ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

片岡大育は12位に後退 宮里、小平は予選敗退

2018/01/13 13:32


◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

2017年「ウェルズファーゴ選手権」(5月)以来となる3度目の優勝を目指すブライアン・ハーマンが1イーグル6バーディ、1ボギーの「63」でプレー。通算13アンダーとして、3位から単独首位に浮上した。

3打差2位に首位から出たザック・ジョンソンクリス・カークに加え、ジョン・ペターソントム・ホジーが並んだ。通算9アンダーの6位にパットン・キザイアオリー・シュナイダージャンズカイル・スタンリーテーラー・ゴーチがつけた。

3年連続の出場で7位から出た片岡大育は4バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算7アンダーの12位で大会を折り返した。初出場の今平周吾は2バーディ、3ボギーの「71」と落としたが、カットライン上の通算2アンダー63位で決勝ラウンドに進んだ。

小鯛竜也は125位、国内賞金王の宮里優作は134位、小平智は143位で予選落ちした。

<上位成績>
1/-13/ブライアン・ハーマン
2T/-10/ザック・ジョンソンジョン・ペターソントム・ホジー ほか
6T/-9/パットン・キザイアカイル・スタンリーテーラー・ゴーチ ほか
10T/-8/ザンダー・シャウフェレブライアン・スチュアード

関連リンク

2018年 ソニーオープンinハワイ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~