ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズが5年ぶり復活優勝 80勝目「泣きそう」

◇米国男子◇ツアー選手権 最終日(23日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7385yd(パー70)

単独首位からスタートしたタイガー・ウッズが2バーディ、3ボギーの「71」でプレーし、通算11アンダーで5シーズンぶりの復活優勝を遂げた。節目となるツアー通算80勝目に到達し、サム・スニード(1912-2002年)が保持する最多勝利数82勝まであと2勝へと迫った。

ウッズは「精一杯やりきった。本当に泣きそうだ」と話した。

ウッズの優勝は2013年の「WGCブリヂストン招待」以来。米ツアーは2017-18年シーズンを終え、年間王者(フェデックスカップランキング1位)には通算6アンダーの大会4位に入ったジャスティン・ローズ(イングランド)が輝いた。

松山英樹は6バーディ、1ボギーの「65」と伸ばし、通算6アンダーの大会4位で終えた。今シーズンは勝利を挙げられず、フェデックスランクは13位だった。

<主な上位の成績>
優勝/-11/タイガー・ウッズ
2/-9/ビリー・ホーシェル
3/-8/ダスティン・ジョンソン
4T/-6/松山英樹ウェブ・シンプソンジャスティン・ローズ

関連リンク

2018年 ツアー選手権byコカ・コーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~