日は1番に続き8番、11番でバーディを奪いボギーはなし。3日間で3つしかボギーを叩かぬ安定感で9ストロークまでスコアを伸ばしてきた。今季のメジャーは「マスターズ」「全米オープン」ともに予選落ちに終わったガルシア。昨年の「全米プロ」で3位タイに食い込んだが、それ以来のメジャー優勝争いになる。

ガルシアを3打差で追いかけるのは、この日7バーディ、ノーボギーの「64」。コースレコードタイを記録したスティーブ・ストリッカー。スタートから3連続バーディでスタートしたストリッカーは、その後もバーディを積み重ね、長いパーパットを決めるなど驚異的なスコアを出してきた。

さらに3打差の3位タイには、最終組でラウンドした崔京周(韓国)をはじめ、アーニー・エルス(南アフリカ)、クリス・ディマルコスチュワート・シンクなど7名が並ぶ混戦。大会3連覇を狙うタイガー・ウッズは2ストローク伸ばしたが、通算1アンダー15位タイで最終日を迎える。そして、日本勢で唯一決勝ラウンドに進出した谷口徹は、終盤にスコアを崩してしまい7オーバー62位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。