ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 3日目(23日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

4人1組で争う予選グループリーグの3日目が行われ、決勝進出には勝利が最低条件だった松山英樹パトリック・カントレーに4&3(3ホールを残して4ダウン)で敗退。通算成績を1勝2敗とし、勝ち抜けとなるトップ通過を果たせず敗退が決まった。

1勝1敗で迎えた池田勇太ザック・ジョンソンに引き分け。1勝1敗1分けで予選敗退が決まった。

すでに敗退が決まっていた宮里優作キャメロン・スミス(オーストラリア)と引き分けて2敗1分け。小平智チャールズ・ハウエルIIIに敗れ、3戦全敗で大会を終えた。

各グループをトップ通過した16人が、4日目からの決勝トーナメントに進出。前年覇者で世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、同3位のジョン・ラーム(スペイン)、同4位のジョーダン・スピース、同7位のロリー・マキロイ(北アイルランド)、同11位のジェイソン・デイ(オーストラリア)ら、世界上位の多くが予選リーグで姿を消した。

<決勝トーナメント進出者>(世界ランキング)
グループ1:ケビン・キズナー(36)
グループ2:ジャスティン・トーマス(2)
グループ3:キラデク・アフィバーンラト(32)
グループ4:パトリック・リード(23)
グループ5:キャメロン・スミス(50)
グループ6:ブライアン・ハーマン(22)
グループ7:セルヒオ・ガルシア(10)
グループ8:ルイ・ウーストハイゼン(29)
グループ9:イアン・ポールター(64)
グループ10:カイル・スタンリー(49)
グループ11:バッバ・ワトソン(39)
グループ12:ティレル・ハットン(16)
グループ13: アレックス・ノレン(17)
グループ14:チャールズ・ハウエルIII(65)
グループ15:キム・シウー(54)
グループ16:マット・クーチャー(20)

関連リンク

2018年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~